大坂なおみの父親の職業とは?コーチとしてはどうだった!?

テニスの全米オープンで日本人として初めて優勝を成し遂げた大坂なおみ選手

テニスは父親のレオナルドさんから教わったそうなのですが、実はレオナルドさんはテニス経験がないとのこと。

いったいどんなお父様なのでしょうか?

いよいよ、今日から東レPPOにも登場する大坂なおみ選手、ますます注目が集まります!

そこで今回は、大坂なおみ選手の父親・レオナルドさんの職業や年齢テニスのコーチとしての評価などを調べたのでシェアしたいと思います。

広告

大坂なおみの父親の職業は?

全米オープンで優勝した大坂なおみ選手

その大坂なおみ選手と大坂まり選手にテニスを教えていたという、父親のレオナルドさんについて調べてみました。

【大坂まり・大坂なおみ選手の父親・レオナルドさん】

本名:レオナルド・マキシム・フランソワ
出身:ハイチ共和国・ジャクメル
国籍:アメリカ
出身大学:ニューヨーク大学

1994年に来日したレオナルドさん、札幌で英会話教室の講師の職につき、翌年の1995年に大阪に移住。

大阪市中央区に住まいを移し、そこでも英会話教室の講師をされていたそうです。

その大阪の地で、後に奥様になる、大坂なおみ選手のお母さま・環さんに出会ったそうです。

じゃぁ、大坂なおみ選手のお父様のお仕事は、英会話教室の講師!と思いきや・・・。

なんと、お父様、ハイチ映画の監督の顔もあるようです。

レオナルドさんが監督した作品は、

セルフィッシュ・ラブ(2006年)
■ハードタイム(2009年)
ボップ・パ・パパ(2012年)
(撮影監督(Director of Photography))

があります。

ちなみに、2006年の「セルフィッシュ・ラブ」には、大坂なおみ選手と、姉のまり選手も出演者(Actors)に名前があります!

ニューヨーク大学出身のレオナルドさん、同大学の演劇学科や映画学科は世界的に有名です。

俳優の伊勢谷友介さんも、東京芸術大学に在籍しながら、ニューヨーク大学に短期留学して映像の勉強をされたことがあるそうです。

もしかしたら、レオナルドさんは大学で映像の勉強をされていたので、映画監督のお仕事もできたのかもしれませんね。

なお現在は、映画監督の仕事もされておらず、英会話講師もしていないようです。

現在は大坂なおみ選手のサポートに徹していらっしゃるようですね。

また、気になるレオナルドさんの年齢について調べてみたのですが、正式には公表されていないようです。

しかし、ニューヨーク大学卒業後、1994年に来日とのことなので、一般的に考えると、卒業した年齢が22~23歳、その後すぐ来日したかは不明なので、少し幅をもたせて推測しても1970年前後の生まれかと考えられます。

よってレオナルドさんの年齢は、45歳~50歳くらいと推測できそうです!

広告

大坂なおみの父親はコーチとしてはどうだったの?

大坂なおみ選手が、全米オープン優勝後に母親の環さんと抱き合ったシーンは、とても感動的でしたね。

その時、父親・レオナルドさんの姿はありませんでしたが、大坂なおみ選手の話では、緊張で試合を見ていられず、ウロウロ歩き回っているとのことでした。

娘の試合が緊張と心配で見られないなんて、本当に娘想いで、かわいらしいお父様ですね。

それも、大坂なおみ選手のテニスのコーチをずっとしていた経緯があるからかもしれません。

大坂なおみ選手がテニスと出会ったのは、3歳の時。

この時、テニスを教え始めたのは、父親のレオナルドさんでした。

ところが、レオナルドさん、バスケットボールやアメフトの経験はあったものの、テニスの経験はありませんでした

それでも、テニスを教えた理由、それは、全米オープンのファイナルで対戦した、セレーナ・ウィリアムズ&ヴィーナス・ウィリアムズ姉妹の試合に感動したからだそうです。

このセレーナ&ヴィーナス姉妹もまた、テニス経験のない実父が指導していたことを知り、レオナルドさんも、大坂なおみ選手、姉のまり選手の指導を決めたとのことです。

その指導方法はとてもユニークで、押入れの襖をネットに見立てて部屋の中でテニスの練習させたりしたそうです。

時には、大坂市靭公園内にある靭テニスセンターのコートで練習もしたようですが、それもスクールに入ってではなく、レオナルドさんが指導されたようです。

レオナルドさん自身も、ウィリアムズ姉妹の試合や、雑誌やビデオを見て独学でテニスを勉強したそうです。

また、ジュニア大会などに出場することなく、試合は最初から一般の大会に出場

それも、ウィリアムズ姉妹がそうしていたから、同じことをした、とのことです。

テニスのために、早々にアメリカに移住など、常に世界で活躍するウィリアムズ姉妹を手本に、“テニスで世界”を意識した行動をとっていました。

テニスには“素人”だったレオナルドさんですが、親子共々に恵まれ身体能力、何でも貪欲に学ぶ勤勉さ、機を逃さない決断力と行動力、なにより自分の子供の能力を信じていたからこそ、大坂なおみ選手が世界に通用する選手に成長できたのでしょうね。

参考にしたい方、多いのではないでしょうか?!

ネットの反応

大坂なおみ選手のお父様、レオナルドさんについてネットの反応を調べてみました。

“愛されキャラ”大坂選手のルーツでもある、父親・レオナルドさんにも、色々注目が集まっています!

芸能界でもそうですけど事務所と親が喧嘩して本人が不安定になるパターンがあって、大坂なおみさんも御父様がグイグイ出て行くタイプっぽいのでそうなってもおかしくなったのをコーチが上手に親とも付き合った訳です。

それが大坂さんの安定感を生み出したのでしょうね。

ここ重要。

大坂なおみのお父さん日本語ペラペラやん(・Д・)

何か日本語学校の先生やとか?

ますます大坂なおみが日本語が喋れない事の意味が解らんよね。。

幼い時からアメリカ暮らしだからって関係無い気が。。

大坂なおみの父親は本当にウィリアム姉妹を目指していたみたいよ。

テニス経験なしの父のコーチ。

ジュニアの大会には出さず一般の大会のみ出場。

理由はウイリアム姉妹がそうだったから(*´▽`*)

大坂なおみさん、映画も出てる。

お父さんの2006年監督作品『Selfish Love』。

子役はどう見ても、MARI & NAOMIだわ。

大坂なおみのお父さんって、フロリダ在住のフィルム・ディレクターで、こんなヘイシャン・ラッパーのMV作ったりしてるんだ。
なるほど、大坂なおみ選手の北海道の祖父に対する言葉に祖父との距離感を感じたが、父親が無職で母親が働いたりスポンサー探ししていたんだな。

そりゃ日本の漁師のお祖父さんとは会う頻度も少ないだろうし、良好な関係の幼少期は過ごしてなさそうだな。

大坂選手のお父さんが試合中緊張しすぎてたびたび失踪してしまう…

って、併走してたくさん練習を積んだお父さんが試合みれないの、ほんのちょっとだけ分かる。

大坂なおみ氏、完全に父親似なんだろうなあという感じがするよね。

ハイチ人男性みがある…

そしてそれとは関係なく貫禄がすごい

セリーナや大坂なおみのように、全く経験のない父親からスパルタ教育を受け、あそこまでのアスリートになったりして、、、

夢は広がるね!((o(´∀`)o))ワクワク

金足農業の吉田君の父親は「思い上がるから褒めたことない」って言うし大坂なおみのコーチは「君ならできる」のいわゆる褒めて伸ばすコーチングでどっちもアスリートとしてだけじゃなくて若いのにすごくしっかりしてて素直な素晴らしい青年に育ってるし、子育って人それぞれやね〜

まとめ

全米オープンで優勝した大坂なおみ選手、実はテニス経験のない父親・レオナルドさんが、コーチをしていたことがわかり、驚きと共に注目が集まっていますね。

その指導方法は、とてもユニークでありながらも、現在の大坂選手の活躍をみると、間違っていなかったことが分かりますね。

その根底には、選手(子供)の能力を信じていた、指導者(親)の姿があるように思います

色々取り沙汰されている、多種目のスポーツ界には、耳が痛い話かも?!