メイウェザー対那須川天心がキャンセルで中止?ネットの反応は「想定の範囲内だった」「どっちもメリットない」

先日発表されたRIZIN14の大晦日の対戦カード、フロイド・メイウェザー・ジュニア対那須川天心をキャンセルするとメイウェザーがインスタグラムで発表しました。

そもそも今回の試合はエキシビョンマッチで行われるはずだったのに、公式戦で行われることになり世界中のテレビで放送されることになってしまったためだとか。

当初と話が違ったためにキャンセルしたようですね。

メイウェザー対那須川天心がキャンセルで中止?

 

View this post on Instagram

 

Floyd Mayweatherさん(@floydmayweather)がシェアした投稿

「裕福な少人数の招待客限定の、世に公開されることがないエキシビジョンと聞いてきたのに、記者会見では全世界公開の公式試合となっていた。

その時に指摘すべきだったけど、世界中から会見に来てくれた人たちの事を思うと、会見をぶち壊すのもどうかと思った」

公式インスタグラムにはこのようにコメントされています。

いずれにしてもビッグマッチが消滅してしまったのは非常に残念ですね。

エキシビジョン見せられてもって感じなので、このまま中止で良いのではないでしょうか

広告

ネット上では?

 

もういい加減、違う競技の選手同士を戦わせるような茶番で客寄せしようとするのは辞めた方が良い。

天心が本気でボクシングをやりたいなら、ちゃんとプロボクサーのライセンスを取って一から始めるべき。

エキシビションもしくはスパーリング程度契約だったのに、勝手にガチ感出されたからだろうな。

世界的にまだ無名な選手&階級がかなり下の選手とガチで闘ってメイウェザーにメリットないでしょw

すでにチケット完売になっているけどどうすんだこれ。

最初からそうなると思ってましたね。

メイウェザー側になんのメリットもないもん。

最低でも100億に近い数十億のファイトマネーか、世界的ビッグネームの対戦相手が必要で、両方とも満たしていない。
運営側が3分3回の試合を公式戦にすると考えた事は無理がある。

つまり始めからこのシナリオはできていた。

パッキャオとの再戦が進展したから辞めたのでしょう。
ボクシングルール押し付けて圧勝出来ると思ってたら意外に総合ルールも取り入れる様に粘られたから機嫌損ねたとかじゃないの?
結局、日本から出ていかないと名声、金は生まれないとわかったでしょ?

RIZIN最強とか言っても盛り上がってるのは身内だけ。

猪木がアリとやった時もアリ側にはプロレスラーとのエキシビションマッチだと日本に連れてきたのにアリははめられてガチでやる事になってしまった

恐らくRIZINもメイウェザーにエキシビションだと伝えていたのに日本に来てみたらガチでやって欲しいと言われたのだろう

アリと違いメイウェザーはその作戦には乗らなかったという話だと思う 

ネット上ではメイウェザーが試合をキャンセルしたことについて、それほど批判的な意見はなかったです。

むしろ「中止になってよかった」とか「中止になるのは想定の範囲内だった」という意見が多く見られました。

ボクシングファンや格闘技ファンの間ではメイウェザーと那須川天心では体格差があるし体重差もあるしどうするんだって言う感じのようでしたね。

メイウェザーとの試合がキャンセルになったので、年末の那須川天心の相手が誰になるのかまたわからなくなりましたね。

堀口恭司との再戦を望む声や武尊との試合を望む声が多そうですが、果たしてどうなるのでしょうか?

続報を楽しみに待ちましょう!

ボクシングの三階級王者の井上尚弥選手ですが実は、かつてその日本史上最強と言われている井上尚弥選手に勝ったことのあるボクシング選手がいます! その選手とは、2011年11月20日に第81回全日本アマチュ […]

ボクシングのWBSSバンタム級1回戦、ライアン・バーネット(英国)VSノニト・ドネア(フィリピン)戦が11月3日行われますね。 ライアン・バーネット選手の母国イギリスの「The SSE Hydro」で […]

WBA世界ミドル級タイトルマッチ、王者・村田諒太対ロブ・ブラントの試合が行われました! 村田諒太選手は二度目の防衛戦で、勝って次戦をゲンナジー・ゴロフキンかサウル・カネロ・アルバレスと行いたいようでし […]

ボクシング3団体統一王者のゲンナジー・ゴロフキン選手が6月6日にIBF王座を剥奪されました。 そのことでゴロフキン選手の保持する王座はWBAスーパーとWBCの2つになり、希望する4団体王座統一が難しく […]

5月25日にジェイミー・マクドネル選手との世界タイトルマッチを控えるWBA世界バンタム級の井上尚弥選手。 これまではフライ級で7度の防衛を果たした井上尚弥選手は、フライ級の世界チャンピオンベルトを返上 […]