大谷シフトとは?大谷翔平は攻略できるのか?今後の打撃成績への影響は?

エンゼルスの大谷翔平選手が19日(日本時間20日)のアスレチックス戦に「6番DH」で先発出場しましたが、4打数無安打3三振に終わり、連続試合安打が7で止まりました。

この試合ではアスレチックスの遊撃手が二塁ベースの後ろに守る極端なシフト、「大谷シフト」が話題になりました

今回は大谷シフトと大谷選手のヒットの傾向から見るシフトの有効性とその対策、そして大谷シフトに対するネットの反応についてシェアしたいと思います。

広告
広告

大谷シフトとは?

大谷シフトとは大谷選手が打席に入るとき、遊撃手が二塁ベース後方に守り、三遊間を薄くする一方で一二塁間や二遊間を重点的に守る選手固有の守備シフトのことです。

MLBでは各打者の打球方向の分析が浸透していて、こういった極端な守備シフトを敷くことは当たり前になっています。

特に、こうした守備シフトを敷かれるのはプルヒッターの左打者が多く、去年引退したオルティスやジアンビ、アダム・ダンなどに独自のシフトが敷かれました。

日本では王貞治さんに対して広島カープが敷いた「王シフト」が有名で、現役選手では筒香嘉智選手などに敷かれることが多いです。

また、今年の春の選抜高校野球では滋賀県の膳所高校がデータを駆使した変則的な守備シフトがはまり甲子園を沸かせたことは記憶に新しいですね。

しかし、日本ではMLBほど極端な守備シフトを敷くことは失敗した時のリスクなどの観点から少ないです。

広告

大谷シフトは攻略できるのか

次に大谷選手が大谷シフトを攻略できるのか見ていきましょう。

まず大谷選手の打ち方の特徴についてみていくために、データで楽しむプロ野球様から大谷選手の直近3年の打球方向別打率を調べてみました。

レフト方向の打率は2015年度から

  • .088(57-5)
  • .200(155-31)
  • .108(93-10)

でありどの年も低打率です。

一方、センター方向の打率は

  • .156(32-5)
  • .309(110-34)
  • .441(68-30)

と年々打率が上昇しており、ライト方向の打率は

  • .600(20-12)
  • .672(58-39)
  • .675(40-27)

はどの年も高い打率を維持し続けています。

直近3年の打率推移を見ると、大谷選手は広角に打ち分けるよりは右中間を意識して引っ張って打つプルヒッター寄りの傾向が見られます。

従って、プルヒッターの左打者に対してよく敷かれる守備シフトの対象になり、実際大谷シフトを対戦球団は使いました。

では攻略法は存在するのかということになりますが、この守備シフトはあくまでも内野の守備シフトであり、外野は場面に応じて定位置であったり、前進守備を敷いたりすることはありますが、極端な守備シフトを大谷選手に対して敷くことはまずないでしょう。

つまり、ゴロヒットではなくライナー性のヒットを打つことが攻略法の1つになるでしょう。

また、極端な守備シフトを敷く裏返しでその弊害もあります。

実際に19日の試合の第1打席、1死一塁の場面で大谷選手はシフトにはまり遊ゴロに倒れたのですが、この当たりで一塁走者のシモンズが三塁を陥れ、次の打者コザートがレフト前タイムリーを打ち楽々とホームに帰ることができました。

こうした守備シフトの弊害をエンゼルス側がつくことも大事になるでしょう。

今後、各球団が大谷シフトを積極的に使うことが予想されますが、ライナー性の打球が打てたり、広角に打ち分けたりすることができたら、MLBでも安定した打撃成績を残すことができるでしょう。

広告

大谷シフトに対するネットの反応まとめ

では大谷シフトに対してネットではどのような反応があったでしょうか。

ツイッターやYahooリアルタイム検索では

なんだこの守備シフトは
大谷シフトってえぐいな
大谷シフトすげー

といった極端な守備シフトに対する驚きの他

 

大谷シフト、早速効いているしゃないか
シフトやってはまるのは凄い

といったようにシフトの効果に対する驚きの声といったようにシフトへの驚きの声が多数挙がっていました。

 

大リーガーが大谷相手にシフトを敷くってすごい
大谷シフト=メジャーの強打者の証

といったように、鮮烈デビューから間もなくして対策され始めた大谷選手の凄さを述べたツイートや

 

MLBはこういう対策も早いし、徹底している
さすが、メジャー対策が早い

とMLBの研究や対策の早さについてツイートした反応も数多くみられました。

 

大谷シフトやられたらサードにバントすればいいのに
大谷は打ち取ったけどあのシフト弊害があるな

といったようにシフトの弊害についてのツイートも見られました。

広告

大谷シフトとは?大谷翔平は攻略できるのか?今後の打撃成績への影響は?まとめ

いかがでしたでしょうか。

MLBでは大谷シフトのような極端な守備シフトが普通に行われていますが、それは各球団が対戦相手の各打者の研究・分析に基づく合理的な戦略です。

こういった対策をされ始めたということは大谷選手がメジャーで脅威になっているあかしでもあります。

大谷選手がシフトをどうやって攻略していくのか注目しましょう。