メイウェザー対那須川天心のファイトマネーは?チケットはどうなる!?

ボクシングの元5階級王者であるフロイド・メイウェザー・Jrが12月31日にさいたまスーパーアリーナで行われる「RIZIN.14」に参戦し、「神童」那須川天心との対決となります。

メイウェザーも那須川天心も共に無敗ということで、日米全勝対決が実現することになりましたね。

体格差があ戦うのでルールが気になるとことですがそのあたりはまだ決まっていないようです。。

今回はメイウェザー対那須川天心のファイトマネーとチケットはどうなるかについてシェアしたいと思います。

広告

フロイド・メイウェザー・Jr対那須川天心のファイトマネーは?


メイウェザーはプロになってからは50戦すべて母国のアメリカで行ってきました。

そのメイウェザーが日本で初めて試合を行うことになった今回。

今年の9月17日にメイウェザーが自身の会社「メイウェザー・ホールディングス」と「協栄ジム」、「LIBERA」と共同で新会社「TMT Tokyo」を設立し、日本での新規ビジネスの展開を行う事を会見しました。

その際、メイウェザーの日本でのマネジメントをLIBERAが行うことになりました。

この時点でメイウェザー側は日本でのビジネス展開を進めていたと言えますよね。

今年の9月にメイウェザーが投稿した動画で、パッキャオとの再戦前に東京で調整試合を行う考えがあることを投稿。

関係者の中でメイウェザーはパッキャオとの再戦前に2試合調整試合を行う見込みで、対戦相手としてボクサーだけでなくキックボクサーや総合格闘家も考慮し、大晦日に東京で試合を行う計画を報じていました。

この時点で誰にオファーしていたかはわかりませんが、今回の対戦はメイウェザーから10月になってRIZINへオファーしたとされています。

興行的ではありますが、さすがフォーブスで最も稼ぐスポーツ選手の1位。

全盛期は1試合で100億円以上稼ぐとも言われ、通称Money(金の亡者)とも呼ばれています。

幼少時代は貧しく、本当に苦労したメイウェザー、昔はPrettyBoyと呼ばれていたくらいですが、ボクシング・アドバイザーのアル・ヘイモンを雇うようになって以来、スポーツ選手長者番付1位を獲得するなど、大金を稼ぐスポーツアスリートとなりました。

メイウェザーは昨年、マクレガーとの1試合しか戦っていないですが、その試合はファイトマネーの最低保証が1億ドル(約110億円)

これに有料テレビのボーナス、ペイ・パー・ビュー(PPV)の取り分も稼ぎました。

アメリカではPPVが、総合格闘技、ボクシング、プロレス、コンサート、映画などの放送で利用されています。

最近はUFC、ボクシング、WWEの3つでPPV全体総売り上げの大半を占めています。

1番組の視聴料金は視聴コンテンツによって差が大きいですが、約4ドルから60ドル。

最終収益からケーブル放送と衛星放送の配給会社が50%、そしてHBOが5~10%をそれぞれ受け取り、残った分がプロモーターの取り分となる仕組みが慣例です。

プロモーターも自身の収益増を狙い自前のオンラインサイトでPPVを販売していたりもします。

昨年のメイウェザーVSマクレガー戦はPPV430万件販売。

メイウェザーのファイトマネーは安い金額とは思えません。

実際、今回のマッチメイクを成功させたRIZIN実行委員会の榊原信行氏は自身のプロモーター経験の中で「過去最高のファイトマネーを払う事は間違いない」と。

今回海外のPPVについても両社でシェアするそうです。

さいたまスーパーアリーナの席数を約27,000席に設定したとしても、チケット金額のみでは厳しいですから、やはりPPVなどからのファイトマネー計算ですよね。

前回のマクレガーとのファイトマネー保証金額が110億くらいとしたら、最低金額がそのくらいかもしれませんよね。

今回PPVでいくら売り上げるかも気になりますね。

WBA世界ミドル級王者村田諒太選手が2度目の防衛戦を10月20日(日本時間21日)にラスベガスで、同級2位ロブ・ブラント選手と対戦することが発表されました。 ロブ・ブラント選手は元WBC米大陸同級王者 […]

広告

フロイド・メイウェザー・Jr対那須川天心のチケットは?

12月31日さいたまスーパーアリーナで開催される「RIZIN.14」チケット情報になります。

※全席指定・消費税込
VIP席 100,000円【特典付き】
SRS席 25,000円
S席 15,000円【那須川天心グッズ付き応援シート】
A席 7,000円
※1歳よりチケットが必要
※車いすで観戦をご希望の方はS席をご購入下さい

一般発売は2018年10月28日(日)10:00から発売されたようですが、すでに完売しているようですよね。

WBA世界バンタム級王者の井上尚弥選手が参戦する「WBSS」。 1回戦はすべて終了し、バンタム級トーナメントの準決勝は来年2,3月に予定されています。 ところがその準決勝が存続の危機にあると言います。 […]

広告

ネットの反応

メイウェザーはきつい減量してまで試合したくないだろうから70キロ付近での試合になるだろう。

那須川天心の今後の知名度抜群の世界的スーパースター選手と試合するときに生じる問題が体重差だろう!

即完売で買えませんでした
メイウェザーのファイトマネー払えるのかな
勝敗抜きにしてメイウェザーと対戦できる事が凄いよ。

しかし、体重差の問題やルールの内容が気になる

対戦カードよりメイウェザーに金いくら払ったのかの方が気になるw
応援してます!

今回もアニメのような常識外れな動きをじっくり観戦させていただきます!

楽しみです

この日から、世界の天心に絶対なってくれ!!!!
階級的にさすがに無理がある・・・

マクレガーでさえボコボコにされたのに

平成最後の大晦日は、天心くんが最高の大晦日になりますように

全力で会場応援します

ボクシングプロのライセンス取るんですか?
これは勝ち負けじゃない!

メイウェザーと試合。

そこに意味がある!

5㎏程度の体重差まで、との話もありますが、どこまで重量差を縮めるのか、ルールやラウンド数はどうするのか・・・。

海外の報道では、メイウェザーが調整試合(?)と言うだけに、エキシビション試合で3ラウンド以内になりそうだ、との声も。

また、那須川選手がボクシングライセンスを持っていないこともありますし、今のところメイウェザーの無敗戦歴に加えられる試合にはならないとも報道されています。

格闘技戦としての中身より、現時点では興行としてのカラーが濃い気もしますが、プロ格闘イベントとしては、世界で話題になっているこの時点で成功かもしれませんよね。

※メイウェザー対那須川天心の試合はキャンセルになりました。

3分3ラウンドのエキシビションマッチで行われる予定だったみたいですが、そもそもメイウェザーは契約に合意していなかったといっているようですね。

なら会見なんか開くなと・・・

ボクシングで3階級制覇を目指している井上尚弥選手が5月11日WBSS出場が濃厚と報道されました! 井上尚弥選手はプロボクシングの試合で未だ負けたことがなく15戦15勝と圧倒的な強さで2階級制覇し、あま […]

2018年4月15日に日本人として初の軽量失敗による王座剥奪となり、試合にも負けてしまった元WBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾選手。 王座陥落とともに敗北により、日本記録がかかっていた連続KOの […]

井上浩樹の戦績はすごいけど入場曲はアニソン?ラブライブが好きなの?ということで、今回は井上浩樹選手について調べてみました。 井上浩樹選手は、読み方はひろきではなく「こうき」と読みます。 ボクシング2階 […]

ボクシングのバンタム級最強トーナメントのWBSS第2シーズンが開幕しましたね。 井上尚弥の1回戦は圧巻でしたよね。 そして次は今回のWBSS1回戦の中でも注目の無敗同士の戦い、IBF王者エマヌエル・ロ […]

ボクシングの世界IBFバンタム級王座決定戦が5月5日に行われ、エマヌエル・ロドリゲス選手が12R判定3-0にてポール・バトラー選手に勝利し、IBF世界バンタム級王座を獲得しました。 バンタム級のチャン […]