浦和学院高校野球部メンバー2018の出身中学は?注目選手は?監督も紹介!

高校野球夏の甲子園大会、南埼玉代表は浦和学院高校に決まりました。

大垣日大高校は大会第8日に宮城代表の仙台育英に勝利し、大会第12日に東東京代表の二松学舎大付と対戦します。

5年ぶり13回目の出場となる浦和学院高校、春の選抜高校野球では全国優勝の実績もある高校です。

そんな浦和学院の今年の夏、どのようなメンバーで臨んでいるでしょうか。

今回は浦和学院高校野球部の戦力、メンバーの出身中学などについてシェアしたいと思います。

広告

浦和学院高校野球部のメンバーは?

浦和学院高校のベンチ入りメンバーはこのようになっています。

河北将太(3年) 上里町上里北中(埼玉)
畑敦巳(2年) 桐蔭学園中(神奈川)
坪井壮地(3年) 千葉市花見川中(千葉)
後藤陸人(2年) 四国中央市三島西中(愛媛)
矢野壱晟(3年) 北九州市企救中(福岡)
中前祐也(2年) さいたま市大久保中(埼玉)
佐野涼弥(3年) 宇都宮市陽東中(栃木)
蛭間拓哉(3年) 桐生市相生中(群馬)
上野暖人(3年) 八尾市成法中(大阪)
10 美又王寿(1年) 飯塚市頴田中(福岡)
11 渡邊勇太朗(3年) 羽生市東中(埼玉)
12 福島迅(3年) 札幌大谷中(北海道)
13 小町竜梧(3年) 川越市川越第一中(埼玉)
14 永島竜弥(2年) 栃木市大平南中(栃木)
15 大澤龍生(3年) 朝霞市朝霞第三中(埼玉)
16 阿部鳳稀(3年) 石巻市万石浦中(宮城)
17 下薗咲也(2年) 阿久根市阿久根中(鹿児島)
18 近野佑樹(3年) 杉戸町杉戸中(3年)

浦和学院のベンチ入りメンバーは以上となります。

埼玉中心に関東各県から選手が集まっている傾向ですが、関東以外の選手も入っていますね。

広告

浦和学院高校野球部の注目選手は?

浦和学院の注目選手は、渡邊勇太朗選手と河北将太選手の、投の二枚看板が挙げられます。

渡邊選手は身長190cmの長身から投げ込む140キロ超の速球が持ち味で、初戦の仙台育英戦では、6回3安打無失点と安定の投球を見せました。

今年の高校生投手の中でも、潜在能力はナンバーワンではないかという声も出ているほどの好投手で、プロのドラフト候補にもその名が挙がっています。

また、エースナンバーを背負う河北選手は、変化球のコントロールが良く、緩急をつけて相手を抑えるタイプの投手で、渡邊選手との継投となると、打者は対応するのに苦慮しそうです。

一方、打線の方ですが、主将の蛭間拓哉選手と佐野涼弥選手が引っ張ります。

蛭間選手は初戦の仙台育英戦でホームランを打ち、佐野選手も2本の長打を放ちました。

また佐野選手は投手としてマウンドに上がることもできる二刀流の選手です。

浦和学院高校野球部の監督は?

浦和学院の監督は、森士(もり おさむ)監督です。

森監督は1964年生まれの54歳、埼玉県出身です。

埼玉県立上尾高校、東洋大学を卒業後、上尾高校時代の恩師、野本喜一郎氏が浦和学院監督となった縁で浦和学院に就任します。

野本氏の逝去のため一緒に仕事はできませんでしたが、予定通り浦和学院のコーチとなり、1991年に監督に就任。

その後は何人ものプロ野球選手を輩出するなど、浦和学院の埼玉県の強豪としての地位を確立し、2013年の春の選抜大会では、全国制覇に導きます

また、2017年には監督業の傍ら、早稲田大学大学院の修士課程(スポーツ科学)を終了しています。

広告

今回は浦和学院について見てきましたが、森監督のもと、毎年優勝候補に挙げられる強豪チームです。

ここ数年は花咲徳栄高校の台頭や、県大会でのつまずきにより、甲子園の土を踏むことができずにいましたが、今年やっと甲子園に戻ってきました。

今年は5年前に熱戦の末敗れた仙台育英に完勝してリベンジを果たすなど、実力に加えて勢いも十分です。

まだそれほど注目されていない状況ですが、今大会のダークホースとして、これからも暴れてくれるかも知れません。

期待したいと思います。