堂安律の高校やプレースタイルは?韓国人という噂は本当?

キリンチャレンジカップに臨む、森保一監督率いる日本代表(A代表)ですが、堂安律選手や中島翔哉選手といった東京オリンピック世代を含む7人がA代表初選出となりました。

初選出された選手の中でも堂安律選手はポスト本田圭佑として大いに期待されています。

今回は堂安律選手の高校やプレースタイル、そして韓国人という噂についてシェアしたいと思います。

広告

堂安律選手の高校は?


 

まずは、堂安律選手の簡単なプロフィールからみていきましょう。

堂安律(ドウアン・リツ)
生年月日 1998年6月16日(20歳)
出身地 兵庫県尼崎市
172cm/70kg
所属チーム ガンバ大阪U-23→ガンバ大阪→FCフローニンゲン(オランダ1部)
利き足 左足

堂安選手は小学時代に地元の浦風FCや西宮SSに所属していましたが、中学に進学する際、ガンバ大阪と名古屋グランパスからオファーを受けて、ガンバ大阪のJr.ユースに入団し、オランダ1部のFCフローニンゲンにレンタル移籍(後に完全移籍)するまでガンバ大阪に在籍していました。

堂安選手は幼い頃からサッカーの才能を発揮して、2012年には史上初のU-15世代の3冠(JFAプレミアカップ、クラブユース選手権、高松宮杯)を達成し、高校生になると16歳344日の若さでACL決勝トーナメント1回戦のFCソウル戦で公式戦デビューを果たし、その1週間後のJ1第10節の鹿島アントラーズ戦でクラブ史上最年少デビューを果たしました。

公式戦とJ1初デビューは奇しくもガンバユースの先輩にあたる宇佐美貴史選手の記録を抜くもので、FCソウル戦でのデビューは宇佐美選手と全く同じシチュエーションでした。

堂安選手は元々追手門学院高校に進学していました。

この追手門学院高校の系列校にあたる追手門学院大学はガンバ大阪のオフィシャルパートナーですので、進学にも多少影響しているかもしれません。

しかし、堂安選手はガンバユース、そして3年生からはトップチームに昇格したことから.学業との両立を兼ねて通信制の向陽台高校に編入しています。

この向陽台高校の先輩にも宇佐美選手がいるので、宇佐美選手からの助言があったかもしれませんね。

 

広告

堂安律のプレースタイルは?

まずは堂安選手のプレー動画を見てみましょう。

堂安選手は身長が172cmと小柄なため重心が低く、俊敏性に優れていてリズムが早い点やスピードに乗りながら走る方向を変えられる点が特徴的です

ガンバ大阪の大先輩で、利き足が左足で身長が173㎝の家永明博選手に似ていますね。

利き足が左足ということもありシュートは大体が左足です。

ただ、シュートの威力だけでなく、ゴール隅やキーパーの股抜けを狙った正確さも兼ね備えています。

今後、日本代表でのポジションは利き足が左ということもあり、本田圭佑選手のような攻撃的な右サイドがメインと見られていますが、スピードや運動量を考慮して左サイドのウイングになるのも面白いかもしれません。

堂安律は韓国人なの?

堂安選手は苗字の「堂安」が珍しいこともあり、国籍、特に韓国人なのではないかという噂があります。

まず、この「堂安」という苗字ですが、近畿地方に約140世帯ぐらいしかいない本当に珍しい苗字です。

さらに、代表選では国籍違反はタブーですし、本当に二重国籍ならばJFAが調べています。

結論になりますが、堂安選手が韓国人という噂はデマです。

堂安選手のご両親が日本国籍ということもそうですが、もう1つ理由があります。

そもそも韓国の苗字は286種類あり、ほとんどの苗字が漢字1文字です。

そして、いわゆる「通名」を使うときは苗字の最初の漢字から派生するケースが多いです。

そこで、堂という漢字をハングル表記にすると「당」になりますが、韓国の苗字で「당」に該当するのは「唐」という漢字です。

この点から見ても、堂安選手が韓国籍である可能性はないと推測できます。

また、堂安選手がベトナム国籍ではないかという噂も少しありましたが、これも違います。

これは堂安選手がアルファベット表記になると「DOAN」となりますが、この「DOAN」はベトナムの苗字「DOAN(段)」にもあるので、勘違いした人がいたというのが真相でした。

広告

ネットの反応まとめ

楽しんでコスタリカに勝ってほしい
もう堂安律は本田圭佑やん笑
堂安律が若い時の本田みたいになってきて凄い期待できる存在になってる
堂安律の溢れ出るホンダ感
左利きのドリブラーが大好きな自分としては堂安律は本当にワクワクする
本当にメンタルが凄い
楽しみな選手の一人
本番は5大リーグに行ってから
堂安と中島で見たいなあ
ガンバサポの希望の星

代表引退した本田圭佑の代わりの新世代として堂安選手が注目されていますね。

東京オリンピックでも、そしてA代表でも今後の日本代表の中核を担う選手の1人です。

堂安選手には組織力もそうですが、「個の力」で得点できるポイントゲッターになってほしいです。