大阪桐蔭高校野球部メンバー2018の出身中学は?監督と注目選手も紹介!

夏の高校野球甲子園大会、北大阪代表は、優勝候補筆頭の大阪桐蔭高校です。

ここまでも、1回戦で栃木代表の作新学院、2回戦で南福岡代表の沖学園、3回戦で富山代表の高岳商、準々決勝で南埼玉代表の浦和学院を破って、準決勝に進出しています。

2年連続10回目の出場となる大阪桐蔭高校、今回のメンバーはどうなっているでしょうか。

今回は、大阪桐蔭高校野球部のメンバー、戦力と監督についてシェアしたいと思います。

広告

大阪桐蔭高校のメンバーは?

大阪桐蔭高校のベンチ入りメンバーは以下のようになっています。

1 柿木 蓮(3年) 多久市中央中(佐賀)
2 小泉 航平(3年) 御坊市河南中(和歌山)
3 石川 瑞貴(3年) 堺市泉ヶ丘東中(大阪)
4 山田 健太(3年) 稲沢市千代田中(愛知)
5 中川 卓也(3年) 大阪市長吉中(大阪)
6 根尾 昴(3年) 飛騨市古川中(岐阜)
7 宮崎 仁斗(3年) 組合立式下中(奈良)
8 藤原 恭大(3年) 豊中市第五中(大阪)
9 青地 斗舞(3年) 富田林市貴志中(大阪)
10 横川 凱(3年) 米原市大東中(滋賀)
11 井阪 太一(3年) 奈良市春日中(奈良)
12 飯田 光希(3年) 板野町板野中(徳島)
13 宮本 涼太(2年) 寝屋川市第一中(大阪)
14 俵藤 夏冴(3年) 今治市西中(愛媛)
15 青木 大地(3年) 木津川市木津第二中(京都)
16 中野 波来(2年) 淡路市岩屋中(兵庫)
17 奥田 一聖(3年) 札幌市栄南中(北海道)
18 森本 昂佑(3年) 神戸市魚崎中(兵庫)

 

以上が大阪桐蔭高校のベンチ入りメンバーとなります。

北海道から九州まで全国から精鋭が集まっていると言ったところですが、やはり関西出身のメンバーが中心になっていますね。

広告

大阪桐蔭高校の注目選手は?


 

大阪桐蔭の場合、レギュラー全員が注目選手と言っていいと思いますが、その中でも注目はドラフト1位候補の根尾昂選手と藤原恭大選手でしょう。

根尾選手は1年の時から試合に出場していて、投打ともに一流の力を見せていました。

3年の今年も投打両方で活躍しています。

投手としては、最高148キロの直球と、スライダー、カーブとチェンジアップを持っています。

下級生の頃は力みもあったのかコントロールが荒れることもありましたが、その点でも成長が見られます。

また、野手としては、高校通算29本のホームランを放つスラッガーでありながら、俊足、強肩、好守と、非の付け所のないスーパー高校生です。

一方の藤原選手ですが、根尾選手を押しのけて4番に座る外野手です。

今大会でもすでに3本のホームランを打っているように、長打力は十分。

高校通算では32本のホームランを打っています。

打席での集中力は根尾選手すらもうらやむほどだという藤原選手、こちらもセンターを守っていると言うことからも分かるようにずば抜けた俊足で、その俊足を活かした外車守備は高校生の中では突出しています。

投手の中心は根尾選手と、背番号1と背負う柿木蓮選手。

最速151キロの直球に加え、スライダー、フォークをテンポ良く投げ込みます。

去年の甲子園ではサヨナラヒットを打たれた柿木選手、リベンジへの思いは強く、今大会でも相手を圧倒するピッチングを続けています。

広告

大阪桐蔭高校の監督は?

大阪桐蔭高校の監督は西谷浩一監督です。

西谷監督は1969年生まれの48歳、兵庫県出身です。

報徳学園高校、関西大学を経て、母校・報徳学園のコーチに就任します。

その後、大阪桐蔭に移り、1998年、監督に就任しました。

その後の活躍はご存じの通りで、甲子園でも2018年春までに6度の優勝を果たすなど、強豪としての地位を確立する一方で、多くのプロ野球選手を輩出しています。

広告

今回は大阪桐蔭高校を紹介しました。

優勝候補筆頭ということでプレッシャーもあるかと思いますが、これまではしっかりと勝ちきってきていますね。

今回は3選手しか紹介できませんでしたが、他の選手も一流の精鋭が揃った「銀河系軍団」なので、一番の課題と言えば、しっかりと自分の力を出す、ということに尽きるでしょう。

今大会で優勝すれば史上初の2度目の初夏連覇ということで、その瞬間が見られるなら見てみたい気がしますが、どうなるかはもちろん分かりません。

しかし、このチームは、歴史的な偉業に値するチームであることは間違いないところだと思います。