報徳学園高校野球部メンバー2018の出身中学は?注目選手は?

高校野球夏の甲子園大会、東兵庫代表は報徳学園高校に決まりました。

報徳学園高校は大会第7日に福島代表の聖光学院に勝利し、大会第12日に西愛知代表の愛工大名電と対戦します。

夏は8年ぶり15回目の出場となる報徳学園ですが、今年の戦力はどのようになっているでしょうか。

今回は2018年夏の甲子園に出場する報徳学園野球部のメンバーや戦力についてシェアしたいと思います。

広告

報徳学園高校野球部2018のメンバーは?

報徳学園のベンチ入りメンバーは以下のようになっています。

渡辺友哉(3年) 西宮市鳴尾中(兵庫)
堀尾浩誠(3年) 加西市北条中(兵庫)
神頭勇介(3年) 神戸市本多聞中(兵庫)
羽渕達哉(3年) 姫路市大津中(兵庫)
大崎秀真(2年) 報徳学園中(兵庫)
小園海斗(3年) 宝塚市光ガ丘中(兵庫)
村田琉晟(3年) 奈良市京西中(奈良)
長尾亮弥(3年) 淡路市津名中(兵庫)
糸井辰徳(3年) 与謝野町橋立中(京都)
10 木村勇仁(3年) 報徳学園中(兵庫)
11 林直人(2年) 宝塚市山手台中(兵庫)
12 原口志士(3年) 神戸市星陵台中(兵庫)
13 亀田龍磨(3年) 西宮市山口中(兵庫)
14 松本拓実(3年) 京丹後市網野中(京都)
15 森本龍治(3年) 川西市明峰中(兵庫)
16 西井星矢(2年) 大和高田市高田西中(奈良)
17 岡崎星輝(3年) 大阪市鯰江中(大阪)
18 渡辺壮馬(3年) 報徳学園中(兵庫)

以上が報徳学園のベンチ入りメンバーとなります。

ほとんどが兵庫出身の選手で、近畿の他府県から何人か入ってきていると言ったところですね。

広告

報徳学園高校野球部の注目選手は?

報徳学園の注目選手と言えば、何と言ってもプロ注目、ドラフト1位候補とも言われる小園海斗選手でしょう。

小園選手と言えば本人も自信を持っているというように、その守備は超高校級で、すぐにでもプロで通用すると言われています。

またそれだけでなく、初戦の聖光学院戦でも3本の2塁打を放つなど、打撃や走塁も非凡。

大阪桐蔭の根尾選手や藤原選手にも劣らない、まさに三拍子揃ったスーパー高校生と言えるでしょう。

また、報徳学園は失点が少ない、ロースコアの展開をものにできるチームで、その要となっているのがエースの渡辺友哉選手です。

2年時は故障に苦しみましたが、3年になって復帰。

切れの良いストレートと変化球で三振を取れるピッチャーです。

さらに、リリーフには木村勇仁選手が控えています。

木村選手は初戦の聖光学院戦で4回を無失点に抑える好リリーフを見せ、投手陣の充実ぶりを見せつけました。

広告

報徳学園高校野球部の監督は?

報徳学園の監督は、大角健二監督です。

大角監督は38歳で、報徳学園のOBです。

自身も報徳学園で4度の甲子園出場を果たしています。

その後立命館大学に進学、怪我に苦しみながらも主将に指名されるなど、このころからリーダーシップの資質を認められていたのかもしれません。

卒業後母校に戻りコーチとして指導にあたり、2017年より、前任の永田監督を継いで監督になりました。

監督になってからはまだ2年目ですが、コーチとしての指導経験もあり、実績は十分と言えるのではないかと思います。

広告

今回は報徳学園を見てきました。

今年の報徳学園と言えばまず注目したいのは小園選手。

彼の守備は一見の価値ありです。

しかし小園選手以外の選手もレベルが高く、非常に鍛えられた好チームです。

これからどこまで勝ち上がっていくか、注目してみたいと思います。