退職代行サービスとは?弁護士法違反なの?

退職代行サービス」が大きな話題になっていますね。

この「退職代行サービス」とは、退職の意向を、自分に代わって会社側に伝えてくれるサービスです。

色々な理由で“辞めたくても辞められない”会社を辞める一助となる、このサービス。

そこで今回は、「退職代行サービス」とはどういうものなのか、弁護士でなくてもできるのか?弁護士法などに違反しないのか??などについてシェアしたいと思います。

広告

退職代行サービスとは?


「退職代行サービス」とは、

自分の代わりに会社に“退職したい”意思を伝え、退職までの連絡を代行してくれる

という、サービスです。

例えば、どのような状況での利用が考えられるでしょうか?

「退職代行サービス」業者の中でも、メディア掲載実績が業界でNo.1の「EXIT」のサイトに、実際の相談ケースがありました。

CASE1
入社したばかりで、辞めにくい。

CASE2
転職が決まり、本人が数か月前から退職を会社に打診していたのに、退職が認められない。

CASE3
会社に出社せずに、辞めたい。

CASE4
職場が忙しいのがわかっているため、「辞める」と言い出せない。

CASE5
今すぐ辞めたいけど、有給は消化したい。

CASE6
辞めたけど、懲罰解雇が怖い。

CASE7
社長が身内(地元の先輩)で辞めにくい。

参考:EXITホームページ https://www.taishokudaikou.com/

理由は様々ですが、辞めたいのに辞められず悩んでいた方ばかりです。

そうした、“会社を辞めたいけど辞められない方“に代わって、「退職代行サービス」は本人に代わり会社に退職に関する連絡を代行してくれるのです。

広告

退職代行サービスは弁護士法違反じゃないの?

会社を辞めたいけど、辞められない人にとって、とても便利そうな「退職代行サービス」。

最近ではその業者数も増え、ネットで検索すると、先にご紹介した「EXIT」の他にも、多くの「退職代行サービス」業者がヒットします。

これら業者が、「退職に関する連絡の代行」をするだけならば、弁護士法に違反することはありません

しかし、ここで注意しなければならないのが、「退職代行サービスは退職に関する連絡を代行する」のであって、「退職に関する交渉を代行する」わけではないところです。

「退職に関する交渉」とは、例えば、残業代の未払いや退職金の請求など,退職時発生する金銭的な諸問題の交渉です。

この「交渉を代行」できるのは、弁護士(一部のケースでは認定司法書士を含む)だけです。

もし、資格を持たない「退職代行サービス」が、交渉の代行まですると、弁護士法違反(非弁行為)となります。

「退職代行サービス」の利用を考えている方は、利用を考えている業者が、どのような資格に基づいて代行サービスを行っているのか、また、交渉ができる資格がない場合は、非弁行為はしないと説明している業者なのか等、きちんと調べることをおススメします!

また、退職金や残業代の未払いなど、退職に関しての交渉も代行してほしい場合は、退職の交渉を代行している弁護士もいるので、そちらを利用してくださいね。

広告

退職代行サービスの評判は?


では、実際に「退職代行サービス」を利用した人の評判はどうなのでしょうか?

調べてみると、その多くは、利用してよかった、という高評価の声です。

「会社から連絡がこなくて安心した」
「病気になるかと思うほど悩んでいたので、退職できてよかった。」
「依頼した当日に対応してくれた。」

一方で、少数ですが、不満の声もありました。

「料金が高かった」
「後ろめたさがある」

しかしながら、本来の目的である「退職」はできているので、成果に対する不評ではありません。

ようやく最近話題になり始めたサービスのため、口コミや評判はまだ数が少ないです。

それでも、「退職できてよかった」との声があり、一方で「だまされた」、「利用しなければよかった」とネガティブな評判は聞かれなかったことから考えると、退職したいけど退職できない人には、一縷の望みになりえるサービスだと言えそうです。

ネットの反応

「退職代行サービス」についてネットの声を集めてみました。

「良いサービスなのでは?」との声や、退職するときに大変な思いをした退職経験者からは「利用していたかも」なんて声も聞かれます!

退職代行サービス… なんというか、いいところに目付けたな…
退職代行サービスなんて本当は需要あっちゃいけないんだよな… こういうニュースで大元が変わるといいね
退職代行サービスの普及によって 労働者の立場がどんどん上がって 雇う側と同じくらいにまでなれるといいね
とても良いサービスだなあ。あのころに出会ってたら利用してたかもしらん
「退職代行サービスで行えるのは、退職の意向を会社側に伝えることのみで、交渉などは一切行わない」 とのことですが、 それでも予想以上の需要なんですね… 確かに私も病院を辞めるときは、最初に意向を伝えるのが最もハードルが高かったです 看護師など医療職の利用も多いのでしょうか…
10数年前、自分も転職するときに有ったら使いたかったかもw 意思表示してから辞めるまで、精神的ストレスは半端なかった (^_^;)
退職代行サービス人気あるんかや いろんな環境あるんだろうけど、 自分で決めて自分で歩き出せなきゃ意味ないんじゃないかと思ってしまう どうしても自力で辞められない(圧力とか事情とか)なら魅力的なサービスよね

そういう人達が救われるならいいと思う

前に退職代行サービスっていう名前を見た時は、冗談かと思ってたけど、実在するサービスだったとは!😳

偉いさんに退職の意思伝えたら、かなりキレられたんだけど、、

そりゃ退職代行サービス流行るわな、、

退職代行サービスお願いしたら、翌日出社せずに辞められました。 書類の手配や退職の話も全部してくれたし、職場の人間と顔を合わせることなく自由の身です。

これで5万ならアリだなと思いました リピーター割引あるみたいですが利用せずに人生終えたいですね

広告

まとめ

今回は「退職代行サービス」について調べてみましたが、新しいサービスながら、利用者の評判は上々のようでした。

本来なら、「退職」は本人の意思で自由にできるはずです。

それが、職場の雰囲気や、理不尽な圧力で言い出せない、言い出してもなかなか認めてもらえない、など、実際の現場には、そんな問題がまだあるのが現状です。

そんな状況下、スピード感をもって「退職」へ話を進めることができるのなら、とても良いサービスだと思えますよね。

今後どんどん需要が増えそうな予感がしませんか?