創成館高校野球部出身中学とメンバーを紹介!2018年の注目選手や監督は?

夏の甲子園、長崎県代表は創成館高校に決まりました。

創成館高校は、大会第5日に岡山代表の創志学園高校と対戦します。

夏は3年ぶり2回目の出場となる創成館高校ですが、どのようなメンバーで臨んでいるのでしょうか。

今回は、2018年夏の甲子園に出場する創成館高校野球部の出身中学とメンバー一覧、注目選手や監督についてもシェアしたいと思います。

広告

創成館高校野球部の出身中学とメンバー一覧?

創成館のベンチ入りメンバーは以下のようになっています。

1 川原 陸(3年) 長崎市三川中(長崎)
2 平松 大輝(3年) 春日市春日北中(福岡)
3 松浪 基(3年) 八尾市上之島中(大阪)
4 鳥飼 悠斗(3年) 福岡市次郎丸中(福岡)
5 杉原 健介(3年) 大野城市平野中(福岡)
6 徳吉 涼太(3年) 福岡市立花畑中(福岡)
7 野口 恭佑(3年) 雲仙市千々石中(長崎)
8 峯 圭汰(3年) 筑紫野市筑紫野南中(福岡)
9 松山 隆一(3年) 雲仙市南串中(長崎)
10 酒井 駿輔(3年) 島原市三会中(長崎)
11 戸田 達也(3年) 東広島市高屋中(広島)
12 出嶋 公誠(3年) 福津市福間中(福岡)
13 水野 航洋(3年) 長崎市岩屋中(長崎)
14 藤 優璃(3年) 北九州市熊西中(福岡)
15 佐藤 晃綺(3年) 福岡市大野東中(福岡)
16 松尾 力基(1年) 長崎市東長崎中(長崎)
17 伊藤 大和 (3年) うきは市吉井中(福岡)
18 七俵 陸(3年) 福岡市城南中(福岡)

以上が創成館のベンチ入りメンバーとなっています。

長崎の他に福岡の中学出身者も多いです。

広告

創成館高校の注目選手は??

創成館の特徴は、何と言っても力を持った投手がたくさんいること。

エース級の投手が4人もいるというチームはなかなかないのではないでしょうか。

ということで、投手を中心に紹介していきたいと思います。

まずその中でも背番号1を背負うのが川原陸選手

140キロ前後の直球と、2種類のスライダー、チェンジアップで三振の取れる左腕です。

2年春に外野からコンバートされ、ここまできたのですから驚きです。

背番号10は戸田達也選手です。

こちらも球速は140キロ前後で、コントロールが良く、内外角を投げ分けることができる投手です。

長崎大会では3試合13イニング無失点と好調で、甲子園でも好投が期待できます。

そして背番号17の伊藤大和選手

182センチと高身長の投手で、スリークオーターとサイドスローで投げてきます。

サイドでも最速138キロを記録する速球を持っているので、打ち崩すのはなかなか難しそうです。

背番号18は七俵陸選手

左のサイドに近いスリークオーターから、ストレートとスライダーを投げ分けます。

こちらも球速は常時130キロ出ますし、左のサイドスローということで、打者も手こずると思われます。

野手では、センターの峯圭汰選手に注目です。

体はさほど大きくないものの、勝負強いバッティングが持ち味です。

創成館高校の監督は?

創成館の監督は稙田龍生監督です。

1964年生まれ、大分県出身です。

別府大付(現・明豊)高校を卒業後、九州三菱自動車で選手、監督を務めた後、2008年に創成館高校の監督に就任しました。

社会人野球仕込みの緻密な野球、守備力の徹底に定評のある監督で、2013年の選抜に初出場してからは、安定して好チームを作り上げています。

広告

今回は長崎県代表・創成館高校について紹介してきました。

その特徴はタイプの違う4人の投手陣で、継投もお手の物なのは、連戦が続く甲子園では有利ですよね。

また、投手ばかり紹介してきましたが、攻撃力も十分にあり、去年の神宮大会では、大阪桐蔭に公式戦唯一の黒星をつけています。

稙田監督のもとで鍛えられた守備力と合わせて、甲子園でも活躍が期待される創成館、注目したいと思います。