花咲徳栄高校野球部メンバー2018年の出身中学や注目選手と監督を紹介!

夏の甲子園大会に出場する埼玉県の北埼玉代表は花咲徳栄高校に決まりました!

花咲徳栄高校は2017年の夏の甲子園を制覇しており、第100会大会では史上7校目の連覇へ期待がかかっています。

全国大会には選抜に4度、選手権に6度出場している名門校で、選抜ではベスト8が最高成績ですね。

そのほかにもプロ野球選手を多数、花咲徳栄高校から輩出されていて、プロ野球団も注目している高校です!

今回は花咲徳栄野球部メンバーのスタメンや出身中学、注目選手や監督についてシェアしたいと思います。

広告

花咲徳栄高校野球部のスタメンは?

それでは花咲徳栄高校野球部のスタメンと出身中学についてご紹介させていただきます。

こちらが花咲徳栄高校のスターティングメンバーと出身中学校になっています。

1番投手、野村 佑希選手(3年生)
出身中学、群馬県伊勢崎市境西中

2番捕手、田谷野 拳世選手(3年生)
出身中学、東京都板橋区上板橋第二中

3番内野手、新井 英一選手(3年生)
出身中学、神奈川県横浜市万騎が原中

4番内野手、倉持 賢太選手(3年生)
出身中学、東京都足立区第一中

5番内野手、羽佐田 光希選手(2年生)
出身中学、兵庫県神戸市東落合中

6番内野手、韮澤 雄也選手(2年生)
出身中学、新潟県魚沼市堀之内中

7番外野手、杉本 直希選手(3年生)
出身中学、東京都町田市町田第二中

8番外野手、橋本 吏功選手(2年生)
出身中学、北海道洞爺湖町虻田中

9番外野手、井上 朋也選手(1年生)
出身中学、大阪府四條畷市四條畷中

以上が花咲徳栄高校のスターティングメンバーと出身中学校になっています。

埼玉県出身の選手が一人もいないようですね。

ちなみにこちらが控えの選手になっています。

10番、中田 優斗選手(3年生)
出身中学、神奈川県大和市つきみ野中

11番、斎藤 倖介選手(3年生)
出身中学、埼玉県毛呂山町毛呂山中

12番、眞塩 恵太選手(3年生)
出身中学、栃木県足利市第三中

13番、成本 龍哉選手(3年生)
出身中学、神奈川県横浜市すすき野中

14番、島崎 大輔選手(3年生)
出身中学、埼玉県小鹿野町長若中

15番、松井 颯選手(3年生)
出身中学、東京都清瀬市清瀬第四中

16番、宮本 治毅選手(3年生)
出身中学、栃木県鹿沼市粟野中

17番、吉倉 英俊選手(2年生)
出身中学、東京都世田谷区深沢中

18番、橋本 祥生選手(2年生)
出身中学、大阪府堺市月州中

ご覧のように様々な都道府県出身の選手達が花咲徳栄高校に入学しています。

2名の選手が埼玉県内の中学出身で、埼玉県以外の出身中学者の人数がこちらになります。

東京都  5名
神奈川県 3名
栃木県  2名
大阪府  2名
北海道  1名
新潟県  1名
群馬県  1名
兵庫県  1名

花咲徳栄高校は県外出身中学選手の入学に積極的で、実力重視にしっかりと選手たちをみているようですね!

広告

花咲徳栄高校の注目選手は??

それでは次に花咲徳栄高校の注目選手についてご紹介させていただきます。

こちらが花咲徳栄高校で注目されている選手になっています。

1番投手
3年生、野村 佑希選手
身長体重、179㎝/82kg


 

非常に体格に恵まれた世代を代表する長距離スラッガーで高校通算56本の強打者でありながら、最速146㎞の速球とスライダーが武器の二刀流選手です。

花咲徳栄高校では1年生の秋よりベンチ入りをして、2017年夏の甲子園でも2本塁打で打率.520を残し、全国に知られている注目選手となっています。

野村選手は後輩の井上選手の目標選手でもあり、プロスカウトからも「清宮の次は野村」と期待されています。

パワーと確実性を備えたプロスカウトも注目されているドラフト候補選手ですね。

9番野手
1年生、井上 朋也選手
身長体重、180㎝/80kg

井上朋也選手は1年生ながら非常に体格に恵まれたスラッガーで中学時代からも活躍していました!

中学通算24本塁打を打ち、2017年世界少年野球大会の日本代表に選出され、世界一という偉業に貢献されました

強選手が多く、競争が激しいと言われている花咲徳栄高校でも1年生の春よりベンチ入りを果たし、県大会、東大会で本塁打を打っています。

現在、高校野球界のスーパールーキーとして今後の活躍が大変期待される選手です。

また井上朋也選手は野村佑希選手を目標にしているらしく、以下のようなコメントをされています。

「野村さんのように、ホームランも打てて、率も高いバッターになりたいです」

「ホームランはまず野村さんを抜いて、そこからどんどん打って80本くらいを目指したいです」

1年生にして、花咲徳栄高校の岩井監督も大注目している選手で、先輩と自分との差をしっかり考え、目標を持ちそれに向けて着実に努力する素晴らしい選手ですね!

広告

花咲徳栄高校の監督は?

次に花咲徳栄高校の監督についてご紹介させていただきます。

花咲徳栄高校の監督は岩井隆監督です。

岩井隆監督は埼玉県川口市出身で出身中学は地元の川口市立幸並中学校、出身高校は桐光学園です。

桐光学園と言えば大阪と並ぶ野球の激戦区神奈川の強豪校ですよね!

大学は東北福祉大で2つ上には大魔神こと、佐々木主浩さんがいたそうです!

岩井監督が花咲徳栄高校の監督に就任した理由は桐光学園時代の監督であり、恩師で当時花咲徳栄高校で監督だった稲垣人司監督が2000年10月頃に練習試合中の心筋梗塞によって突然逝去されました。

そのため急遽、岩井監督が花咲徳栄高校監督に就任し、その後から現在まで花咲徳栄高校の監督として稲垣監督の意思を継いでいます。

残念な話ですが、岩井監督からしてみたら恩師が亡くなられた訳なので、稲垣監督の意思を汲むため花咲徳栄高校を全国優勝させる思いは人一倍強いかと思います。

岩井監督の生年月日は1970年1月29日で年齢は48歳とのことです。

岩井監督の教え子でプロになった選手は以下の選手達になっています。

根本俊一選手(ロッテ)

若月健矢選手(オリックス)

大瀧愛斗選手(西武)

髙橋昂也選手(広島)

岡崎大輔選手(オリックス)

西川愛也選手(西武)

清水達也選手(中日)

楠本泰史選手(DeNA)
など

岩井監督は「心の野球」というのをモットーに、創意工夫した練習や花咲徳栄高校の洗礼された戦術には非常に定評があります。

なんでも岩井監督は、将来プロ野球選手になる有望な選手にはとても厳しく指導しているそうです。

実際に西武ライオンズに所属していて、岩井監督の教え子の大瀧愛斗選手は岩井監督の練習について次のようなコメントをされています。

「他の選手とは比べられないくらいに岩井隆監督の指導は厳しかった」

また、「なぜ僕だけ怒られるのかと思っていた」

かなり厳しかったようで、練習中も他の選手以上に怒られていたようですね。

しかし、その厳しさは社会出た時の厳しさやプロの世界にも通用するようにと岩井監督が思いを込めた愛情だったのですね。

広告

今回は花咲徳栄野球部のメンバーのスタメンや出身中学、注目選手や監督についてご紹介させていただきました!

選手も投手も良い選手が揃い、監督も教え子がたくさんプロ選手になっている名監督で先日の甲子園も徳島代表の鳴門高校を破りました!

ノリに乗っている花咲徳栄高校が甲子園でどのような成績を残すのか非常に楽しみですね!