軽減税率でコンビニのイートインはどうなる?外食の定義とは?

2019年10月に消費税が10%に引き上げられることになりましたが、食料品や新聞などは軽減税率の対象品目となり、税率は8%に据え置かれます

この軽減税率の対象品目に「外食」が入らないことで、例えばコンビニのイートインなど、具体的な事例に「8%なの?それとも、10%なの?」とその線引きに疑問の声が多く上がっています。

そこで今回は軽減税率の適用でコンビニのイートインはどうなるのか、他の類似ケースはどうなのか、軽減税率が適用されない「外食」とはどんなものをいうのか、についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

「外食」の定義とは?

軽減税率が適用されない外食

この「外食」の定義とは、どんなものなのでしょうか。

国税庁HPに、軽減税率の適用対象外となる「外食」について、①取引の場所と②取引の態様(「サービスの提供」と言えるか)という点に着目し、ケータリング・出張料理等を含めて、以下の二つの定義がありました。

外食
テーブル、いす、カウンター等の飲食に用いられる設備のある場所で行う、飲食料品を飲食させるサービス

ケータリング・出張料理等
顧客が指定した場所において行う、加熱、調理又は給仕等の役務を伴う飲食料品の提供

(注) 有料老人ホーム等の一定の生活を営む施設において行う一定の飲食料品の提供や学校給食等は、「ケータリング・出張料理等」から除外され、軽減税率(8%)の適用対象となります。

レストランなど、きちんとした飲食店であれば、標準税率の対象だと分かりやすいのですが、世間でも話題になっているコンビニファストフードなど、テイクアウトできるタイプの販売店などは、ちょっと判断が難しいですよね。

政府広報オンラインHPにどういったケースが軽減税率(8%)になるのか、または標準税率(10%)になるのか、具体的な事例が示されていたのでご紹介します。

軽減税率(8%) 標準税率(10%)
イートインスペース付き店舗での持ち帰り販売 コンビニ イートインスペース付き店舗での食事の提供
(トレイや返却が必要な食器で提供される場合、顧客が店内飲食の意思表示をした場合)
テイクアウト ファストフード 店内飲食
そばの出前
ピザの宅配
出前
ケータリングなど
料理代行サービス
ケータリングなど
その屋台に飲食設備がない場合や、持ち帰りの場合 屋台 その屋台に飲食設備が設置され、その設備で飲食させる場合
学校給食
有料老人ホームなどでの一定の飲食料品の提供
食堂など 学生食堂
移動ワゴン販売 列車内など 食堂施設などでの飲食
その他 セルフサービスの飲食店
カラオケボックスの客室での飲食など

引用:政府広報オンライン https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/taisyohinmoku/donna_gaishyoku.html に一部加筆

なお、「店内飲食」も「テイクアウト」もできる販売店では、お店側(販売事業者)が、販売時点で、必要に応じて顧客に意思確認を行うなどにより、判断することとあります。

そして、これが一番“厄介”とされ、各業界で議論を呼んでいるのです。

スポンサーリンク

軽減税率でコンビニのイートインはどうなる?


最近増えてきた、イートインスペースのあるコンビニ。

そのコンビニでイートインする場合は

コンビニのイートインスペースで飲食する場合は、標準税率(10%)

となります。

ただし、この判断は、お店の人が、お客様に、いちいち食料品について持ち帰りかイートインなのか確認することで判断しなければならないのです

日用品や食品など様々な商品を扱うコンビニでは、この「確認作業」をいちいちするのは、実質的に難しいと考えています。

そのため、コンビニ業界では、イートインスペースは「休憩スペース」として、そこでの飲食を禁止し、外食としてのサービス提供をしないことで、コンビニで販売する食料品は全て軽減税率の対象とすることを明確にする方針を財務省に伝えたとのことです。

この方針に財務省・国税庁も一定の理解を示しているらしいのですが、食べることも飲むこともできないスペース、ちょっと買い物に来た人が、果たして休憩していくのでしょうか・・・?

スポンサーリンク

ネットの反応

軽減税率についてのネットの反応をまとめてみました。

軽減税率の対象自体に対する疑問の声あり、生活必需品も対象にして欲しいとの要望の声あり、「よくわからない」との声あり、と色々ですが、どれも不安や心配がベースにあるようです。

消費税が上がると、CD代もDVD代も上がる!ってことは初回A.B通常とか買うと?

下手するともう1枚買えるくらい消費税とられるんだよ!

映画代も雑誌代も上がる!消費税は働いてない小中学生からも容赦なくとる。

そのくせ読まない新聞は軽減税率で8%⁉️こんな勝手な消費税増税許していいの?

増税対策に現金配布とか軽減税率とか・・・

「それなら増税しなければいい」ってのはそれはそうですよね^^;

それにしても「屋台8%」「外食10%」ってなると 「屋台村」なんてどういう扱いになるんでしょうね?(笑)

軽減税率やるなら、飲食物は全部8%その他10%でいい気がするんですが

軽減税率 業種で決めたらどうなるのでしょうか。

例えばコンビニは小売店だからイートインで食べても8%

レストランやファストフードは外食産業だからテイクアウトしても10%

高級食材(外食やケータリング除く)、新聞の購読料とか生活に必ずしも必要じゃないものは8%で、トイレットペーパーとか電気料金とか水道料金とか、低所得者も払わなきゃ生きていけないものが10%とかおかしなことになってる。

軽減税率、今からでもやめられないのかな😔

軽減税率取り入れてるドイツでは、ハンバーガー店でテイクアウトで購入した袋入りの商品を店内のテーブルで食べる人が多数いる。

外食と持ち帰りは消費税かなり違うらしい。

正直にイートインの消費税払って食べる客がテイクアウト組にテーブルを占拠されている!と店に苦情を言う。

当然そうなるよね 💧

軽減税率の外食除外の件 低所得者に向けて、って言ってるけど 独身男性に無理やり自炊でもさせたいんかね

家で自炊するよりも牛丼1杯食った方が安上がりなんだけど

ていうか低所得者向けってなんやねん

軽減税率がワイドショーでよく取り上げられてる。

カナダにも軽減税率あって、カナダの場合は食品は無税!

特にカナダの定義で面白いのがドーナツ🍩 5つまでは外食と見なされて対象外。

6つ以上買うとその場で食すことが不可と判断され食品扱いて無税。

ドーナツ屋で働いてて得た知識

軽減税率、細かいとこまで理解できなそう(°_°)

とりあえず、いま分かることは外食することが減りそうってこと

外食は贅沢で食料品は生活必需品だから軽減税率が適用されるのか。

吉野家で味噌汁だけ頼んでその場で食べたら10% 高級スーパーで高級食材買っても8% 贅沢かどうかは金額で決めたらええんちゃうの?

1万円以上の食材、メニューは10%とか。

現場混乱必至やで。

軽減税率、どう考えても軽減した分のコストを食いつぶすようにしか見えないんだけど、さすがにシンプルに考えすぎなんじゃないのかね
スポンサーリンク

まとめ

2019年10月に消費税が10%になるとのニュースに併せて、「軽減税率」の問題が急浮上してきました。

コンビニでは、店員が客に確認するか、客が自発的に申し出るかして、店内飲食もしくはテイクアウトを確認、その結果で税率が変わります。

あまりに分かりにくく、確認もしづらいことから、コンビニ業界では、今あるイートインスペースを休憩スペースとし、そこでの飲食は禁止して、混乱を避けるとの方針を打ち出しました。

この他にも、ファストフード、フードコート、屋台など、店内飲食とテイクアウトどちらのケースも取り得るケースは多くあります。

いざ消費税10%、軽減税率の適用が始まってから、現場の混乱が最小限で済むように、関係機関にはもう1歩も2歩も踏み込んだ検討を引き続きお願いしたいものです。