那須川天心対メイウェザーのルールは?結果を予想!

ボクシング世界主要4団体で5階級制覇したフロイド・メイウェザー・Jrが12月31日に行われる「RIZIN.14」に参戦することが決定しましたよね。

相手は、現RISEバンダム級王者、現ISKAオリエンタル世界バンダム級王者である那須川天心。

メイウェザーが日本で試合を行うのは初めてとなります。

そこで今回は那須川天心対メイウェザーのルールと結果予想についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

那須川天心対フロイド・メイウェザー・Jrのルールは?

今回の対戦の記者会見で、那須川天心選手は

「自分は何のルールでもいい。蹴りアリでも、相手の土俵でボクシングルールで戦ってもいい」

と即答。

メイウェザー選手も

「エンターテイメント性に富んだ試合を見せたい」

とコメントしています。

メイウェザー選手は言うまでもなく、ボクシング史上初めて無敗で5階級制覇し、50戦50勝と言う驚異的な戦績を持ちます。

メイウェザー選手はボクシングのリング上以外で戦うのはこれが初めてではありません。

2008年プロレス団体WWEが主催の「レッスルマニア24」で「THE BIGGEST vs THE BEST」と題された試合で大巨人ビッグ・ショーと対戦しています。

この時現役のボクシング世界王者がプロレスのリングに上がり対戦すること自体がモハメド・アリ以来32年ぶりの出来事でした。

長年の因縁対決でもあり、戦績を50戦50勝と記録を作った試合でもあり、また稼ぎ出した金額も並大抵ではなかったため、有名なメイウェザーvsマクレガー。

この試合は、ボクシングルールで対戦され、特別に8オンスグローブの着用が例外で認められました。

マクレガー選手は総合格闘技、元UFC世界ライト級王者、元UFC世界フェザー級王者で、UFC史上3人目の二階級制覇王者。

また、UFC史上初の二階級同時王者でもありましたが、メイウェザー選手との対戦に至る経緯の中で、ボクシングライセンスを取得し、ボクシングルールで戦いました。

今回もメイウェザー選手がマクレガー選手と対戦した時同様のルールでいくなら、ボクシングルールとなります。

那須川選手は実際に自身の番組企画で、ボクシングの本格修行をしています。

「日本ではキック、海外ではボクシングをやっていきたい」ともコメントしています。

「なぜ海外か?」は日本ボクシングコミッションが他のプロ格闘技選手に掛け持ちでライセンス発行を認めていないためでもあります。

那須川選手はプロボクサーとしてのセンスも一流とも言われていますが、デビューは実現に至っていません。

那須川選手は

「22~23歳までにキックに専念してキックを制覇したい。それ以降にボクシングやUFCに行く事も考えたい」

とコメントしていたこともあり、元UFC世界王者のマクレガー選手と同じ条件で戦う可能性もありますよね。

スポンサーリンク

那須川天心とメイウェザーはどっちが勝つ?

まずは簡単に両選手を見ていきましょう。

メイウェザー選手は、圧倒的なスピードと超人的な反応速度、卓越したディフェンステクニックをそなえ、カウンターをも得意とする選手です。

身長173cm、リーチは183cm。

スーパーフェザー級、ライト級、スーパーライト級、ウェルター級、スーパーウェルター級と王者になりました。

対して那須川選手は、身長165㎝。

那須川選手は、プロキックボクシングの選手ではありますが、そのボクシングセンスも評価が高い。

実際に、プロ2,3戦目の頃から帝拳ジムにボクシングのトレーニングに通っています。

幼少時から天才とも言える素質を持ち、またそれを努力で開花させてきました。

那須川天心選手はライトニングレフトと呼ばれる左のパンチを持っていますが、やはりスピーディーで威力十分のミドルキックや天才的なディフェンス能力を兼ね備えています。

この2人の対戦の参考になるのが、メイウェザーVSマクレガー戦ではないでしょうか。

マクレガー選手も回転蹴りや横蹴り、代名詞ともいえるカウンターの左ストレートを武器としたファイターで、そのボクシングスキルはボクサー顔負けの技術を持っていました。

広いスタンスで構えているスタイルも那須川選手は似ているかもしれませんよね。

マクレガー選手と戦いたいと言ったボクサーは、マニー・パッキャオ、ワシル・ロマチェンコ、アミール・カーン、オスカー・デ・ラ・ホーヤなどそうそうたるメンバーです。

そのマクレガー選手でも倒せなかったメイウェザー選手を、那須川選手が倒す姿を見れるのか。

今から楽しみですよね!

那須川選手も、

「僕にはボクサーに無いタイミングのパンチがあります。階級も違いますが、今の僕には関係ないです。世界で誰も成し得なかった初めてメイウェザーをKOします。僕は自分のこの拳で世界を変えます。」

とコメントしています。

今後ルールがどう決定するかにもよりますが、今のところ「ボクシング」で勝つのはどちらか、と言うことになりそうですよね。

ボクシングのWBSSバンタム級1回戦、ライアン・バーネット(英国)VSノニト・ドネア(フィリピン)戦が11月3日行われますね。 ライアン・バーネット選手の母国イギリスの「The SSE Hydro」で […]

スポンサーリンク

ネットの反応

素晴らしいの一言です!!!!大晦日楽しみにしています!!!
天心 こんな凄いカードが観れることが最高だよ 全力応援 楽しみにしてる
うん、わたくしも勝てると思う、いや勝つでしょう。ガチのボクシングマッチになればですが、いや、そうなると思うけど
They’re not in the same weightclass
フロイド・メイウェザーと那須川天心!那須川vs堀口を大晦日に持ってこなかったのはこれがあったからか〜。メイウェザーは僕と同世代でピーク過ぎてるけど、5階級制覇・50戦無敗のスーパースター。キックルールかな?楽しみ
メイウェザーと那須川天心とかマジかよちくしょう 観たいなんてもんじゃない 観なきゃダメだ 何でこんな日にシフト入ってんだ涙出てくる
ファイトマネーが凄そう
今まで総合の人が天心に合わせてキックルールにしてくれたんだから 今回は流石に3分12Rのボクシングルールだよね?

話題の絶えないメイウェザー選手ですが、その実力は言うまでもありません。

日本でメイウェザー選手が戦うこと自体に、ファイトマネーもかなり気になりますが、すでに41歳。

その記録を伸ばせるのか、初黒星を日本で迎えることになるのか。

ボクシングルールとしても内容次第で記録として認められるのか、まだわかりませんが、記録より、「神童」との戦いを純粋に楽しみ観戦することが良さそうですね。

今年の5月5日に行われる予定だったゴロフキンとアルバレスの再戦が9月15日(現地時間)に1年前の対戦と同じ、ラスベガスのT-モバイルアリーナで行われます。 ミドル級の頂上決戦とも言われる両者の対戦です […]

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチが7日、横浜アリーナで行われ、王者・拳四朗選手が、元IBF世界同級王者のミラン・メリンド選手と対戦しました。 メインの井上尚弥対パヤノは井上尚弥の秒殺KOという衝 […]

ボクシングの3階級王者である井上尚弥選手のいとこの井上浩樹選手。 アニメオタクで有名ですが、10月12日に日本スーパーライト級挑戦者決定戦を後楽園ホールで行います。 そこで今回は井上尚弥のいとこでボク […]

WBSS準決勝が、27日にアメリカのルイジアナ州で開催され、WBA世界バンタム級スーパー王者のノニト・ドネア選手が同級5位ステフォン・ヤングを倒して、勝利を手にしました。 井上尚弥選手が5月に行われる […]

井上尚弥選手の次戦が近づいてきましたね! 井上尚弥選手が10月7日横浜アリーナで臨む「WBSS」の1回戦のチケット売り上げも1万枚を超えたそうです。 さすがの注目度! 井上尚弥選手としては国内開催の世 […]