ソフトバンクホークス選手の人気と年俸のランキング一覧!2018年のNO.1はあの選手だ!

プロ野球のソフトバンクホークスが先日の11月1日に行われた日本シリーズの第5戦目になる広島戦で劇的なサヨナラ勝ちによって、日本一に王手をかけました!

ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が放ったバットが折れながらのサヨナラ本塁打は見事でしたね!

そして、今度土曜日に行われる日本シリーズ第6戦目によって、ソフトバンクホークスが優勝か、広島東洋カープが粘りをみせるのかが決まります!

今回は優勝に王手をかけたソフトバンクホークスの選手の人気ランキングとソフトバンクホークスの選手年棒ランキングについてシェアしたいと思います。

※第6戦もソフトバンクが勝利し、日本シリーズ二連覇を達成しました!

スポンサーリンク

ソフトバンクホークス選手の人気ランキング

ソフトバンクホークスは今年広島東洋カープに勝利すると2017年に引き続き連続優勝ということになります。

さて、そのソフトバンクホークスではどのような選手が人気なのでしょうか?

それでは、ソフトバンクホークス選手の人気選手をランキング形式にしてご紹介させていただきます!

ベスト10
古谷優人選手

2016年ドラフト2位で江陵高等学校から入団した古谷選手は北海道中川郡幕別町出身のサウスポーで最速154キロのストレートを持ちます。

2017年では、フレッシュオールスターゲームで優秀選手賞を獲得しています。

まだ10代なのに落ち着きがあり、イケメンで性格良しですので、人気なのは頷けますね。

これから活躍するようになれば、さらに人気はうなぎのぼりになりそうですね!

ベスト9
武田翔太選手

2011年ドラフト1位で日大宮崎高校から入団した武田選手はルーキーイヤーから8勝を挙げ、その後も安定して投手として選ばれ、2015年では13勝、2016年は14勝を挙げています。

若くしてソフトバンクホークスの投手を担うイ武田投手は自らのセールスポイントを「笑顔」と言っているようにいつもニコニコしていてとても性格がとてもよさそうなイメージですね。

プレーもそうですが、イメージが悪かったら人気に上がるわけないですもんね。

ベスト8
和田毅選手

2002年に自由獲得枠で入団した和田毅選手は初年度からいきなり14勝を挙げ新人王を獲得されました。

不調や怪我に泣かされた2008、2009年以外は
安定して二桁勝利をマーク。

2012年からはメジャーにも挑戦し、2016年から再びソフトバンクに復帰しています。

復帰年の2016年はいきなり15勝5敗とソフトバンクではもう欠かせないエースですね!

また和田選手はその端正に整った容姿と温厚で優しい性格で、女性からの支持も厚いそうです。

そして、2005年に和田選手はグラビアアイドルの仲根かすみさんと結婚されました!

ベスト7
甲斐拓也選手

2010年の育成ドラフト6位で入団された甲斐拓也選手は同じく育成入団の千賀投手の同期になります。

甲斐選手と言えば、そのバッティングとパリーグ最強ともいえる返球、送球ですよね!

後半戦では体力不足から数値を落としてしまいましたが、前半戦終了時点で.476という驚異的な阻止率を記録しています。

また、ワイルド系イケメンの甲斐選手ですが、性格は人懐っこくて明るいタイプだそうなので、それが人気の秘密かもしれませんね。

ベスト6
松田宣浩選手

第6位には松田宣浩選手が選ばれました!

松田選手はソフトバンクのハートの部分を担い、熱い男という意味で熱男(あつお)とも呼ばれているそうです。

松田選手のチームを引っ張る姿はとても印象的ですで、どんなに苦戦していてもチームを盛り上げてくれそうですね。

そんな松田選手は2008年に結婚していて、お相手はKBC九州朝日放送の元アナウンサーの柴田絵里さんです。

お二人の間には男女一人づつの2人の可愛いお子さんがいらっしゃるようですね。

ベスト5
千賀滉大選手

千賀滉大選手は、上記でご紹介したの甲斐選手と同じく2010年育成4位で入団され、指名も現地のスポーツ店の店主の紹介だったという話は有名な話ですよね。

「おばけフォーク」と呼ばれるとんでもなく落ちるフォークボールは千賀投手の代名詞とも言われています。

ちなみに千賀投手も2015年の12月に結婚していて、お相手の方は広島県出身で年齢は一つ下の方なそうです。

ベスト4
東浜巨選手

2012年ドラフト1位で亜細亜大学から入団した東浜巨選手は、2016年に9勝を挙げ、今シーズンには16勝の最多勝を獲得して一躍エースの座に君臨しました!

東浜巨選手は最速で152キロのストレートを持っていて、基本的に打たせて取るピッチングが主になっている投手です。

また、東浜巨選手いわく、試合の中では完封を意識していないらしく、どんな形でも勝てる投手になることを目指しているといわれています。

東浜巨選手は沖縄出身ということもあり、やや濃いめの沖縄顔で、現在ソフトバンクの選手の中でもトップクラスの女性人気を誇っています。

ベスト3
柳田悠岐選手

第3位には柳田選手が選ばれました!
柳田選手も今やソフトバンクだけではなく、日本野球界を代表するスラッガーへと成長を遂げましたね!

柳田選手は2015年にトリプルスリーを達成し、2017年でも三冠王に手が届くペースだったのですが、残念ながら怪我で離脱したため逃してしまいました。

それでも柳田選手は女性ファンからの人気もダントツで、ソフトバンクのグッズ売り上げも圧倒的1位とのことです。

ちなみに柳田悠岐選手は2015年7月に結婚し、女性ファンからは多くの悲鳴があがったみたいで、羨ましいですね!

ベスト2
岩嵜翔選手

栄えある第2位に選ばれた選手は岩嵜翔投手です。

よくあった展開が、もう7回終わってリードを許していたら8回岩嵜、9回サファテで手も足も出ずに終了と言うほど強力な勝ち越しパターンが出来上がっていましたね。

岩嵜翔選手はもともとはオーバースローの投手だったのですが、高校入学後にサイドスローへ転向され、10年間素質を期待されながら開花しきれずに来ましたが、今季大きく華を開かせました。

そんな岩嵜投手はソフトバンク随一と言って良いほどのおしゃれさんで今風なイケメンさんです。

ベスト1
今宮健太選手


そして、栄えあるソフトバンクの人気No1選手に選ばれたのは、今宮健太選手です!

今やソフトバンクの不動のレギュラーで、パリーグを代表するショートの選手ですよね!

今宮選手といえば、華麗な守備が人気の理由の一つです!

高校時代では、投手も務めていたほどの強肩なのですが、身長は171cmと小柄ながら筋肉質で引き締まったカラダから生まれる切れのあるプレーはかなりの定評があります。

今年の日本シリーズは今宮健太選手の守備力の差が勝敗を分けたと言ってもおかしくないほど、好プレーを見せてくれています。

そんなイケメンで尚且つプレイヤーとしても最高クラスの今宮選手が第1位に選ばれました!

下記の選手がベスト10からベスト1までの選手一覧になっています!

10位、古谷優人選手
9位、武田翔太選手
8位、和田毅選手
7位、甲斐拓也選手
6位、松田宣浩選手
5位、千賀滉大選手
4位、東浜巨選手
3位、柳田悠岐選手
2位、岩嵜翔選手
1位、今宮健太選手

調べながら思いましたが、人気選手に選ばれる選手は全員共通して、プレーだけではなく、性格が良い点がピックアップされていました。

やはり、試合でのプレーや容姿だけではなく、性格の良さも人気選手に選ばれる非常に重要なポイントになっているようですね!

例)西武ライオンズの菊池雄星投手(27)が今シーズンオフでのポスティングシステム(入札制度)に基づくメジャー移籍を発表し、西武ライオンズ側もこれを容認しました。 花巻東高校時代からメジャーへの志向が強 […]

スポンサーリンク

ソフトバンクホークスの選手の年俸ランキング

人気選手10人が選ばれ、次に気になるのがソフトバンクホークス選手の年俸ランキングですよね。

上記でご紹介した選手方はランキングに入るのでしょうか?

それでは、ソフトバンクホークスの選手の年俸ランキングを同じくランキング形式にして、ご紹介させていただきます!

ベスト10
今宮健太選手
22.000万円

なんと、人気ランキングで1位の選手がベスト10に選ばれましたね!

今宮健太選手は、昨年の2017年11月に5年連続になるゴールデングラブ賞にも選ばれ、同月ベストナインにも選出されました。

そして、その翌月12月20日にその活躍を認められ、福岡ヤフオク!ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7,500万円アップとなる年俸2億2,000万円でサインしたとのことです!

この活躍から文句の出しようがない話ですよね!

ベスト9
五十嵐亮太選手
36.000万円

五十嵐亮太選手はソフトバンクホークスに所属される前に、ニューヨークヤンキースにいたベテラン選手です。

ソフトバンクホークスに所属する2017年では、左太もも裏を痛めてしまい、全治2~3ヶ月と診断され、戦線を離脱したものの、2ヶ月振りの復帰登板を果たしました!

その後の46試合に登板で移籍後最多の6勝をマークし、11ホールドを記録し、見事チームの2年振りになるリーグ優勝に貢献されましたね!

そして、その後の12月1日に契約更新で1,000万円アップの単年契約、年俸3億6,000万円と出来高でサインしたとのことです。

この時は2年契約の最終年ではありましたが、登板試合数などの条件をクリアすれば自動更新される形の契約で、合意されたようですね。

ベスト3タイ
摂津正選手
40.000万円

摂津正選手から和田毅選手まで、ベスト3位タイとなる年俸ランキングになっています。

摂津正選手は2016年からの3年契約で、4億円という年俸になっています。

それにしても4億という金額が想像出来ませんね。

摂津正選手は2017年に横浜DeNAベイスターズとの日本シリーズ第4戦に中継ぎ投手として登板されました。

しかし、摂津選手は1回3失点という内容で、チームは日本一になったものの第5戦、第6戦ではベンチから外れてしまい、摂津選手自身では悔しい思いをされているかと思います。

ベスト3タイ
アルフレド・デスパイネ選手
40.000万円

同率3位に選ばれたのがアルフレド・デスパイネ選手です!

アルフレド・デスパイネ選手は2017年にソフトバンクホークスに所属された選手で、HR王や打点王、ベストナインにも選ばれた選手です。

2017年には、本塁打を35本放っていますからすごい選手が千葉ロッテからソフトバンクにきましたね。

ベスト3タイ
リック・バンデンハーク選手
40.000万円

リック・バンデンハーク選手は、2017年のソフトバンクホークスリーグ優勝に大きく貢献し、東京ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは2戦目に登板し8回無失点で勝ち投手になりました!

しかし、2016年には故障などで、5月31日の中日戦から9月18日のオリックス戦まで、およそ3か月半の戦線離脱をしてしまいます。

その一方で、2017年シーズンから2019年までの3年間に及ぶ契約延長の年俸総額12億円と報じられました!

ベスト3タイ
松田宣浩選手
40.000万円

そして、次にあがった同率3位の選手は松田宣浩選手です!

松田宣浩選手は、2017年の12月に福岡ヤフオク!ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4年契約の3年目となる来シーズンを現状維持の4億円プラス出来高でサインされました!

というのも、2017年に行われた横浜DeNAベイスターズとの日本シリーズで、11月4日に行われた第6戦で、先制ソロホームランを放ち、2年ぶりのチームの日本一奪還に貢献した活躍があります。

また熱男という愛称で、チームの心臓みたいなものでもありますので、納得の数字ではありますよね!

ベスト3タイ
内川聖一選手
40.000万円

次に同率4億円、内川聖一選手が選ばれました!

内川聖一選手の活躍を少しご紹介すると、NPBにおける、右打者史上最高打率記録保持者及び、史上2人目になる両リーグでの首位打者獲得者、その他両リーグでの最多安打獲得者でもあります。

また、史上4位タイの7年連続打率3割達成者でありながら、史上14位タイの8度の打率3割達成者です。

両リーグでの最多安打獲得者とは、海外で活躍するイチロー選手みたいな活躍ですね!

これほどの活躍がありながら、まだ3位タイですので、これからの年俸がどのくらいにあがるのでしょうか。

ベスト3タイ
和田毅選手
40.000万円

最後のベスト3タイに選ばれた選手が、和田毅選手です!

和田毅選手は人気ランキングでも8位に選ばれた選手で、ソフトバンクホークスには欠かせないエースです!

和田選手が2015年シーズンオフに福岡ソフトバンクホークスへの復帰が決まった時に交わされた契約は、3年契約年俸総額12億円というものでした。

しかし、その3年契約も2018年シーズンが終了すると契約が切れてしまいます。

来シーズン以降の契約を勝ち取るためにも、今シーズンの活躍は絶対に必要ですので、今後の活躍に期待したいですね!

ベスト2
デスニ・サファテ選手
50.000万円

そしてベスト3タイから抜けて第2位は、年俸5億円になるデスニ・サファテ選手が選ばれました!

すごい数字ですね!
庶民の私には全く想像がつかない数字です。

サファテ選手は日本プロ野球界における連続イニング奪三振記録及び、シーズン最多セーブ記録保持者です。

また、2014年に史上初の両リーグ30セーブを達成し、2017年には史上初となる54セーブを達成されました!

5億円選手なので、やはりプロ野球界における活躍もすごすぎますね。

しかし、サファテ選手で2位なので、ソフトバンクホークスにはこれ以上の選手がいるということになります!

ベスト1
柳田悠岐選手
55.000万円


栄えあるソフトバンクホークス年俸ランキング第1位に選ばれたのは、柳田悠岐選手の5億5000万円でした!

ギータの愛称でお馴染みの柳田選手は、2017年にソフトバンクホークスの日本選手初となる5億円超え、2億8,000万円増の年俸5億5000万円プラス出来高の3年契約でサインされました!

2億8000万円増の年俸5億5000万円ですから、かなり年俸が増額されています!

当初は4億円の3年契約と見られていたのですが、驚きの提示でソフトバンクホークスは柳田選手をがっちりキープしました!

しかし、1年で素晴らしい活躍すると約3億円ほども年俸があがるんですね!

ちなみに、柳田選手のファンはひっそりとメジャー挑戦を待ち望んでいるそうですよ。

下記の選手が年俸ランキングベスト10になっています。

ベスト10
今宮健太選手
22.000万円
ベスト9
五十嵐亮太選手
36.000万円
ベスト3タイ
摂津正選手
40.000万円
ベスト3タイ
アルフレド・デスパイネ選手
40.000万円
ベスト3タイ
リック・バンデンハーク選手
40.000万円
ベスト3タイ
松田宣浩選手
40.000万円
ベスト3タイ
内川聖一選手
40.000万円
ベスト3タイ
和田毅選手
40.000万円
ベスト2
デスニ・サファテ選手
50.000万円
ベスト1
柳田悠岐選手
55.000万円

はい。
ご覧のような年俸ランキングになりました!

結果的に、1位は約3億円アップした日本人選手初となる5億円越えの柳田悠岐選手になりました!

活躍から頷ける選手方が揃ったランキングになりましたが、皆さんの好きな選手はいたでしょうか?

西武ライオンズの菊池雄星投手が今季まだ無敗ですね。 去年は150km/hを超える速球とスライダーで相手打線をねじ伏せて16勝、防御率1.97と自身初の最多勝と最優秀防御率に輝きました。 現在では、日本 […]

スポンサーリンク

ネットの反応

それでは次に、ソフトバンクホークスの選手についてネット上ではどのような反応なのかツイッターを元にご紹介させて頂きます!

ソフトバンクホークスのバンデンハーク選手

日本一よろしくお願いします!

千賀滉大選手打てなくて悔しそうだった(*´◒`*)でもほっぺぷくーってするのせこいー!!!

可愛すぎやん!!!

川島慶三選手、ソフトバンクホークスでも元気でよかったわぁ。

地元球団での活躍を期待しとるで!

福岡ソフトバンクホークス。
2年連続の日本一に大手!

第5戦。柳田悠岐選手のサヨナラ弾!

最高や!

本拠地での日本シリーズ連勝は「11連勝」の新記録!

今夜、日本一を決めてくれ!

広島ファンの仁井ちゃん。ゴメン!

柳田選手サヨナラホームランインタビューいいね
今日の昼は、カープの日本一を願い、敢えて福岡ソフトバンクホークス柳田選手…のサインが飾ってある店に行き、満足のこの定食!

もちろんチャーハンは大盛!

これで柳田選手ごといっぺんに鷹丸呑みじゃ!

ソフトバンクホークスの松田宣浩選手

笑った時に目もとによる皺が かわE

日本シリーズは塚田選手のいるソフトバンクホークスを応援します!
仕事終わってヤフオクドームに出向きます!

広島にいけないのは残念だけど、ドームからしっかり応援してきます!!

今日決めて!!!!選手の皆さん頑張ってくださいーー!!!

ソフトバンクホークスもそろそろ世代交代の次期に来ている。

若い、若い、と思っていたら柳田選手も30歳か。

育成に定評のあるソフトバンク、いい選手が出てくることを期待したい。

ご覧のようなコメントをされている方がいました!

印象としては、先日行われた日本シリーズの第5戦目に柳田選手がサヨナラ弾を決めたことから柳田選手のことがかなり話題になっている様子でした!

また、ソフトバンクホークスが日本シリーズに王手をかけたことから多くのソフトバンクホークスファンの方がソフトバンクの応援歌をツイッター上にあげていました!

他にもソフトバンクホークスの自分が好きな選手の写真を載せている方もいて、日本シリーズ優勝に期待している方が多い印象でした!

今夜行われる日本シリーズでソフトバンクホークスが日本一をものにするのか、広島東洋カープが粘りを見せるのか非常に楽しみですね!

スポンサーリンク

今回は、優勝に王手をかけたソフトバンクホークスの選手の人気ランキングとソフトバンクホークスの選手年棒ランキングについてご紹介させて頂きました!

ちなみに年俸ランキング1位で人気ランキング3位の柳田選手のTシャツは、3000枚の売上中の1500枚が柳田選手のものらしいです。

半分以上が柳田選手のものらしいので、すごいですよね!

そんなすごい選手達がいるソフトバンクホークスは、日本シリーズで優勝することが出来るのか非常に楽しみですね!

夏の甲子園大会、北神奈川代表は慶応義塾高校が10年ぶり18回目の出場を決めました。 今年は第100回目の記念大会ということもあり、神奈川は北と南の2地区に分かれましたが、東海大相模高校や桐光学園といっ […]

夏の甲子園大会は大阪桐蔭高校の優勝で幕を下ろしました。 甲子園で熱闘を繰り広げた球児たちは、今度は侍ジャパン、日本代表としてbfaU-18アジア選手権を戦います。 今回はBFAU18アジア選手権と日本 […]

金足農業の吉田輝星投手が秋田大会の決勝までの全5戦計43回を1人で投げ抜き、投球回数を上回る57三振を奪ったことで今大会で非常に注目を浴びています! また吉田輝星投手は初戦の秋田北鷹戦で自己最速の15 […]

夏の高校野球甲子園大会、愛媛代表は済美高校です。 済美高校は、1回戦では東千葉代表の中央学院に5-4で勝利した後、2回戦では石川代表の星稜相手に壮絶な試合の末13-11で逆転サヨナラ勝ち、その後3回戦 […]

横浜DeNAベイスターズに所属している神里和毅選手ですが、現在ベイスターズのセンターのポジションを掴みつつあります。 社会人ルーキーの神里選手ですが、実は弟さんも父親も野球をやっている野球一家の出身で […]