興南高校野球部メンバー2018の出身中学は?注目選手や監督は?

夏の甲子園大会、沖縄県代表は興南高校に決まりました。

興南高校は大会5日目に、茨城県代表の土浦日大高校と対戦します。

2年連続12回目の出場となる興南高校、過去には春夏連覇も果たしています。

今回は、2018年夏の甲子園に出場する興南高校野球部メンバーの出身中学と注目選手や監督についてシェアしたいと思います。

 

広告

興南高校野球部のスタメンと出身中学は?

興南高校のベンチ入りメンバーは以下のようになっています。

 

1 藤木琉悠(3年) 沖縄市山内中学校(沖縄)
2 遠矢大雅(2年) 宜野湾市宜野湾中学校(沖縄)
3 仲村匠平(3年) 宜野湾市宜野湾中学校(沖縄)
4 根路銘太希(2年) 伊江村伊江中学校(沖縄)
5 大山盛一郎(3年) 那覇市城北中学校(沖縄)
6 勝連大稀‘(2年) 宜野湾市普天間中学校(沖縄)
7 比嘉龍之介(3年) 南城市玉城中学校(沖縄)
8 里魁斗(3年) 糸満市三和中学校(沖縄)
9 塚本大雅(3年) 中城村中城中学校(沖縄)
10 當山尚志(3年) 恩納村恩納中学校(沖縄)
11 仲松青竜(3年) 沖縄市古蔵中学校(沖縄)
12 比嘉良天(3年) 読谷村読谷中学校(沖縄)
13 宮城大弥(2年) 宜野湾市嘉数中学校(沖縄)
14 具志頭大夢(3年) 恩納中学校(沖縄)
15 具志堅大海(3年) 嘉手納町嘉手納中学校(沖縄)
16 安里啓志(3年) 浦添市神森中学校(沖縄)
17 兼城朋裕(2年) うるま市高江洲中学校(沖縄)
18 西里颯(1年) 石垣市立石垣第二中学校(沖縄)

 

興南高校のベンチ入りメンバーは以上です。

私立の強豪ですが、全員沖縄出身の選手ですね。

広告

興南高校の注目選手は?

興南高校の注目選手は、2年生ながらエース張りの活躍を見せる背番号13の宮城大弥選手です。

中学時代からU-15侍ジャパンに選出されるなど突出した実力を持っていた宮城選手、興南高校でもその実力を発揮します。

去年は1年生ながらチームを引っ張り、夏の甲子園大会では智弁和歌山を相手に敗れはしたものの堂々としたピッチングを見せました。

あの衝撃のデビューから1年、ストレート、スライダーともにパワーアップして臨む今年の甲子園、どのようなピッチングを見せてくれるのか非常に楽しみです。

また、背番号1をつける3年生左腕、藤木琉悠選手も見逃せません。

直球は140キロに迫る一方で、低めへのコントロールが良く、大崩れしないタイプの投手です。

興南高校の監督は?

興南高校の監督は、我喜屋優監督です。

我喜屋監督は1950年沖縄生まれで、我喜屋監督自身も興南高校で甲子園に出場、主将としてベスト4に進出しています。

その後社会人野球でも活躍した後、2007年に母校の監督に就任。

2010年には島袋洋奨選手、我如古盛次選手らを擁して春夏連覇を達成しています。

また、駒大苫小牧高校を2連覇に導いた香田誉士史監督が教えを請うたことでも有名です。

 

広告

 

今回は興南高校を見てきました。

今年の興南高校の特徴は安定した投手力、特に宮城選手がどのようなピッチングを見せてくれるかに注目が集まります。

打線も、春夏連覇したときのような迫力はないものの、チャンスに強く、確実に点を取る打線を擁しているので、投手力と合わせて、接戦に強いチームになっているのかなと思います。

去年智弁和歌山に惜敗した時の選手が多く残っており、リベンジに燃える気持ちも強いはず。

今年の奮戦に期待したいと思います。