井上尚弥のいとこでボクサーの井上浩樹の強さはラブライブ好きのアニメオタクなの?

ボクシングの3階級王者である井上尚弥選手のいとこの井上浩樹選手。

アニメオタクで有名ですが、10月12日に日本スーパーライト級挑戦者決定戦を後楽園ホールで行います。

そこで今回は井上尚弥のいとこでボクサーの井上浩樹選手の強さと戦績、ラブライブ好きのアニメオタクなのかについてシェアしたいと思います。

井上浩樹の強さと戦績は?

井上浩樹(こうき)選手は1992年5月11日生まれ、神奈川県座間市出身のボクサーです。

身長178㎝、ボクサースタイルはサウスポー。

スーパーライト級で現在日本ランク1位になります。

井上尚弥・拓真選手の父親のお兄さんの子どもなので、いとこになりますよね。

プロボクシングでは11戦11勝(10KO)。

その戦績をみていきましょう。

■2015年12月29日ジャクソン・コエラピー選手と対戦し、1RKO勝利

■2016年3月28日サラタン・シットプラカイファー選手と対戦し、1RKO勝利

■2016年5月8日ビモ・ジャガー選手と対戦し、1RTKO勝利

■2016年6月26日ユ・ヒョヌ選手と対戦し、6R判定勝利

■2016年9月4日ヘリ・アンドリヤント選手と対戦し、2RTKO勝利

■2016年12月30日宇佐美大志選手と対戦し、3RTKO勝利

■2017年3月27日藤田光良選手と対戦し、5RTKO勝利

■2017年6月25日ニル・ウィソラム選手と対戦し、1RKO勝利

■2017年8月30日青木クリスチャーノ選手と対戦し、2R棄権にて勝利

■2017年12月30日キム・ドンヒ選手4RTKO勝利

■2018年3月26日ワチラサク・ワイヤウォング選手と対戦し、2RKO勝利

獲得タイトルはアマチュアタイトルのみです。

2008年度国体少年の部フェザー級優勝

2009年度高校選抜ライト級優勝

2010年度国体少年の部ライト級優勝

2015年度国体成年の部ライトウェルター級優勝

2015年度全日本社会人選手権ライトウェルター級優勝

大学を中退してプロ転向しています。

2018年10月12日後楽園ホールにてスーパーライト級2位のマーカス・スミス選手と対戦します。

無敗同士のサウスポー対決。

井上浩樹選手の軽量前に、飲料水一気飲み動画が井上尚弥・拓真選手から送られてきていましたね。

笑えました!

井上浩樹選手は攻撃的と言うより、テクニック重視のアウトボクシング。

フットワークは軽く、スピード感もあります。

今回WBSS2シーズン1回戦を横浜アリーナで勝利したキリル・レリク選手の階級で、1992年の平仲明信さん以来、日本人での世界王者は出ていませんよね。

井上浩樹選手、キリル・レリク選手と試合後写メ撮影していました。

世界で戦うには、日本人が厳しい階級ではありますが、井上家の最終兵器、目指すは世界王者ですかね。

※マーカス・スミスとの一戦は判定3-0で井上浩樹選手が勝利しました!

実は右肘と左足に故障を抱えていたとのことで、苦しい状況での戦いになりましたが、なんとか判定で勝利しましたね。

次は日本王座への挑戦となりますね!楽しみです!

井上浩樹はアニメオタク?

「Yes!」ですよね。

TVにもアニメオタクで出演したことがあるようですが、twitterなどからも十分わかります。

さらに入場曲にラブライブの曲やアニメソングを使う程度で済まず、アニメのキャラクターのお面をつけて入場!など、自らもアニオタぶりを猛アピール中。

入場シーンを振り返ってみて、井上浩樹選手自身「我ながら狂気を感じる」と(笑)。

たまに「ボクシング関係よりアニメ関係についてのコメントや画像の方が多くないですか?」とつぶやきたくなるくらいです。

今回も軽量終わり、パワースポット「ゲーマーズ横浜店」へ行って充電したようですね。

入場曲でリラックス出来て、試合に臨めるようなので良いと思いますが、世界戦とかでいつか流れる日が来るのか・・!?

アニメオタクのプロボクサーとして「エンターテイナー」になりたいそうです。

ネットの反応

拓真君、尚弥君と勝利が続いてるので浩樹君も仲良く勝利して下さいね~
ほんとに尚弥くんたちと仲良しですね 浩樹くんも尚弥くんに続いて、 がんばってください!
パヤノ…ってイジった仕返しでは
精神面はこの二人に鍛えられているのですね
頑張って下さい!して、今回の入場曲は?
さすが井上一族ですね
頑張って下さい!ごーごーぱわふるー!
試合楽しんでくださ〜い 入場曲楽しみにしてます笑

アマチュア戦績では100戦超える戦いをしてきた井上浩樹選手。

その強さとアニメオタクっぷりなギャップ。

ある意味すでに井上家の「最終兵器」ですよね。

強者ぞろいの階級ですので、アニメ同様、カウンターを磨いて世界王者を目指して欲しいですよね。