乙黒拓斗の大学と学部は?レスリングの通算成績は?

先日の10月22日に行われたレスリングの世界選手権で乙黒拓斗選手がレスリング日本男子最年少世界王者になりました!

日本協会によると、これまでにレスリング日本男子最年少記録は1974年大会を制した高田裕司氏の20歳6ヶ月が最年少世界王者記録になっています。

乙黒選手は試合途中のアクシデントがあったものの、五輪と世界選手権を通じて初の10代金メダリストとなったことにより、今をときめく選手になりました!

今回はそんな乙黒拓斗選手の大学や学部とこれまでの通算戦績についてシェアしたいと思います。

広告

乙黒拓斗の大学と学部は?

それでは、乙黒拓斗選手の大学や学部についてご紹介させていただきます!

まず、乙黒拓斗選手の簡単なプロフィールからご紹介させていただきます。

本名:乙黒拓斗(おとぐろたくと)

生年月日:1998年12月13日

年齢:19歳

出身地:山梨県笛吹市

出身小学校:石和南小

出身中学:北区立稲付中学校

出身高校:帝京高校

大学:山梨学院大学

学部:法学部

身長:172cm

体重:64キロ

血液型:O型

乙黒拓斗選手は、4歳からレスリングを始め、地元の山梨ジュニアレスリングクラブで若い頃から注目を集めていました!

中学に進学すると味の素が主催するオリンピック選手の育成に力を入れているJOCエリートアカデミーに所属します。

高校は帝京高等学校入学すると1年目から全国高校総体で3連覇を成し遂げ、50kg級から徐々に65kg級まで階級を上げながらなんと6冠を獲得していきます。

そして高校卒業後、現在在学している山梨学院大学に入学し、2017年愛媛国体優勝、2018年6月全日本選手権65kg級で優勝するなど大きな活躍をみせます。

そして今回、ハンガリーブタベストで開催された2018年世界選手権にて、乙黒選手は男子フリースタイル65kg級に出場し、見事優勝を成し遂げました!!

乙黒選手はこの時19歳10ヶ月での優勝になりますので、この記録は1974年大会で52kg級を制した高田裕司選手の20歳6ヶ月以来の44年ぶり最年少記録更新となりました。

ちなみに高田裕司氏は、現在乙黒選手が在学する山梨学院大学レスリング部の監督をされています。

監督としてはどのような心境なのでしょうね。

嬉しいような悔しいようなという心境なのでしょうか?

それにしても19歳10ヶ月という異例な若さからの優勝なので、本当にすごいことですよね!

また、乙黒選手が在籍している山梨学院大学は公務員試験に強い大学として知られています。

これは公務員試験対策講座を設けているためで、消防や警察、そして自衛隊への就職率はいずれも全国トップ10に入っています。

特に法学部では、全就職者に占める公務員の割合が約17%と中央大、東大、京大に次ぐ実績を誇るほどのようです!

乙黒選手らそんな山梨学院大学に入っているので強さだけではなく、頭の賢さも兼ね備えているようですね!

広告

乙黒拓斗の通算成績は?

次に、頭の良さや幼少の頃から積み重ねてきた乙黒拓斗選手のこれまでの戦績についてご紹介させていただきます!

こちらが乙黒拓斗選手が過去の成績になっています。

中学
JOCアカデミーにレスリングで入校。
東京都知事杯全国中学選抜選手権47キロ級で2連覇。

帝京高校時代
2014、2015、2016年に全国高校総体を3連覇。

2015年
世界カデット選手権54キロ級で優勝。

2017年
国体成年61キロ級を優勝。

2018年
6月の全日本選抜選手権65キロ級で初制覇。
10月22日ブダペスト世界選手権男子フリー65キロ級で初出場優勝。

ご覧のような成績を残してきました!

乙黒選手は2017年の11月に全日本大学選手権の試合中に左膝じん帯損傷で途中棄権し、12月の全日本選手権では欠場してしまいました。

しかし、2018年今年6月に行われた全日本選抜選手権では初優勝を飾り、怪我してから更に強くなった印象を受けましたね!

そして、今回10月22日に行われたブタペスト世界選手権男子フリー65キロ級で初出場優勝され、同時にレスリング日本男子最年少世界王者を記録されました!

一部メディアでは

「スピードと攻撃的なスタイルを貫き、決勝でインド選手を破った。」

「鮮烈な世界デビューで今大会の日本勢金メダル第一号となり、二〇二〇年東京五輪へ新星が誕生した。」

このように大注目されています!

そして、乙黒選手は大会後インタビューで次のような一問一答をされています。

――世界王者になった。
「東京五輪までに早めに世界選手権で優勝するのが目標だったので、達成できたのはうれしい」

――最年少記録を更新。
「いつも教えてもらっている(高田裕司)監督の記録を超えたのは申し訳ないけど、ちょっとうれしい」

――決勝終了後の心境。
「コーチの顔を見て安心した。やっと大会が終わったという感じ」

――決勝は接戦から一気に突き放した。
「ここまできたら、やるしかないと思った。守っていたら絶対に負けていたし、強気にいけたのが良かった」

――追われる立場に。
「東京五輪はもっと難しいところだと思う。もっと上を見て、自分を高めていきたい。改善すべきところが多くて、ちょっとうれしいかも」

――東京五輪への思い。
「ずっとチャレンジしたいと思っている。全盛期に近い時期に日本で開催される五輪。なおさら出たい」

出典https://www.google.co.jp/amp/s/www.sanspo.com/sports/amp/20181023/spo18102308400004-a.html

今回優勝されたことで乙黒拓斗選手の名前は世界に広がり、各国で注目や対策などされ、今後の試合で勝つのは困難になってくると考えられます。

しかし、それを乗り越えて初めてスターと言われるような存在に変わってくると思いますので、今後の試合でも是非頑張ってほしいですね!

広告

ネットの反応

それでは次に、乙黒拓斗選手についてネット上ではどのような反応なのかツイッターを元にしてご紹介させていただきます!

6分めっちゃ長かった… (;´༎ຶД༎ຶ`)
乙黒拓斗、19歳。レスリング世界王者です!!!
乙黒拓斗さん凄いな
19歳で優勝とか
乙黒拓斗さんに関しては同じ高校の先輩だったら100億パーセント好きになって追っかけする
乙黒拓斗ってカッコ良すぎ(^^;
いろんな事情で昨日の試合写真のアルバムへのアップが遅くなっていますが、一番は乙黒拓斗の得点能力が高すぎる。5試合で67点も取った。ということは私が撮った写真もものすごくて。レスリングで1試合だけで500枚も撮るなんてなかなかない。しかも厳選してセレクトしても55枚も残った。
乙黒拓斗選手がレスリングの世界選手権で、日本男子フリースタイル史上最年少優勝を成し遂げたのか。
日本アマレス界に明るいニュースだ、嬉しいね。
東京五輪に向けても頑張って頂きたい。
東京五輪レスリング日本代表候補
乙黒拓斗さん
乃木坂にハマってるらしい
仲間だ笑笑
おいおい乙黒拓斗タイプ顔だなーー
乙黒拓斗選手が悲願の世界王者に!
昨年国体ではけがからの復活を見事に優勝で果たし
そのまま突っ走り世界の頂点へ一気にかけあがりました
おめでとうございます!!
最後まで手に汗握る素晴らしい決勝でした。最初に乙黒拓斗選手が4点タックルを決めたときは、行ける!と思いましたが、いやいやインド選手強かった。すぐ取り返されて、じわじわと肉薄され、点差はあれど最後までドキドキでした!!

ご覧のようなコメントをされている方がいました!

印象としては、先日行われた世界選手権で最年少優勝されたことに関しておめでとう!や強すぎるなどの声が非常に多い印象でした!

他にも乙黒拓斗選手が乃木坂46のファンということで、仲間だ!というコメントも多数ありました!

また、乙黒選手がイケメンという声も多数ありまして、今回行われた世界選手権で優勝されたことから更に人気が上がったようです!

今回の大会では、乙黒拓斗選手の最年少優勝と見事な活躍でした!

今後の大会でも更なる活躍を期待したいですね!

広告

今回は、乙黒拓斗選手の大学や学部とこれまでの通算戦績についてご紹介させていただきました!

4歳という年齢から競技を始めたのも驚きですが、19歳という異例の年齢から世界選手権での優勝は本当に素晴らしいですね!

乙黒選手はまだまだ若い選手なので、これからの成長が非常に楽しみです!