ハイメ・ムンギアの戦績一覧と強さは?ゴロフキンと対戦したらどうなっていた?

WBA・WBC世界ミドル級タイトルマッチで、ゲンナジー・ゴロフキンVSサウル・カネロ・アルバレスが対戦しますよね。

そのアンダーカードで、WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ、王者ハイメ・ムンギア選手が2度目の防衛をかけてブランドン・クック選手を迎え討ちます。

今注目のハイメ・ムンギア選手、2度目の防衛なるか。

今回はハイメ・ムンギア選手の戦績一覧と強さ、ゴロフキン選手と対戦したらどうなっていたかについてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

ハイメ・ムンギアの戦績一覧と強さは?

本名はハイメ・アローン・ムンギア・エスコベド。

メキシコ出身のボクサーになります。

プロボクシングでは30戦30勝(25KO)。

その戦績をみていきましょう。

■2013年7月13日 マヌエル・モラ選手と対戦し、2RTKO勝利

■2013年8月23日 ルイス・コントレラス選手と対戦し、2RTKO勝利

■2013年10月26日 ベンハミン・ロマニージョ・ウリアス選手と対戦し、ウリアス選手の4R 棄権により勝利

■2013年11月22日 アブラハム・マルケス選手と対戦し、1RTKO勝利

■2014年1月11日 フアン・ベラスケス選手と対戦し、2RTKO勝利

■2014年2月28日 ヘラルド・メンドーサ選手と対戦し、2RTKO勝利

■2014年6月27日 ホセ・アルテアガ選手と対戦し、4R判定勝利

■2014年9月20日 ホセ・マリア・バルデス選手と対戦し、4R判定勝利

■2015年1月10日 アラン・サバラ選手と対戦し、6R判定勝利

■2015年3月14日 フリオ・ナリオ選手と対戦し、4RKO勝利

■2015年7月10日 ホセ・マリア・バルデス選手と対戦し、2RTKO勝利

■2015年12月5日 ガブリエル・アグラモン選手と対戦し、6RTKO勝利

■2016年1月23日 フランク・ベルデスコ選手と対戦し、1RTKO勝利

■2016年4月30日 エジオット・カノ選手と対戦し、5RTKO勝利

■2016年6月18日 セス・カリージョ選手と対戦し、2RKO勝利

■2016年7月30日 オスカル・モラ選手と対戦し、2RKO勝利

■2016年8月13日 ラミロ・アルカラス選手と対戦し、3RKO勝利

■2016年10月22日 アルフレド・チャベス選手と対戦し、1RTKO勝利

■2016年12月10日 アルバロ・ロブレス選手と対戦し、5RTKO勝利

■2017年2月4日 フアン・マシアス・モンティエル選手と対戦し、2RKO勝利

■2017年3月24日 ホルヘ・フアレス選手と対戦し、1RTKO勝利

■2017年4月1日 ガブリエル・アグラモン選手と対戦し、アグラモン選手の2R棄権により勝利

■2017年4月29日 ホニー・ナバレッテ選手と対戦し、10R判定勝利

■2017年7月1日 ミゲル・アンヘル・ロペス選手と対戦し、3RKO勝利

■2017年9月2日 ウリエル・ゴンサレス選手と対戦し、2RKO勝利

■2017年12月9日 パウル・バレンスエラJr選手と対戦し、2RTKO勝利

■2018年2月10日 WBOラテンアメリカスーパーウェルター級王座決定戦にて、ホセ・カルロス・パス選手と対戦し、3RKO勝利、WBOラテンアメリカスーパーウェルター級王座獲得

■2018年3月17日 ホニー・ナバレッテ選手と対戦し、3RKO勝利

■2018年5月12日 WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチにて、サダム・アリ選手と対戦し、4RTKO勝利、WBO世界スーパーウェルター級王座獲得

■2018年7月21日 WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチにて、リアム・スミス選手と対戦し、12R判定勝利WBO世界スーパーウェルター級王座一度目の防衛成功

■2018年9月15日 WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチにて、ブランドン・クック選手と対戦し、3回1分3秒TKO勝ちし、WBO世界スーパーウェルター級王座二度目の防衛成功
アマチュア戦績は128勝10敗。

 

獲得タイトルは

WBOラテンアメリカスーパーウェルター級王座

第14代WBO世界スーパーウェルター級王座

サダム・アリ選手との一戦は話題になりましたよね。

 

スポンサーリンク

ゴロフキンと対戦したらどうなる!?

ハイメ・ムンギア選手の父親は元ヘビー級ボクサーで、ムンギア選手のトレーナーでした。

ムンギア選手の体格は父親譲りですかね。

WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ、サダム・アリ戦は、当初リアム・スミスがアリと対戦予定でした。

スミス選手が皮膚疾患のため出場をキャンセルしたことにより訪れたチャンス。

ムンギア選手はこれをものにし、WBO世界スーパーウェルター級王座獲得をしました。

その後リアム・スミス選手と対戦し、初防衛にも成功しています。

ゴロフキンVSカネロの再選が中止になった際に、ゴロフキン選手の初防衛の相手に名前があがりましたが、コミッションがミドル級で1試合を行っていないことを理由に許可されませんでした。

このときゴロフキン選手と対戦していたらどうなっていたでしょうか。

カネロ選手と同様メキシコのボクサーですが、彼はカネロが好きじゃないようですよね。

過去に

「いつか戦いたい。ケンカじゃなくスポーツとして。

カネロはメキシコでベストファイターですが、メキシカン同士、ベスト同士で戦いたいです」

とコメントしています。

メキシコのボクサーらしく、ムンギア選手はボディー・左フックを得意とし豪快なKO劇を演じてきました。

見ていても破壊力抜群ですよね。

ゴロフキンVSカネロ戦は参考になると思いますが、ムンギア選手は若く、今まさに波に乗る本格派。

同日に試合が行われるとあり、これは楽しみですよね。

接近戦で、左ジャブから狙いを定めたボディー。

相手が沈みかけたとこへ、顔面へ左フックからの連打。

ゴロフキン選手はストレートとフックでプレッシャーをかけてきますが、ムンギア選手は下がりながら・・と言うことはなさそうですよね。

ムンギア選手はまだ大振りなところはありますので、接近戦でゴロフキン選手の右ストレートなどを被弾したら・・・。

かなり面白い試合になるのではないでしょうか。

ネットの反応

I love this guy. He has a bright future.

Would be foolish for him not to.

Easy KO for Munguia

Munguia KO in round 3

(直訳)
私はこの男が大好きです。

彼は明るい未来を持っています。

彼のために愚かではないだろう。

Munguiaの簡単なKO

第3ラウンドのMunguia KO

大振りで荒さが目立つけど上下の打ち分けと当て感がいいね

ワイルダーの小型版って感じ

これだけ見事にサダム・アリを倒したとなると ゴロフキンやカネロとの対戦が観てみたい

それど、チャーロ兄弟との対戦

ムンギアまじ強いよねー!

アリ戦見ててミドル級のフレームやなーと思ってたらやっぱミドルでもやってたのね

今後はチャーロ弟を倒して

ミドルでチャーロ兄倒して

ゴロフキンかアルバレス倒したら伝説になれるね!

ジェラルド・マクラレンを彷彿とさせる選手ですね

まだムンギア選手に対する見方はいろいろな意見がありますが、若いだけに今後さらに話題になりそうですね。

ムンギア選手、10R判定は1度のみ。

早い段階でKOもしくはTKOが多いためスタミナは未知数ですが、階級を変えれば変わる気もします。

かなり前から減量苦も口にしたこともありますから今回の試合ののち、階級を上げる可能性はありますよね。

村田諒太選手とゴロフキン選手の対戦も見たいですが、ムンギア選手との対戦も見たい気がします。

今後の同行に注目ですよね!