大谷翔平の新人王発表はいつ?ライバルはのアンドゥハーとトーレスは?

MLBロサンゼルスエンジェルスの大谷翔平選手がア・リーグ新人王の有力候補として名前が挙がっています。

今シーズンの大谷選手は右肘靭帯損傷で一時期離脱しましたが、二刀流として投手では4勝2敗・防御率3.31、打者としても打率.285、日本人ルーキーとしては最多となる22本塁打を放ちました。

今回は大谷翔平選手の新人王発表はいつなのか新人王のライバルについてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

大谷翔平の新人王発表はいつ?


11月5日(現地時間)にア・リーグの新人王最終候補の3名の中にロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平選手が選ばれました。

また、新人王の発表に先駆けて行われるアメリカの全国紙「USA TODAY」(電子版)の投票では大谷選手が新人王に選出され、また野球専門誌の「Baseball Digest」の投票でも大谷選手が新人王に選出されました。

大谷選手の新人王発表は12日午後(現地時間、日本では13日午前)に予定されています。

既に、全米野球記者協会会員によう投票は終わっており、結果を待つだけです。

仮に大谷選手が新人王を受賞すれば、1995年の野茂英雄氏(ロサンゼルス・ドジャース)、2000年の佐々木主浩氏(シアトル・マリナーズ)、2001年のイチロー選手(マリナーズ)に次ぐ日本人4人目の快挙になります。

スポンサーリンク

大谷翔平の新人王のライバルは?

次に大谷選手の新人王のライバルとなる選手を紹介します。

ア・リーグの新人王最終候補3名に入ったのは大谷選手とニューヨーク・ヤンキースのミゲル・アンドゥ―ハー選手とグレイバー・トーレス選手です。

まずミゲル・アンドゥ―ハー選手ですが、大谷選手の対抗馬とされる選手です。

アンドゥ―ハー選手は主にサードを守り、149試合に出場して打率.297・27本塁打・92打点でした。

この成績に対し、大谷選手の打撃成績は104試合に出場して打率.285・22本塁打・61打点・10盗塁と出場試合数と打撃成績ではアンドゥ―ハー選手の方に分があります。

また、エンジェルスは80勝82敗とア・リーグ西地区4位に低迷したのに対し、ヤンキースは100勝62敗とア・リーグ東地区2位でワイルドカードゲームに進みました。

ワイルドカードゲームではオークランド・アスレチックスに勝ちましたが、ディビジョンシリーズで同地区1位の宿敵、ボストン・レッドソックスに3-1で敗れました。

このように、ヤンキースのチーム成績やワイルドカードゲーム進出への貢献度もプラスに働くことが予想されます。

一方で、アンドゥ―ハー選手の懸念材料は守備難であることです。

アンドゥ―ハー選手のDRS(守備防御点:各ポジションの平均と比較してどれだけ失点を防いだかを示す指標)は―25、UZRは-16.0と全チームのサードの中では最低レベルの守備力です。

そのため、アンドゥ―ハー選手はシーズン終盤になるとDHや代打での出場が増えました。

関連記事

MLBの2018年の新人王候補に挙げられているのがニューヨーク・ヤンキースのサード、ミゲル・アンドゥハーです。 去年のオフにサードのチェイス・ヘッドリーとトッド・フレイジャーをトレードで放出した後のヤンキースの正サードのポジションを奪[…]

もう一つの新人王候補のグレイバー・トーレス選手は今年のプロスペスト(若手有望株選手)の上位に名を連ねていましたが、123試合に出場し打率.271・24本塁打・77打点でした。

しかし、トーレス選手はアンドゥ―ハー選手よりも打撃成績は劣り、大谷選手とは打撃成績が打点以外あまり変わらないことや「二刀流」というほぼ前例がない評価が加わることを考えると2人よりも新人王の可能性は低いでしょう。

関連記事

ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平選手と新人王を争っているニューヨーク・ヤンキースの若きセカンド、グレイバー・トーレス選手について取り上げます。 トーレス選手といえば2018年度のプロスペクトでも有望株として注目を集めており、打撃で[…]

第101回全国高校野球選手権大会の開会式が2019年8月6日に行われ、第91回選抜高校野球大会を勝ち抜いた全国の高校球児が夢の舞台で真剣勝負をしています。 甲子園は毎年楽しみにしている方が多く、どの高 […]

スポンサーリンク

ネットの反応

大谷、新人王獲れるといいなあ
OPSが上だったらアンドゥーハーで決まりだったと思うけど、まだわからない
インパクトなら大谷選手だけど純粋に新人王ならアンドゥハーかな
大谷の新人王遂に13日発表か
大谷選手の新人王獲得が楽しみです
年齢制限受けて、年俸下げてまでメジャーにいった心意気も加味して頂きたい
普通の野球選手とベーブ・ルースしかいない特別な選手、どちらが受賞に値するかなんてのは考えるまでもないでしょ
多分新人王はきついと思う
ライバル選手がポストシーズンで振るわなかったため大谷選手の新人王がますます現実味を増していますね
チームをプレーオフに導いたということを考えるとアンドゥハーかな
スポンサーリンク

大谷選手の「二刀流」かアンドゥ―ハー選手の「打撃成績」か、今年のア・リーグ新人王争いの焦点はここになります。

昨年度はア・リーグのアーロン・ジャッジ(ヤンキース)、ナ・リーグのコーディー・ベリンジャー(ドジャース)ともに満票での受賞でしたが、今年はア・リーグ、ナ・リーグともに2選手、あるいは3選手での激しい争いになるでしょう。

気になる新人王の発表は日本時間で13日の午後です。

チェックしましょう!

2018年からサンディエゴ・パドレスに元西武の牧田和久投手がポスティングシステムを利用して移籍しました。 かねてからメジャーリーグを熱望していた牧田投手ですが、その夢を叶えた形となりましたね。 今回は […]

今年から中日ドラゴンズに入団した松坂大輔投手が前評判以上の活躍を見せています。 5月20日の阪神戦で、6回91球1失点・7奪三振・1死球で2勝目(3敗)を挙げました。 現在、防御率が3.08、QS(ク […]

ついにメジャーリーグでの投手デビューを果たした大谷翔平選手! 今回も大谷翔平選手の初先発に期待することや不安なところ、そして大谷翔平選手はメジャーリーグで活躍できるのかできないのか!?その理由について […]

先日、大阪桐蔭高校は藤原恭大選手の活躍で浦和学院との試合に勝利しました! これまで夏の甲子園通算最多本塁打はPL学園の45本とされていましたが、大阪桐蔭がそれを超えることとなり、藤原選手が46号、47 […]

読売ジャイアンツの長野久義選手が、広島東洋カープからFA移籍した丸佳浩選手の人的補償として、広島に移籍することが決まりました。 炭谷銀仁朗選手の人的補償で西武ライオンズに移籍が決まった内海哲也選手に続 […]