塚原千恵子の息子は直也で国籍が違う!?若い頃は凄かった!?

体操協会のパワハラ問題で、速水佑斗コーチにパワハラを受けたとされていた宮川紗江選手が記者会見を開き連日報道番組で取り上げられています。

宮川紗江選手の記者会見内容は、速水佑斗コーチの暴力はあったものの今後も東京オリンピック出場に向けて速水佑斗コーチの指導を希望しているようです。

それだけでも充分注目される内容ですが、更に塚原千恵子強化本部長からパワハラを受けたという衝撃の発言から塚原千恵子さんがパワハラをしたのかについてや夫である塚原光男副会長や息子の塚原直也さんも注目されています。

今回は塚原千恵子さんの息子の塚原直也さんと、塚原千恵子さんの若い頃についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

塚原千恵子さんの子供は直也さんで国籍が違うの?

今回の件で、塚原夫婦の息子塚原直也さんの国籍が違うとの情報があったので調べてみました!

まずは塚原千恵子さんと塚原光男さんのプロフィールをご紹介します。

〇塚原千恵子さんのプロフィール

▪ 旧姓/小田

▪ 生年月日/1947年8月12日

▪ 出身地/長崎県

▪ 身長/155 cm

▪ 得意種目/ゆか

▪ 学歴/(出身高校)長崎県立長崎西高等学校

(出身大学)日本体育大学

〇大会実績

(1967年)

▪ 全日本学生体操競技選手権大会で個人総合 優勝

▪ 夏季ユニバーシアード女子団体 金メダル

(1968年)

▪ メキシコシティーオリンピック女子個人総合 19位(女子団体 4位入賞)

(1969年)

▪ 第23回全日本体操競技選手権大会 優勝

▪ 全日本学生体操競技選手権大会 優勝

▪ NHK杯体操選手権 優勝

(1970年)

▪ 第17回世界体操競技選手権団体 4位

上記は塚原千恵子さんが、4年間に出場した大会です。

その後1972年に現役を引退して、1984年にはロサンゼルス体操女子のチームリーダーや2008年北京オリンピックでは体操女子監督に就任しています。

また塚原体操センターの取締役や朝日生命体操教室副校長・日本体操協会の女子体操競技強化本部長など務めているようです。

〇塚原光男のプロフィール

▪ 生年月日/1947年12月22日

▪ 出身地/東京都北区

▪ 種目/男子体操競技

▪ 学歴/(出身高校) 國學院高等学校

(出身大学)日本体育大学体育学部

〇大会実績

(1968年)

▪ 全日本選手権つり輪優勝

(1968年)

メキシコオリンピック団体総合 金メダル

(1969年)

▪ 全日本選手権 跳馬優勝

(1970年)

▪ 全日本選手権 ゆか、鉄棒優勝

(1971年)

▪ 全日本選手権 つり輪優勝

(1972年)

▪ 全日本選手権 鉄棒優勝

ミュンヘンオリンピック団体総合 鉄棒金メダル

上記以外にも数多くの大会に出場していて、1975年にはロンドンワールドカップ 鉄棒・つり輪で金メダルや1976年のモントリオールオリンピック団体総合の鉄棒で金メダルなど多数の実績があります。

そして現在は日本体操協会副会長を務めていて、その他にも日本オリンピック委員会(JOC)の理事・塚原体操センターの代表取締役・朝日生命体操教室の校長など様々な役職に就任しているようです。

 

ともに体操選手だった2人は、交際して25歳のときに結婚したそうです。

そして2人の間に生まれたのが塚原直也さんです。

〇塚原直也さんのプロフィール

▪ 生年月日/1977年6月25日

▪ 出身地/東京都

▪ 身長/166cm

▪ 体重/63kg

▪ 種目/体操競技

▪ 所属/朝日生命体操クラブ

▪ 学歴/(出身高校)明大中野高校

(出身大学)明治大学

〇大会実績

(1997年)

▪ 世界体操競技選手権 個人総合・平行棒 銅メダル

(1999年)

▪ 世界体操競技選手権 個人総合・平行棒 銀メダル

(2003年)

▪ 世界体操競技選手権 団体総合 銅メダル

(2004年)

アテネオリンピック 団体総合 金メダル

(2006年)

▪ 世界体操競技選手権 団体総合 銅メダル

アテネオリンピックを見ていた方はご存じだと思いますが、アテネオリンピックの体操団体に出場して金メダルをとった塚原直也さんが塚原夫婦の息子です

塚原直也さんは11歳のときに体操を始めて、8年後にオリンピックに出場しているので流石ですよね。

ですが2008年に行われたNHK杯で8位に入賞しましたが、残念ながら北京オリンピックの代表から外れてしまいました。

その後も選手を続けながら、父でもある塚原光男さんが校長を務めている塚原体操センターにて技術アドバイザーとして指導側でも活躍されていたようです。

選手兼指導として活動していた塚原直也さんですが、2009年にオーストラリアに体操留学をしてオーストラリアの国籍取得を目指します

オーストラリア国籍を取得して、ロンドンオリンピックへ出場を目指していたようですが国籍の手続きが間に合わなかったため出場できませんでした

オーストラリア国籍を取得できたのが2013年4月で、オーストラリア代表としてリオデジャネイロオリンピックへ出場を目指して日々練習を行いましたが2016年のオーストラリア代表選考会で3位に入るも残念ながら代表選手から外れてしまいました。

そして塚原直也さんは2016年3月に現役選手を引退しましたが、現在もオーストラリアの国籍のままで塚原夫婦が経営している朝日生命体操クラブへ所属しているとのことです。

日本国籍の再復帰の手続きをしていると情報もありますが、実際はどうなのか詳細は分かっていません。

また塚原直也さんは、既婚者で子供は男の子が2人いるようです。

上記のような経緯で、塚原直也さんは日本国籍からオーストラリア国籍に変えて現在もそのままです。

 

スポンサーリンク

塚原千恵子の若い頃は!?

塚原千恵子さんは小学校のときに、クラッシックバレエを習っていて宝塚歌劇団に憧れていたようです。

詳しい理由は分かっていませんが、高校入学をきっかけに体操を始めてバレエを辞めちゃったそうです。

バレエを辞めたとしても、体操であればバレエで身に付いたものをいかせそうですよね!

大学は日本体育大学で、入学してすぐにレギュラー入りするなど実力を発揮しています。

そして大学2年の1967年に行われた、全日本選手権(個人総合)に出場して優勝し体操の女王と呼ばれるようになったそうです。

その後は、塚原千恵子さんのプロフィールでご紹介した大会実績の通り様々な大会で結果を出しています。

またネットでは塚原千恵子さんの若い頃、美人だったという声が上がっています!

そのときの画像をネットで探したのですが見付けられず、現役時代ではありませんが塚原直也さんを出産後出版した本に家族写真が載っていました!

報道番組で塚原千恵子さんの現役選手時代の写真が出ていて見たのですが、現在と違い塚原千恵子さんの若い頃は細くて綺麗な方でした。

ネットの反応

塚原千恵子の若い頃について、ネットでどんな反応があるのでしょうか?

塚原千恵子氏若い頃きれーだなー
塚原千恵子、現役時代、可愛かったねー
塚原千恵子 若い頃ベッピンさんやんか(笑) 今は…なんなの〜〜_| ̄|○
日馬富士と言われてますが小田(塚原)千恵子、現役時代はキレイだったのですよ。とりあえず美男美女カップルだったのに。
塚原千恵子さんの容姿の変貌ぶりにびっくりした。綺麗な人だったんだよ。もう70歳らしいから仕方ないけど😔具志堅もすっかり老けて😳みんな歳をとったんだな😰勿論、私も😓
塚原千恵子って 昔はキラキラして 美人だったのに
体操の塚原千恵子さん、ご病気なんかな。現役時代の姿を見ながら アスリートの現役後の自身の処しかたを考える。 美しいままの方と、別人になってしまう方と大きく分かれるね。
塚原千恵子って人…かつては小綺麗な選手だったのに、今ではこんな婆さんになってしまって…… 時の流れって恐ろしいな 外見だけじゃなくて心まで……
塚原千恵子って人、昔痩せてて綺麗なのに今スゴイね
塚原千恵子の若い頃の写真見たら、こりゃうちの親がなんでこんなに太っちゃったんだろうって言うわな…

Twitterより引用

塚原千恵子さんについてネットでは、若い頃は痩せてて綺麗やキラキラしてたなどの声が上がっています。

また多かったのが、昔は綺麗だったのに今はどうしたの?や残念・年齢的に仕方ないなどの声が目立っていました。

スポンサーリンク

今回は塚原千恵子さんの息子の塚原直也さんと、塚原千恵子さんの若い頃についてシェアしました。

現役時代を知らない私は、現役時代の塚原千恵子さんが美人だったことに対してビックリしました。

塚原家が体操一家なのはわりと有名だったようですが、息子がオーストラリア国籍の既婚者で男の子が2人いるということなので将来は体操選手として活躍されるかもしれませんね。

でもその前に、東京オリンピックが迫っているので今回問題となっているパワハラ問題が早期解決されるのか気になるところです。