ドニー・ニエテスの成績と強さは?井岡一翔とどっちが強い?

ボクシングのWBOは現在空位のスーパーフライ級王座について同級1位のドニー・ニエテスと同級3位の井岡一翔のが決定戦を行うことを承認しましたよね

WBO王者は井上尚弥選手がバンタム級に転級した際に返上したもの。

井岡選手が4階級制覇の標的の一つとしていた王者の椅子でもあり、そのチャンスが今年の大晦日に訪れることになりました!

そこで今回はドニー・ニエテス選手の戦績一覧や強さ、井岡一翔選手とどちらが強いかについてシェアしたいと思います。

広告

ドニー・ニエテスの戦績一覧と強さは?


ドニー・ニエテス選手は1982年5月13日生まれのフィリピンのボクサーです。

プロボクシングの戦績は47戦41勝(23KO)1敗5分。

■2003年4月25日 ウォールター・スアイバガイオー選手と対戦し6R判定勝利

■2003年5月31日 マリオ・ジューン・デアシズ選手と対戦し、6R判定勝利

■2003年6月12日 ロミオ・トゥーラ選手と対戦し、1RTKO勝利

■2003年8月16日 グレッグ・マンガン選手と対戦し、8R判定勝利

■2003年10月4日 ロルダン・マリナ選手と対戦し、4RKO勝利

■2003年12月28日 ローランド・バクレーオ選手と対戦し、4RKO勝利

■2004年2月28日 ジュリウス・アルコス選手と対戦し、10R判定勝利

■2004年3月28日 ロバート・ラビラー選手と対戦し、7RTKO勝利

■2004年5月22日 フィリピンライトフライ級王座決定戦にてジョセフ・ビラシズ選手と対戦し、1RTKO勝利、王座獲得

■2004年6月29日 ボーボング・コステロ選手と対戦し、1RKO勝利

■2004年8月3日 マルティ・ポリー選手と対戦し、7RTKO勝利

■2004年9月7日 アブリン・マッタ選手と対戦し、4RTKO勝利

■2004年9月28日 アンキー・アンコッタ選手と対戦し、10R判定負け

■2004年11月20日 カルロ・ベセーレズ選手と対戦し、10R引分

■2005年1月29日 リカルド・アルビア選手と対戦し、7RTKO勝利

■2005年4月30日 エルマー・マイコー選手と対戦し、10R判定勝利

■2005年7月30日 ニノ・スーロ選手と対戦し、負傷引分

■2005年8月28日 アラン・ダギャング選手と対戦し、10R判定勝利

■2005年9月25日 ランディ・ナーベイ選手と対戦し、2RKO勝利

■2005年12月30日 アラン・ダギャング選手と対戦し、8R判定勝利

■2006年1月15日 ノエル・バーロンクェ選手と対戦し、6R判定勝利

■2006年8月12日 ロバート・ラビラー選手と対戦し、10R判定勝利

■2006年11月24日 WBOアジア太平洋ミニマム級王座決定戦にてヘリ・アモル選手と対戦し、2RKO勝利、王座獲得

■2007年4月21日 WBOアジア太平洋ミニマム級タイトルマッチにてトンタイレック・ポーウォラシン選手と対戦し、2RKO勝利、初防衛成功

■2007年7月7日 WBOアジア太平洋ミニマム級タイトルマッチにてサエングペッチ・ソーサカルファン選手と対戦し、7RTKO勝利、2度目の防衛成功

■2007年9月30日 WBO世界ミニマム級王座決定戦にてポンサワン・ポープラムック選手と対戦し、12R判定勝利、WBO世界ミニマム級王座獲得

■2008年8月30日 WBO世界ミニマム級タイトルマッチにてエディ・カストロ選手と対戦し、2RKO勝利、初防衛成功

■2009年2月28日 WBO世界ミニマム級タイトルマッチにてエリック・ラミレス選手と対戦し、2度目の防衛成功

■2009年9月12日 WBO世界ミニマム級王座統一戦にてヌマエル・バルガス選手と対戦し、12R判定勝利、3度目の防衛成功

■2010年1月23日 ヘスス・シルベストレ選手と対戦し、10RTKO勝利

■2010年8月14日 WBO世界ミニマム級タイトルマッチにてマリオ・ロドリゲス選手と対戦し、10RTKO勝利、4度目の防衛成功

■2011年4月9日 アルマンド・バスケス選手と対戦し、1RKO勝利

■2011年10月8日 WBO世界ライトフライ級タイトルマッチにてラモン・ガルシア・イラレス選手と対戦し、12R判定勝利、王座獲得

■2012年6月2日 WBO世界ライトフライ級タイトルマッチにてフェリペ・サルゲロ選手と対戦し、12R判定勝利、初防衛成功

■2012年11月17日 ダネアイ・ミーンダエング選手と対戦し、5RKO勝利

■2013年3月2日 WBO世界ライトフライ級タイトルマッチにてモイセス・フェンテス選手と対戦し、12R判定引き分け、2度目の防衛成功

■2013年11月30日 WBO世界ライトフライ級タイトルマッチにてサミー・グティエレス選手と対戦し、3RTKO勝利、3度目の防衛成功

■2014年5月10日 WBO世界ライトフライ級王座統一戦にてモイセス・フェンテス選手と対戦し、9RKO勝利、4度目の防衛成功

■2014年11月15日 WBO世界ライトフライ級タイトルマッチにてカルロス・ベラルデ選手と対戦し、7Rベラルデ選手の棄権により勝利、5度目の防衛成功

■2015年3月28日 WBO世界ライトフライ級タイトルマッチにてヒルベルド・バーラ選手と対戦し、9R バーラ選手の棄権にて勝利、6度目の防衛成功

■2015年7月11日 WBO世界ライトフライ級タイトルマッチにてフランシスコ・ロドリゲスJr選手と対戦し、12R判定勝利、7度目の防衛成功

■2015年10月17日 WBO世界ライトフライ級タイトルマッチにてファン・アレホ選手と対戦し、12R判定勝利、8度目の防衛成功

■2016年5月28日 WBO世界ライトフライ級タイトルマッチにてラウル・ガルシア選手と対戦し、5Rガルシア選手の棄権により勝利、9度目の防衛成功

■2016年9月24日 WBO世界インターコンチネンタルフライ級王座決定戦にてエドガル・ソーサ選手と対戦し、12R判定勝利、王座獲得

■2017年4月29日 IBF世界フライ級王座決定戦にてエータワン・モークーテットンブリー選手と対戦し、12R判定勝利、王座獲得

■2018年2月24日 IBF世界フライ級タイトルマッチにてファン・カルロス・レベコ選手と対戦し、7RKO勝利、初防衛成功

■2018年9月8日 WBO世界スーパーフライ級王座決定戦にてアストン・パリクテ選手と対戦し、12R判定引き分け、王座獲得失敗

 

PBF比国ライトフライ級王座

WBOアジア太平洋ミニマム級王座

WBOインターコンチネンタルフライ級王座

リングマガジン世界ライトフライ級王座

第10代WBO世界ミニマム級王座

第18代WBO世界ライトフライ級王座

第21代IBF世界フライ級王座

ドニー・ニエテス選手の強さはトータル的なうまさだと思います。

経歴からも、特質したセンスがあったから王者になったというよりは、真の実力派と言え、どの部分をとっても上手く感じます。

そうでなければ、防衛し続けることは困難だと思います。

逆に長期にわたる防衛が無く階級替えをしてきたのなら、もう少し若くして4階級制覇も出来たかもしれませんが、階級替えの難しさですかね。

広告

ドニー・ニエテスと井岡一翔はどっちが勝つ?

ドニー・ニエテス選手は9月に「SUPERFLY3」で、同級2位のアストン・パクリテ選手と王座決定戦を対戦しドローでした。

パクリテ選手との再戦かと思われましたが、井岡選手サイドと契約をしていたこともあり、今回井岡選手との対戦が決まりました。

ドニー・ニエテス選手は身長160センチ、リーチは167cm。

このリーチが長く感じるくらい距離感の取り方が上手く感じます。

それはボディーワークやディフェンスの上手さから感じるものだと思います。

パンチ力にもパワーがあり、KO率と判定試合が半々、スタミナもあります。

経歴もともにミニマム級からのスタートし、階級を上げてきました。

KO率もほぼ互角。

今までの井岡一翔選手なら厳しい相手と思います。

ただ前回のアローヨ選手との試合を見る限り、序盤から攻めていきアグレッシブな戦い方に変わっていましたよね。

今の井岡選手なら良い勝負が出来そうですよね。

現スタイルで考えるなら、ニエテス選手と井岡選手はかみ合うタイプだと思います。

ニエテス選手も様子を見ながらもアグレッシブに攻めてくるタイプですから、井岡選手との打ち合いが楽しみです。

ワンツーからの右ストレートでダウンを奪うテクニックは似たものがありますし、フックは互角としても、ボディーやカウンターのスピードとパワーが、どちらが勝るか。

日本人初の4階級制覇をかけて挑む井岡選手に対して、同じく4階級制覇を狙うニエテス選手。

「決意」のアメリカに渡り進化した井岡選手、フィリピンボクサーで最長世界王者在位期間記録を持ち、実力で積み上げてきたニエテス選手。

オブジェクトの似た2人の戦いは楽しみですよね。

広告

ボクシングで3階級制覇を目指している井上尚弥選手が5月11日WBSS出場が濃厚と報道されました! 井上尚弥選手はプロボクシングの試合で未だ負けたことがなく15戦15勝と圧倒的な強さで2階級制覇し、あま […]

ネット反応

攻撃的にスタイルチェンジした井岡、元々の天才的なカウンター勘が戻れば再び王者になれる!

アローヨ相手にあれだけの試合が出来たのだし久しぶりの試合しかも復帰戦で組む相手ではない、本気の覚悟が覗える、

以前はスタイル的に嫌いなファイターだったが今は魅力的なファイターに変貌している、

アイドルと切れたらもっと良いのだが、兎に角面白い試合をするファイターに間違いなくなった。

良いマッチメイクやんか。

スーパーフライは良い選手揃ってるし、どんどん強豪とやってほしいな。

ニエテスかぁー
PFPの10位にランクされてるね
ニエテスはSフライあげて少し階級の壁にぶつかりましたね!

逆に井岡は体に厚みが出てパワフルになったように見えました!

今の井岡ならニエテスに競り勝てる力が十分あると思います!

年末の楽しみが増えました!

タイトル戦は、もう2~3試合してからでもいいと思うが、、ニエステ、歳だけど、強いと思う。

テレビやるかなー?

もしニエテスに勝てばタイトルだけじゃなく本場でも相当な知名度が得られるな。

これはいいマッチメイク。

アローヨ戦はブランクを感じさせない、というか引退前より強いって感じだった。

ニエテス戦はテクニックの見せ合いになりそうだ。

ボクシング界、他選手も年末に向けて盛り上がりそうでしたが、井岡選手の参戦で、さらに大晦日が楽しみになりましたよね。

今回、マカオで試合をするそうなので、TV中継が気になるところです。

マカオとの時差は1時間なので、何とかTV中継あると良いですよね!

WBAが世界ミドル級王者の村田諒太選手に、同級3位のロバート・ブラント選手との対戦を指示したと報じられましたね。 7月15日までに交渉するそうですが、村田諒太選手は2度目の防衛をかけて9月か10月にア […]

ついに井上尚弥選手の「WBSS」のバンダム級トーナメント1回戦の日程が決まりましたね! しかも日本開催! こんなにうれしいことはないですね! 今回は井上尚弥のWBSSの試合日程とテレビ放送はあるのか調 […]

10月7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級が横浜アリーナで開催され、井上尚弥選手(大橋)が元WBAスーパー王者の挑戦者、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)にわず […]

ボクシングの三階級王者の井上尚弥選手ですが実は、かつてその日本史上最強と言われている井上尚弥選手に勝ったことのあるボクシング選手がいます! その選手とは、2011年11月20日に第81回全日本アマチュ […]

2018年の流行語大賞の候補にノミネートされた言葉が発表され、アマチュアボクシングで話題になった「奈良判定」という言葉も入っていました! ボクシング界だけではなく、全てのスポーツで審判が下した判定は絶 […]