ハリルホジッチ前監督の通訳 樋渡群氏とは?涙した理由とは!?n

サッカー日本代表監督を解任されたハリルホジッチ氏の通訳を務めていた樋渡群氏。

今回のハリルホジッチ前監督の解任は樋渡群氏とっても衝撃的なことだったかもしれませんね。

今回はハリルホジッチ前監督の専属通訳として勤めておられる樋渡群氏とはどのような人なのか、報道陣に対応した樋渡群氏が涙した理由についてシェアします

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハリルホジッチ氏の通訳・樋渡群氏とは?

まずサッカーの試合をする上で通訳する人の重要性についてご説明します。

通訳者はサッカーをする上で非常に重要なポジションで試合中に監督が言ったことを素早く理解し、的確に選手へと伝えなければなりません。

そして、練習中も監督と選手の距離を縮めるためコミュニケーションを円滑に行わなければ、監督と選手の関係がうまくいかずに選手のモチベーションも下がってしまいます。

そのためサッカーをする上で通訳者は非常に重要な役割を果たさなければならないことが分かると思います。

ハリルホジッチ前監督がそんな重要なポジションに選んだ樋渡群氏とはどんな人なのかご紹介します。

樋渡群氏の経歴はこちらとなっております。

大学卒業後フランスへ渡仏。

フランスの名門パリサンジェルマンU12監督。

2006年~JFAアカデミー福島、熊本宇城でクロード・デュソー氏の通訳兼コーチ。

2009年~男子U14、15監督。

2012年~女子U18監督。

日本サッカー協会公認A級、仏サッカー協会公認指導者ライセンス取得。

ご覧の通り通訳より監督やコーチの方が多い経歴です。

通訳をする上でサッカーの知識は絶対に必要な知識なので、ここまで監督職が豊富でしたらハリルホジッチ前監督が何を伝えたいか容易に分かると考えられます。

スポンサーリンク

樋渡群氏が涙した理由は?

4月21日ハリルホジッチ前監督が通訳の樋渡群氏と羽田空港に来日し多くの報道陣に囲まれながらインタビューに答えた際に、樋渡群氏が嗚咽を漏らしながら通訳した理由をご説明します。

21日メディアに対応したハリルホジッチ前監督がコメントで次のように発言しました。

「日本に来る時はいつも喜びを持ってますが、今回の状況は少し特別なもの。45年フットボールに関わっているが、難しい状況になっている。何が起きているのか少し分からない。真実を探しに来ました。ゴミ箱に捨てられたような状態で、誇りを傷つけられたことには戦わないといけない」

出典https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/04/22/kiji/20180421s00002014363000c.html

と涙ながらコメントされ、読む限りハリルホジッチ前監督は相当精神的に傷ついてしまわれたご様子の印象を受けますよね。

そのためハリルホジッチ前監督同様、樋渡群氏もハリルホジッチ氏と3年間一緒に行動をしていたため悔しい思いもありますでしょうし、ハリルホジッチ氏の無念の気持ちから涙したと考えられます。

スポンサーリンク

ネットの反応まとめ

樋渡群氏についてネットではどのような反応なのかツイッターを元に集めてみました!

という感じで通訳者としても人気が高く、中にはルックスにインパクトがあり好きになった方や樋渡群氏の経歴にびっくりされた方など多くおられました。

メディアに答える際も樋渡群氏が泣きながら通訳されていたのに対して

「嗚咽を漏らす樋渡群を見ててなんとなく内容はわかる」
「樋渡群は日本代表にいて欲しい」

などの声もあり、通訳者として人気が高い印象を受けました。

スポンサーリンク

ハリルホジッチ前監督の通訳樋渡群氏とは?樋渡群氏が涙した理由とは!?まとめ

日本代表監督の通訳者として退任という悲しい結果になった樋渡群氏ですが、これで日本とは関われないということではありませんね。

なので今後も経験を活かし、日本サッカーの若い世代のスキルを上げていってほしいですね!