金足農業高校吉田輝星の進路は!?進学するならどこ?U18での活躍はあるか!?

今年の高校野球夏の甲子園大会は大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じましたが、今大会で最も輝いた選手と言っていいのが、秋田県代表金足農業高校の吉田輝星選手です。

大会ナンバーワン投手の呼び声も高い中、1回戦から準決勝までの5試合を一人で完投。

決勝戦では疲労から本調子になく、打ち込まれましたが、その投球は多くの人の心を打ち、今回はU-18日本代表にも選出されました。

今回はこの吉田輝星選手の進路、今後についてシェアしたいと思います。

広告

吉田輝星の進路や進学先は?

吉田輝星選手の進路ですが、これだけの投手なら当然プロのドラフトにも指名されるはずですが、プロには進まない可能性もあるのです。

というのも、今大会開幕当初は、吉田選手は進路について、大学に進学、それも青森の八戸学院大学に絞っていたからです。

大学に進学となると、多くの大学からのスカウトがあるはずですが、八戸学院大学は早くから吉田選手の能力に目をつけ、これまで良好な関係を築いてきました。

なので、進学するとしたら八戸学院大学になることでしょう

八戸学院大学は西武の秋山翔吾選手をはじめ、複数のプロ野球選手を輩出している大学ですし、能力を伸ばす環境としては良いのではないでしょうか。

もちろん、甲子園での活躍を踏まえ、進路をプロに変更する可能性も十分にありますので、今後の動向に注目したいところです。

広告

吉田輝星はU18で活躍できる?

U-18日本代表に選出された吉田選手、日本代表としてアジア選手権に臨むわけですが、アジア選手権でも活躍が期待されます。

プロ野球の解説者も、多くがプロで通用するというコメントをしているので、U-18ならばアジアでも通用すると考えるのが自然かと思います。

ただ、今回の甲子園大会で800球、地方大会から数えると1500球を超える投球をした後なので、故障や体調が心配ではあります。

まずは体をしっかり休めてほしいところです。

ネットの反応

一躍ヒーローとなった吉田選手、その進路についてはまだ分かりませんが、ネットの反応はどうなっているでしょうか。

プロ行くなら「治療含め」考えた方が良さそう
プロへの気持ちがあるなら早くプロへ行くべき。

大学行ったらハンカチ斎藤の道でしょ。

最悪、島袋みたく壊れてしまうケースもあるわけで。

投げすぎた肩肘や悲鳴をあげてる下半身のリハビリという事も考えたら、進路はプロ野球がいいと思うな。

環境面で雲泥の差があると思うしね。

金足農 吉田 輝星くんは昨年夏の秋田県大会決勝で敗れたあと八戸学院大学の正村監督の指導を受けて更に良くなった。

吉田くんの この夏の活躍で進路も難しい選択になりそうです。

国体後に進路表明でしょうか。

進路先が八戸だろうと東京六大学であろうと、吉田くらいの完成度がある投手が大学で4年間遠回りする意義をさほど感じないので、わしとしてはプロに行ってほしいかな。

やはりあれだけの投手ですから、プロに入ってほしいという声が多数を占めています。

また、体のケアの面でもプロの方が良い環境なのではないかという意見も見かけられました。

広告

今大会での吉田選手の熱投には感動させられました。

また、エースとして登板過多ともいえる投球は、選手の健康維持という観点からも問題を投げかける熱投となりました。

ただ抑えるだけではなく、いろいろな面で話題になるというのはスター性といえるかも知れませんね。

進路についてはプロか大学かは分かりませんが、悔いのない決断をして、どちらの道を選んだとしても、これから大きく羽ばたいていってもらいたいと思います。