甲子園にタイブレーク制導入!ルールやメリット・デメリットは!?

夏の甲子園が開幕し全国の野球好きの方はどこが優勝するのかだけではなく、いい選手がいるのかについて注目している方もいるのではないでしょうか。

また記念すべき100回目の甲子園で注目されているのが、2018年の春の選抜高校野球から導入されたタイブレーク制ですね。

今回は甲子園で導入されたタイブレーク制についてとタイブレークのルール、メリット・デメリットはどうなのかについてシェアしたいと思います。

広告

タイブレーク制とは?

2018年の春の選抜高校野球から、タイブレーク制が導入されましたがタイブレークって何?という方もみえますよね。

そこでタイブレーク制について、分かりやすくご紹介します。

タイブレークのルールって?

野球のタイブレークは延長戦になったとき、ノーアウトで1塁と2塁にランナーがいる状態で延長戦が始まります。

そうすることで、得点が入りやすくなるので試合が動きやすく試合終了時間の短縮に繋がります。

WBCでは導入済み

国際試合のWBCは、延長11回以降からタイブレークへ。

ノーアウトで1塁(1つ前の打順選手)と2塁(2つ前の打順選手)にランナーがいる状態で始まり、10回終了後も打順は継続し決着がつくまで試合が続行します。

2017年WBCで日本VSオランダ戦で、延長戦となりタイブレークに突入しました。

高校野球のタイブレーク制は?

高校野球の明治神宮野球大会や国体では、既にタイブレークが導入されています。

なぜ甲子園では、タイブレークが導入されていなかったのか気になったので調べてみました。

高校球児にとって夢の舞台でもある甲子園の決着方法にタイブレークは選手が納得しないなど反対する声が上がっていたため導入が先送りになっていたようです。

ですが審議を続け、選手への負担など軽減させるため甲子園でもタイブレーク制を導入されることになったようです。

選抜高校野球のタイブレーク制は?

選抜高校野球のタイブレークのルールは下記の通りです。

(1)延長13回からタイブレークへ突入。

(2)ノーアウト・1塁と2塁にランナーがいる状態で始まります。(1つ前・2つ前の打順選手がランナーにつく)

(3)前の回から打順は継続。

調べたところ決勝戦はタイブレークは適用はされませんが、再試合になったらタイブレークが適用されるそうです。

上記が選抜高校野球に導入されたタイブレークのルールです。

広告

タイブレークのメリット・デメリットは?

ではタイブレークが導入されてことで、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

タイブレークのルールに対して、メリットやデメリットについてまとめてみました!

タイブレークのメリット

タイブレークを導入することで、どんなメリットがあるかというと。

試合終了時間を短縮できる

選手の身体的負担を軽減

過去の甲子園での全投球数を調べてみたところ、斎藤佑樹投手が948球・川口知哉投手が820球などかなりの回数を投げていて投手の負担が問題になっていました。

今回タイブレーク制が導入されたことで、負担の軽減が期待されます。

タイブレークのデメリット

甲子園の記録が曖昧

高校野球ならではの面白いところや積み重ねた努力を損なう可能性がある

甲子園で注目されるのは優勝校だけではなく、毎年様々な記録も注目されています。

ですが今回タイブレーク制が導入されたことで、タイブレーク突入後の打点の記録や投手の失点記録が曖昧な状態で記録が使いにくくなってしまいます

野球は結果だけでなく、記録も楽しみの1つだけに今後どうなっていくのでしょうか。

またタイブレークに突入するとタイブレークのルールとして無条件で最初から1塁と2塁にランナーがつくため、以前までのような野球の面白いところや練習で積み上げてきた努力が損なってしまうのでは?という不安要素があります。

点が入りやすくなるため、投手にかかるプレッシャーが心配です。

ネットの反応

甲子園にタイブレークが導入されたことについて、ネットではどのような反応があるのでしょうか。

甲子園でもタイブレーク導入されたの今知った…( ˙༥˙ )

ソフトでは当たり前だからあんまり違和感感じないかな。

戦略もあるけど、その通りにできるかどうかはまた別だしねえ…

元々僕もタイブレーク制は反対だったし、名勝負が無くなるって前評判あったけど、今回の試合で新しい名勝負が生まれた気がする。

あくまで、部活の延長の甲子園、生徒を熱中症やケガから守るといったことも含めてタイブレーク制導入は正解なんじゃないかな。

私も甲子園のタイブレークは選手のことを考えれば賛成やね。
準決勝・決勝以外はタイブレーク導入でいいかと…甲子園本番だけでなく、予選から。
やーしかしタイブレークってのはスリルとドラマがあってええな。

オレは甲子園に導入するの賛成です、というかむしろ甲子園みたいな一発勝負トーナメントにこそ導入する方がドラマチックやと思うの。

趣旨にも合うし。プロ野球には似合わん

高校野球に関わっている人たちは、「真夏の炎天下に連日長時間プレーさせて、選手の身体や生命までも危険に晒す」のが「野球の面白さ」と考えているのでしょうか。

むしろ、夏の甲子園球場で行われている大会こそ、タイブレークを導入すべきでは。

甲子園でもタイブレークを導入したら野球の面白さが伝わらんし、タイブレークで負けて後悔残ると思うけどな。

ルールになれば仕方ないと思うけど投手も投手で15回投げて再試合で連投させられたら大学やアマやプロから声をかけられとる投手が肩を壊す恐れもあるし。

難しいとこ。

甲子園大会のタイブレーク導入反対。

日程に押し込むようなやり方をすれば、それはスポーツではなく興行(イベント)。

タイブレーク導入って、昨日の延長戦2試合を目の前で見たものとしては、断固反対だ!!

あんなに必死にやってきて、いきなり満塁って!?まず、役員は現場で試合を見てよ!必死に戦ってる球児を見てよ!

春だから甲子園は関係ないって?春の結果で夏のシードが決まるんですけど!

甲子園に出られる球児は全体の一握り。

プロに進むのはそれ以上に少ない。

甲子園の魅力を半減するタイブレークはいらない。

タイブレークか…。

リクエスト、ビデオ判定の導入が必要だろうね。

審判も人だけれど、あんな誤審(した)されたんじゃたまったもんじゃないよ。

お互いにさ。

今年の夏の甲子園、絶妙なバントがバシバシ決まるけどタイブレーク導入の影響かな。

Twitterより引用

賛成の意見として球児を守るためには必要やタイブレークを見たけど違和感なかったという意見、以前とは違う面白さがあったという意見が多く上がっていました。

また今年の甲子園はバントが多いのは、タイブレークの影響かな?という疑問の声もありました。

反対の意見では、野球の面白さが半減する・必死に戦ってきてタイブレークで満塁ってと不満の声やタイブレーク導入するならビデオ判定も必要という意見が多く上がっていました。

甲子園のタイブレーク制導入は賛否両論ですが、試合の記録など曖昧さがあるタイブレークを今後どのように明確化されていくのか注目していきたいところです。

広告

今回は甲子園で導入されたタイブレーク制についてとタイブレークのルールに対してメリット・デメリットについてシェアしました。

会場に応援しに行く方やテレビの前で応援している方、仕事で試合が見られず試合経過や結果が気になっている方もみえるでしょう。

甲子園にタイブレーク制が導入されたことで、監督がどのような作戦で勝利を狙うのか今後は駆け引きも勝利に必要になってくるのかもしれません。