浅村栄斗はFAでソフトバンク?阪神も?年俸推移は?

2018年のプロ野球は福岡ソフトバンクホークスの連覇で幕を閉じ、これからオフ、ストーブリーグに入っていきます。

この時期気になるのはFA資格取得選手の動向ですが、すでに西武の浅村選手、炭谷選手、広島の丸選手、オリックスの西選手がFA権行使を明らかにしました。

今回はその中から浅村選手を取り上げ、どこに移籍するのか、または西武に残留するのか、予想をシェアしたいと思います。

浅村栄斗がFAでソフトバンク?

浅村選手の獲得に非常に意欲的なのがソフトバンクです。

ソフトバンクはご存知の通り巨大戦力を誇りますが、主力野手陣の高齢化はひとつのかだいであります。

また、セカンドのレギュラーは固定しきれておらず、打てるセカンドである浅村選手は補強ポイントにピッタリはまります。

以上のことからソフトバンクはかなり浅村選手を熱望しているようで、豊富な資金力を活かして巨大契約を狙うと思われます。

浅村栄斗がFAで阪神?

一方、セリーグの阪神にとっても浅村選手は喉から手が出るほど欲しい存在です。

阪神も打の主力の高齢化が進んでいることに加え、二遊間の薄さは最近ずっと指摘されていますし、有力なセカンドの上本選手もFA移籍が噂されています。

さらに、浅村選手は大阪出身ということもあり、地元の阪神に入団したいという気持ちが強くてもおかしくありません。

以上から、上本選手の動向次第ではありますが、阪神も移籍先の有力候補になってくると思われます。

浅村栄斗の年俸推移は?

浅村選手の年俸は、入団時は特筆すべきものではなかったものの、2011年には137試合に出場して9本のホームランを放ってからは、一気に年俸アップします。

その後レギュラーとして活躍し、2016年には1億円に到達。

2018年の年俸は2億1000万円でした。

年度 年俸(万) 差額 年齢 球団
2009 600 0 19歳
埼玉西武ライオンズ
2010 600 0 20歳
埼玉西武ライオンズ
2011 750 150 21歳
埼玉西武ライオンズ
2012 2400 1650 22歳
埼玉西武ライオンズ
2013 3500 1100 23歳
埼玉西武ライオンズ
2014 8600 5100 24歳
埼玉西武ライオンズ
2015 7800 -800 25歳
埼玉西武ライオンズ
2016 10000 2200 26歳
埼玉西武ライオンズ
2017 15500 5500 27歳
埼玉西武ライオンズ
2018 21000 5500 28歳
埼玉西武ライオンズ

プロ野球のクライマックスシリーズが10月13日からついに始まろうとしています! セ・リーグのクライマックスシリーズ前回優勝チームは、横浜DeNAベイスターズですが、今回は10月9日に巨人がDeNAとの […]

ネットの反応

注目の浅村選手の移籍先ですが、ネットではどのような声が聞かれるでしょうか。

うわー、ソフトバンク、浅村と西を獲りに行って、丸も注視するって。

3人入ったら、どこも相手にならんぞ。

エゲつないチームになるわ。

浅村FA争奪戦

オリ「地元!地元!地元!」

福岡「7億!7億!7億!」

楽天「直人!岸!則本!」

ソフバン浅村に4年28億ってマジなの?

単年7億?

西も4年20億?

さすがにそこまでの選手ではないと思うけどな・・・

FA市場の適正価格をぶっ壊すのはなぁ。

圧倒的な札束で顔ひっぱたいてる感じで印象はあんまよくないな。

最下位がなりふり構わず補強するならともかく、優勝チームだしなぁ。

おい、浅村よ、栗山中村を見習うんだ 岸とか中島にFAのことについて聞きたいとか言ってたけど、参考になる選手が身近にいるじゃないか

しかし、栗山中村のコンビはかっこいいな

本当に出ていく選手多い中こういう選手いてくれると泣ける

浅村選手が会見。

「浅村栄斗はFA権を行使することを決断しましたので、ご報告させていただきます」と切り出し、

「出て行くから行使したということは全くない。この世界でやっているからには他球団の評価を聞いてみたい。

聞いた上で、ライオンズ最優先で…

たたき込め 浅村浅村 それバットでゴーゴー さぁレフトスタンドへ たたき込め L32 浅村栄斗
浅村栄斗にはライオンズに残って欲しい
大事な記者会見だからおヒゲ剃って髪も控えめに普通な感じのヘアスタイルで来たのにネクタイちょっと曲がっちゃったまま登場する浅村栄斗さんを愛さない選択なんてなーーーーーい!!!!!

可愛いよーーーーー!!!!!

西武ファンからの残留希望の声の他に、ソフトバンクの巨額の資金に驚く声が多く上がっていました。

今年は大物選手の宣言が多く、大きな金額の数字を見ることがこれからも多くなりそうですね

以上、浅村栄斗選手の移籍先予想などを見てきました。

通常、守備力や走力が重視されるセカンドというポジションで、タイトルを取れるくらいに打てる浅村選手の市場価値は非常に高いと言え、熾烈な争奪合戦が予想されます。

今回挙げたソフトバンクと阪神の他にも、もちろん西武も引き止めに必死ですし、阪神と同じく地元球団であるオリックスや、打力の強化が急務で石井一久GMとの縁もある楽天も獲得に動いており、予断を許さない‘状況ですね。

個人的には、今の西武の強力打線は非常に魅力的なので、できれば西武に残留してほしいですが、満足のいく決断をしてほしいなと思います。

ついにメジャーデビューを果たした大谷翔平選手。 日本人選手のメジャーリーグ選手では今までにない二刀流ということで、海外メディアの注目も高そうですね。 そんな大谷翔平選手がMLBで活躍できるのかできない […]

日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が今年苦境に立たされています。 2010年に4球団からドラフト1位に指名されて、広島の福井優也投手、西武の大石達也投手と合わせて「早稲田三羽烏」と言われましたが、今年 […]

夏の甲子園の出場校が決まり、大阪地区の決勝戦では大阪桐蔭が大阪学院大に23-2と大差をつけて大勝しました! そのため大阪桐蔭は優勝候補として、大注目されています。 また今回の甲子園は第100回目という […]

甲子園の8月14日レジェンド始球式に球道くんこと中西清起さんが登板されることになりました! 中西清起さんは1983年にドラフト1位で阪神タイガースにプロ入りされているレジェンドです。 現役時代の平均球 […]

各地で猛烈な暑さが続いている2018年の夏。 7月23日には、埼玉県熊谷市で国内観測史上最高の41.1度を観測し、連日の暑さに気象庁も記者会見するなど、異例尽くしです。 このような厳しい暑さの中、夏の […]