ゴロフキンVSカネロ・アルバレスのテレビ放送する!?結果も予想!

ゲンナジー・ゴロフキンVSサウル・カネロ・アルバレスのWBA・WBC世界ミドル級タイトルマッチが9月15日(日本時間9月16日)に行われます。

疑惑の判定から1年、因縁の対決になりますね。

今回はゴロフキンVSカネロ・アルバレスの再戦の放送やテレビ中継、その結果予想についてシェアしたいと思います。

広告

ゴロフキンVSカネロ・アルバレスのテレビ放送は?

もちろんではありますが、日本での民放放送はありません。

この試合は9月16日午前11時からWOWOWで独占生中継されます。

しかもゲスト解説は村田諒太選手

いずれ戦うであろう選手を前に、村田選手はどんな視点から解説するかも興味深いですよね。

これはいろいろな意味で見逃せない試合になりましたね!!

WOWOWを見るためには?

条件として、「BS環境があること」です

これは大抵のマンションであれば満たしていることが多いです。

一軒家の場合ケーブルテレビのJ-COMなどと契約していれば大丈夫です。

とりあえず以下の方法で確認できますので確認してみてください!

・テレビをつけてリモコンの「BSボタン」を押し、「チャンネル9」をおす

・「受信できません」「エラー202」と出なければBS環境は整っていると言える

登録前に必要なのは、クレジットカードの情報とB-CAS番号です。

B-CAS番号って何?と思うかたもいるかも知れませんが、地デジ放送であれば皆さんお持ちのはずですね。

B-CAS番号は以下の動画で2つ確認方法を紹介しています。

まとめ

1、BS環境があることを確認
2、クレカ情報とB-CAS番号を用意
3、WOWOW公式サイトより、申し込みページのフォームを入力
4、15分程で視聴できるようになります。

料金は?

最低支払料金は2484円(税込み)となります!

高いと思いますか?私は激安だと思います。

なぜなら現地まで行って観戦したとすると、チケット代や交通費、宿泊費などいくら掛かるかわかりませんよね…

そう考えるWBA・WBC世界ミドル級タイトルマッチ:ゲンナディ・ゴロフキン vs サウル・カネロ・アルバレスを2500円弱で見ることが出来るというのは本当にお得だということが分かります。

他にも見逃せない試合がたくさんあるので、是非チェックしてみてください!

*最低支払額で終えたい人は2か月以内に解約をすることになります。

一度契約すると途中解約するとしても2か月間はサービスを楽しめます。

 

>>ゲンナディ・ゴロフキン vs サウル・カネロ・アルバレスを見るならWOWOWで!
村田選手は解説しながらも、2人を目の当たりにして、ロブ・ブラント選手との10月20日の対戦にさらに気持ちが入るのではないでしょうか。

ちなみに村田選手の2度目の防衛戦となるVSロブ・ブラント戦はDAZNでの独占生中継となります。


村田選手の2度目の防衛戦を含めたスポーツ生中継を観るならDAZN(ダゾーン)!初月無料!

今やスマホやPCで生中継を観れるのが当たり前の時代になりました。

いつでも、どこでもスマホと電波さえあれば見ることが出来ます!

しかも初月無料です。

たとえ気に入らなくて無料期間で退会してもまったく問題ありません。

有料継続した場合は月1750円(税抜)ですが、こんな格安で、各界のスーパースターの活躍はもちろん、スタジアムの声援をリアルタイムで感じることが出来るなんて、本当に素晴らしいですね!

昔はテレビのダイジェストでしか見れなかったけど、いまはリアルタイムで見ることができて、歴史的瞬間に立ち会うことができるなんて最高ですね!

大谷翔平選手をはじめ、女子テニス大坂なおみ、MLB・マー君、海外サッカー、UEFAチャンピオンズリーグ!

Jリーグ、ボクシングやF1まで!いろいろ見れます。

Jリーグには神戸にあのイニエスタとフェルナンド・トーレスが来たこともあり、ますます見逃せなくなりました!

1ヶ月無料キャンペーンがいつまで続くか分かりませんのでこの機会に是非登録することをお勧めします。

>>DAZNを1ヶ月無料でお試し!

 

 

ゴロフキンVSカネロ・アルバレスの2017はどうだったの?

ゴロフキンVSカネロ・アルバレス戦は2017年9月16日に、今回同様アメリカのネバダ州ラスベガスのT―モバイル・アリーナで行われました。

ゴロフキン選手が終始主導権を握り、強烈なジャブ、パワーでカネロ・アルバレス選手を上回ったと思われる試合でしたが12回を戦い抜き、ジャッジの採点が三様に別れドローに終わりました。

このジャッジにはいろいろな意見があり、遺恨の残るかたちになりました。

そのためすぐに再選を望む声が多かったのですが、当初の予定で再戦は2018年5月5日でした。

ところがカネロ・アルバレス選手のドーピング違反のため中止になりました。

そのことで半年間の出場停止処分が8月に解除されるのを前提に、今回の再選が組まれました。

「疑問の残る判定」に「ドーピング違反」と何かと騒がしいこの2人の再選ですが、おかげでファイトマネーが上がったことは間違いないですよね

ゴロフキンVSカネロ・アルバレスの再選を予想!

前回のドロー試合から予想するに、今回は2人とも決着をつける気で臨むことは間違いないと思います。

前回同様、ゴロフキン選手が前に出続けて変幻自在なストレートとフックでプレッシャーをかけ続けてくるでしょう。

それに対して、カネロ・アルバレスは前回同様下がりながらのコンビネーションでは印象が良くないでしょうから、左ジャブと右ストレートで攻め続けられるか。

ボクシングファンとしてはKOも期待しますが、予想はどちらかの判定勝利ではないか、と言う意見が多いですね。

ゴロフキン選手がKOされる姿が想像できないこともあると思いますが・・。

前回試合はいわくつきではありますが、年間最高試合に選ばれるくらいの激戦でした。

今回もゴロフキン選手優勢ではありますが、意見が分かれるのもわかる気がしますよね。

カネロ・アルバレス選手もこの間で膝を治療し、万全の状態でリングに上がってくるのでしょうから、前回より激戦の予感がします。

どちらにせよ、世界が注目する一戦であることは間違いないですよね。

 

ネットの反応

ゴロフキン戦はトップギアを維持し続けられるかどうかがポイント
初戦はファイトマネーが7対3であったことから、今月発表されたアスリートの稼ぎトップ100では、カネロは約50億円で15位、ゴロフキンは約28億円で72位だった。

1位のメイウエザーに試合を邪魔された不運もあったが、今度はお互い、最終的にはかなりのファイトマネーになるだろう。

どちらかが、来年のトップ10に入りそう。

カネロの方が興行価値が高いですしゴロフキン はよく粘りましたね。

公平な立場を考えればラスベガスではなくニューヨークを会場にしてもよかったと思います。

ドーピング疑惑でゴロフキンびいきな人多いけど、カネロはやっぱり強い。

初戦でも クリーンヒットはカネロのほうが上だった。カネロが有利だと思う。

過程は何にせよ、この二人の対決がまた見られるのはうれしいなぁ
なぜアルバレスの方がファイトマネーが高いんだろ?

村田諒太選手がどう解説するのかを気にしながら、今年一番のビックマッチと言われるこの一戦を見たいと思います。

そして近く実現するかもしれない村田諒太選手VSゴロフキン選手も楽しみにしています!

どうあれ「決着」をつける試合になることでしょうから、まずはこのビックマッチに注目です。