田中将大の登板予定とテレビ放送はある?

MLBのニューヨーク・ヤンキースに所属している田中将大投手が14日(現地時間)のトロント・ブルージェイズ戦に先発し、6回4安打8奪三振2四球無失点の好投で12勝目(5敗)を挙げました。

田中投手はこの勝利で2013年オフにメジャー移籍してから5年連続で12勝以上を達成しました。

今回は今季好調な田中将大投手の最新の登板予定今後の試合中継についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

田中将大投手の最新の登板予定は?

田中将大投手は9月14日のブルージェイズ戦に登板し今季12勝目を挙げました。

9月17日現在、ヤンキースは148試合を消化して91勝57敗とア・リーグ東地区の2位に付けています。

MLBのレギュラーシーズンは全162試合あるので、残り14試合となります。

 

ヤンキースの先発陣は現在、田中投手やルイス・セベリーノ投手、さらに今年からヤンキースにトレードできたJ.A.ハップ投手を軸とした5人ローテションですので、田中投手は登板回避が無い限りあと2試合の登板予定があります。

既に田中投手の次回の登板は20日(日本時間21日)のボストン・レッドソックス戦と発表されています。

そして、このまま順調に試合をこなしていく場合、田中投手のレギュラーシーズンの最終登板は26日(日本時間27日)のタンパベイ・レイズ戦になると予想されます。

 

田中将大投手の試合の中継を見るには?

次に田中投手の試合中継を見る方法についてみていきましょう。

基本的にMLBの試合を視聴する際はBS放送やCS放送、あるいはDAZNのようなインターネット中継になります。

1.NHK・総合テレビ/BS放送(BS1)

NHKの総合テレビやBS1では日本人選手が出場するときは不定期で放送します。

この放送の最大の魅力はBSの衛星契約さえ結んでおけばいつでも大画面のTVで見ることが出来る点です。

 

2.スカパー!(J SPORTS)

スカパー!でもCSによるMLBのテレビ中継があります。

J SPORTSには4チャンネルがあり、基本的にJ SPORTSの4チャンネルが視聴できるセットとプロ野球を視聴できるプロ野球セットの2種類があります。

スカパー!は今なら加入した月の視聴料が無料になるキャンペーンを実施中です。更に加入後2週間は約70チャンネルを視聴料無料で楽しむことができるのです!

このキャンペーンはいつ終了してしまうかわからないので、キャンペーンが開催している最中に申し込んだほうが断然お得なのです!


 

3.DAZN(ダゾーン)

野球やサッカーを初めに、ダーツやビリヤードといったマインドスポーツを含めた国内外130以上のスポーツを配信しているのがDAZNの大きな特徴です。

特にMLBに関しては日本人選手が出場する試合を中心に1日に4試合ほど配信があります。

 

9月17日現在、田中投手が先発予定の20日レッドソックス戦の放送・配信が決定しているのは3.DAZNのみとなっています。

田中投手の登板を是非とも見たい方はDAZNへの契約をお勧めします。


田中将大投手の試合を含めたスポーツ生中継を観るならDAZN(ダゾーン)!初月無料!

今やスマホやPCで生中継を観れるのが当たり前の時代になりました。

いつでも、どこでもスマホと電波さえあれば見ることが出来ます!

しかも初月無料です。

たとえ気に入らなくて無料期間で退会してもまったく問題ありません。

有料継続した場合は月1750円(税抜)ですが、こんな格安で、各界のスーパースターの活躍はもちろん、スタジアムの声援をリアルタイムで感じることが出来るなんて、本当に素晴らしいですね!

昔はテレビのダイジェストでしか見れなかったけど、いまはリアルタイムで見ることができて、歴史的瞬間に立ち会うことができるなんて最高ですね!

大谷翔平選手をはじめ、女子テニス大坂なおみ、MLB・マー君、海外サッカー(夏からはチャンピオンズリーグも加わり完璧に!)、Jリーグ、ボクシングやF1まで!いろいろ見れます。

Jリーグには神戸にあのイニエスタとフェルナンド・トーレスが来たこともあり、ますます見逃せなくなりました!

1ヶ月無料がいつまで続くか分かりませんのでこの機会に是非登録することをお勧めします。

>>DAZNを1ヶ月無料でお試し!

田中将大投手の今後は?

残り試合数があと少ないMLBですが、気になるのはア・リーグのワイルドカード争いです。

現在、ヤンキースは91勝57敗のア・リーグ東地区2位ですが、1位のボストン・レッドソックスは驚異の102勝47敗は2位ヤンキースと10.5ゲームの大差を付けて同地区の地区優勝をほぼ手中に収めています。

そして、ア・リーグのワイルドカード争いですが、ヤンキースは現在1位となっていますが、ワイルドカード2位のオークランド・アスレチックスとはゲーム差なし(90勝59敗)、3位のシアトル・マリナーズとは7.5ゲームの差(82勝66敗)となっています。

このままいくと、ワイルドカードゲームはヤンキースとアスレチックスで決まりますが、ワイルドカードゲームはレギュラーシーズンで勝率が高いチームの本拠地での1回勝負ですので、現在は本拠地というアドバンテージを獲得できるかという争いになっています。

もし、ヤンキースがワイルドカードゲームに勝利した場合、地区シリーズ(ディビジョン・シリーズ)での登板が予想されますが、ワイルドカードゲームに負けた場合は田中投手の今季は終了となります。

現在の調子から考えると田中投手がワイルドカードゲームに先発する可能性もあります。

また、田中投手の来期以降の契約については2013年にメジャー移籍してきたときに7年契約を結んでいましたが、4年目終了段階で契約を破棄してFAになれる「オプトアウト」の権利がありました。

しかし、田中投手は契約4年目となった2017年のオフにこの権利を行使せずにヤンキースに残留しましたので、オフでトレードの話が無い限りは来年度以降もピンストライイプのユニフォームを着てマウンドに臨むでしょう。

ネットの反応

頑張れ!マー君!!
毎年、この時期はパーフェクト!
惑星最高の田中
シーズン前半がもっとよければなあ
ヤバすぎや、かっこいい

 

1950年以降、5シーズン続けて12勝した選手は大リーグで田中将大含めてたった5人しかいない…

やはりマー君はすげー。

 

やっぱ田中将大って神だわ
ここ3試合20イニング連続無失点は凄い
北海道のため元気を!
安定したコントロールと投球内容が素晴らしい

 

プロ野球もMLBも残り試合数が20試合を切り、白熱した優勝争い、順位争いが繰り広げられています。

田中投手も前半戦は7勝2敗と見栄えは良かったのですが、防御率が4.64と精彩に欠いており、15試合に登板して83回1/3しか投げておらず、援護点が多いため勝ちが付いてくるタイプの選手でしたが、後半戦は11試合に登板して1完封を含む5勝3敗、防御率2.15と投球に安定感が見られます。

ア・リーグ東地区は72年ぶりに100勝以上いたアスレチックスの優勝が固いですが、ワイルドカードからの下剋上も見てみたいですね。

 

 


田中将大の試合を含めたスポーツ生中継を観るならDAZN(ダゾーン)!初月無料!

今やスマホやPCで生中継を観れるのが当たり前の時代になりました。

いつでも、どこでもスマホと電波さえあれば見ることが出来ます!

しかも初月無料です。

たとえ気に入らなくて無料期間で退会してもまったく問題ありません。

有料継続した場合は月1750円(税抜)ですが、こんな格安で、各界のスーパースターの活躍はもちろん、スタジアムの声援をリアルタイムで感じることが出来るなんて、本当に素晴らしいですね!

昔はテレビのダイジェストでしか見れなかったけど、いまはリアルタイムで見ることができて、歴史的瞬間に立ち会うことができるなんて最高ですね!

大谷翔平選手をはじめ、女子テニス大坂なおみ、MLB・マー君、海外サッカー(夏からはチャンピオンズリーグも加わり完璧に!)、Jリーグ、ボクシングやF1まで!いろいろ見れます。

Jリーグには神戸にあのイニエスタとフェルナンド・トーレスが来たこともあり、ますます見逃せなくなりました!

1ヶ月無料がいつまで続くか分かりませんのでこの機会に是非登録することをお勧めします。

>>DAZNを1ヶ月無料でお試し!