折尾愛真高校野球部メンバーの出身中学は?2018年の注目選手は?

夏の甲子園大会、北福岡代表は折尾愛真(おりおあいしん)高校に決まりました。

折尾愛真は、大会第6日に日大三と対戦します。

春夏を通じて甲子園初出場の折尾愛真ですが、どのような戦いを見せてくれるでしょうか。

今回は折尾愛真高校野球部メンバーの出身中学と2018年の注目選手についてシェアしたいと思います。

広告

折尾愛真高校野球部メンバーと出身中学一覧

折尾愛真高校のベンチ入りメンバーは、以下のようになっています。

1 小野 剛弥 嘉麻市嘉穂中(福岡)
2 岩見 駿 宮若市宮若西中(福岡)
3 野元 涼 福岡市梅林中(福岡)
4 下柳 涼 北九州市早鞆中(福岡)
5 上地 龍聖 古賀市古賀北中(福岡)
6 斉藤 隼人 北九州市上津役中(福岡)
7 長野 匠馬 大牟田市橘中(福岡)
8 田島 秀弥 福津市津屋崎中(福岡)
9 古野 皓大 宗像市河東中(福岡)
10 松井 義弥 田川市金川中(福岡)
11 堀田 明嗣 新宮市新宮中(福岡)
12 安川 瑠希 折尾愛真中(福岡)
13 塚本 覇揮 北九州市尾倉中(福岡)
14 八尋 歩夢 北九州市黒崎中(福岡)
15 中尾 俊稀 長崎市小江原中(長崎)
16 平戸 海真 大野城市大野東中(福岡)
17 安永 竜大 粕屋町粕屋中(福岡)
18 星 空来 鞍手町鞍手中(福岡)

ほとんどが福岡県出身ですね。

福岡県の広い範囲から選手が集まっている印象です。

広告

折尾愛真高校の注目選手は?

折尾愛真の今年の持ち味はその打力です。

北福岡大会6試合で挙げた得点は55点。

1試合平均9点以上を叩き出す打線は迫力十分です。

その中でも注目したいのは、スラッガーの松井義弥選手と野元涼選手です。

まず松井選手ですが、恵まれた体格から放たれる打球は飛距離十分。

松井という名前から、福岡のゴジラと呼ばれています。

高校通算40本塁打を放っています。

また、大きな体の割にはスピードや守備といったところも優れており、プロ野球選手で言うと、ソフトバンクの柳田選手や阪神の糸井選手のような、スケールの大きな選手です。

一方の野元選手ですが、こちらも高校通算本塁打は29本。

この冬に筋力作りに励み、肉体改造をした結果、20キロ近くの増量に成功し、飛距離もグンと伸びました。

北福岡大会では6本のホームランを打ち、その力をまざまざと見せつけました。

折尾愛真高校の監督は?

折尾愛真高校の監督は奥野博之監督です。

三重・明野高校出身で、選手時代は春夏合わせて3度の甲子園出場があります。

当時絶対的な強さを誇った池田高校相手に打ち勝つなどの活躍をしました。

高校の同期には、南海(ダイエー・ソフトバンク)、巨人で活躍した大道典嘉選手がいます。

折尾愛真高校は野球部創部当初から指導に関わり、最初は部員5人しかいなかった野球部を甲子園まで導きました。

広告

今回は折尾愛真高校を紹介しました。

北福岡大会6試合で55点を挙げましたが、失点も35点と多く、かなり打力に特化したチームです

個人的には、全体にまとまったチームもいいですが、このように特色が強いチームも面白いと思っています。

また、創部したばかりの苦労を知っている奥野監督、北福岡大会決勝の前は、部員5人で練習した公園のグランドを訪れ、必勝の誓いを新たにしたそうで、このときの5人も今回の初出場には感無量だと思います。

このような、いかにも「高校生のお兄さん」といった雰囲気のするチーム、ちょっと応援してみたくなりませんか?