甲子園2018年夏の注目打者は!?ドラフト候補が多数!?

夏の甲子園が開幕して、早くも様々なドラマが生まれていますね。

この時点で涙を流し、会場を後にする選手や逆に次の試合へと気持ちを切り替える選手もいますね!

そんな様々な心境にいる選手が甲子園にいますが、2018年夏の甲子園で注目される打者はどの選手なのでしょう。

今回はそんな2018年夏の甲子園で注目の打者についてシェアしたいと思います。

広告

2018年夏の甲子園の注目打者は?

それでは2018年夏の甲子園の注目打者についてご紹介させていただきます。

まずは、注目されている打者と所属している各学校がこちらになります。

聖光学院

3年生
矢吹 栄希選手

 

前橋育英

3年生
小池 悠平選手

 

横浜高校

3年生
齊藤 大輝選手
長南 有航選手
万波 中正選手

2年生
小泉 龍之介選手

1年生
度会 隆輝選手

 

木更津総合

3年生
野尻 幸輝選手

 

花咲徳栄

3年生
野村 佑希選手

1年生
井上 朋也選手

 

日大三

3年生
日置 航選手

 

浦和学院

3年生
蛭間 拓哉選手

 

星稜高校

3年生
竹谷 理央選手

 

大阪桐蔭

3年生
根尾 昴選手
藤原 恭大選手
山田 健太選手
中川 卓也選手
小泉 航平選手

 

近江高校

3年生
北村 恵吾選手

 

報徳学園

3年生
小園 海斗選手

 

智弁和歌山

3年生
文元 洸成選手
林 晃汰選手

2年生
東妻 純平選手
黒川 史陽選手
西川 晋太郎選手

1年生
細川 凌平選手

 

折尾愛真

3年生
松井 義弥選手

ご覧のような選手達になっています。

印象として、3年生の注目打者が多いのは大阪桐蔭で2年生が多いのは智弁和歌山、注目打者のバランスが3年生、2年生、1年生と豊富にいるのも智弁和歌山という結果になっています。

しかし、残念ながら智弁和歌山は先日行われた近江高校との1回戦で3-7で敗れてしまいました

注目打者が多いのにもかかわらず、敗れてしまうというのも甲子園の怖いところですよね!

それでは現在残っている各学校の注目打者について順を追ってご紹介させていただきます。


 

聖光学院

3年生
矢吹 栄希選手

この選手は聖光学院の主将を務めいる選手で、180cm74kgの体格の良い選手です。

セカンドを守り、右投げ左打ちの1年秋からクリーナップを打つ好打者となっています。

選手としての特徴が攻守ともに積極的なプレーをされるため、甘く入れば長打を放つ力を持っています。

また積極性が持ち味であるため、ショートバウンドしそうな変化球にも手を出すことが多い選手ならしく、それをまたヒットにしてしまうのが、矢吹選手の凄いところと言われています。

矢吹選手に対するスカウトの評価がこちらになっています。

中日、山本スカウト

「ポイントをつくって打てている。タイミングの取り方が抜群。今後が楽しみ」

前橋育英

小池 悠平選手

3年生

176cm78kgの体格で右投げ右打ちのキャッチャーです。

2年夏の甲子園で2本塁打を放ち注目されました。

横浜高校

齊藤 大輝選手

3年生

177cm70kgの右投げ右打ちでセカンドを守る選手です。

1年秋からレギュラーを獲得していて、現在では横浜高校の主将を務める注目打者です。

選手としての特徴はバットコントロールに優れた好打者となっています。

広角に打ち分けることができ、尚且つ甘いボールはスタンドまで運んでしまう力もあります。

また、足も50mを6秒1で走ってしまう俊足でセカンドの守備は、高校トップレベルだと言われています。

長南 有航選手

3年生

184cm82kgの体格の良い選手で右投げ左打ちの外野手を守る選手です。

恵まれた体格から生まれる強打を放つ力のある選手で1年秋からレギュラーを獲得しています。

2年夏の神奈川県大会では、1番のレフトとして出場し、打率.400のホームラン3本、打点10の活躍で優勝に貢献しました。

しかも、2回戦の南高戦から4回戦の武相高校戦まで、3試合連続でホームランを放つ活躍をされています。

この「3試合連続ホームラン」というは、神奈川大会では史上8人目となる記録で、2年生としては史上初の快挙になり注目が集まりました!

万波 中正選手

3年生

190cm92kgの恵まれた体格の持ち主で右投げ右打ちの外野手、投手、ファーストを守ることができる多才な選手です。

不調から春はベンチ外も経験していますが、夏に復活し、長打を放つのが魅力の強打者です。

恵まれた体格を生かし、力強いスイングで長打を放つパワーは魅力的なのですが、その反面で対応力に課題がある選手のようです。

 

小泉 龍之介選手

2年生

171cm72kgと体格はこれから伸びていく右投げ右打ちの外野手を守る選手です。

171cm72㎏とそれほど体は大きくありませんが、身体能力が高く、50m6秒0のスピードと遠投110mの驚きの強肩の持ち主です。

また小学6年生の時にソフトボール投げで、80m86を記録し、全国一位になったこともあります。

度会 隆輝選手

1年生

1年生ながら180cm76kgの高身長で右投げ左打ちのセカンド、外野手を守る選手です。

本職は内野手の選手ですが、打撃を買われて外野手としてもプレーされることもあります。

また父親は元ヤクルトに所属されていた度会博文氏のようですね。

木更津総合

野尻 幸輝選手

3年生

こちらの選手は178cm78kgと体格は日本標準体型より若干大きい体格で右投げ左打ちのサード、投手を守る選手です。

力強いバッティングが魅力的で投手としても最速143km記録されています。

中学3年生の時にボーイズリーグの岐阜選抜の4番として選ばれていて、木更津総合でも3年夏に東千葉県大会で、21打数10安打1本塁打6打点をマークする強選手です。

花咲徳栄

野村 佑希選手

3年生

こちらの選手は185cm87kgと体格の良い選手で右投げ右打ちの外野手、投手を務める選手です。

プロ野球団のスカウトの方々も非常に注目されている選手のようで、坂本二世とも呼ばれることもあるようです。

こちらがスカウトの方々のコメントになっています。

巨人、吉武スカウト

「打球が速い。今年でも十分、ドラフト対象になる」

日本ハム、今成スカウト

「自分の形で打てる可能性が高い子。格が違う。投げてもこの時期でこのレベルは素晴らしい。投打の軸になる二刀流候補だ」

ロッテ、高橋スカウト

「そこまで強く振っていないのに打球が飛びます。体もまだそんなにガッチリとしているわけではないので、ひと冬越えてどうなるのか。飛ばす技術があるだけに楽しみです」

楽天、沖原スカウト

「打撃が大きな魅力です。投手もできますが野手として楽しみですね。あとは守りが今後どうなっていくかです」

中日、中田スカウト部長

「すばらしい。内角の厳しい球を体の回転でうつことができる右打者はなかなかいない」

5球団ものスカウトが目をつけている選手なんてすごいですね!

井上 朋也選手

1年生

1年生ながら180cm80kgと恵まれた体格の持ち主で右投げ右打ちの外野手を守る選手になっています。

花咲徳栄では1年生の春からレギュラーを獲得していて、中学時代には日本代表に選ばれ、世界一を経験されている選手です。

日大三高

日置 航選手

3年生

176cm76kgで体格はそこまで大きくない標準体型な選手で右投げ右打ちの遊撃手となっています。

こちらの選手は日大三高の1年秋からベンチ入りを果たし、1年生にして秋季都大会の全6試合にフル出場され、現在は主将を務める選手です。

高校通算11本塁打と長打を放つ力もあり、強肩を生かした守備も魅力的な選手です。

浦和学院

蛭間 拓哉選手

3年生

こちらの選手は身長体重が176cm82kgとがっちりとした体型の選手で左投げ左打ちの外野手を守る選手で現在浦和学院の主将を務める選手です。

蛭間選手は名門の浦和学院で、1年生の時から4番に選ばれている強打者です。

2年から頭角を出し始め、夏の埼玉県大会では、ホームラン4本、打点13と大活躍を見せて決勝進出を果たしました。

なんでも高校に入ってから、1日500グラムのどんぶり飯を6杯食べて、肉体強化に励んでいるようです。

星稜高校

竹谷 理央選手

3年生

こちらの選手は173cm79kgと比較的低い身長の割に体格はがっちりとした身体つきの選手で右投げ左打ちの外野手、投手を務める選手です。

竹谷選手は現在星稜高校の主将を務めていて、新潟県大会決勝で1試合4本塁打を放っています。

投げても良し、打っても良しと言われている竹谷選手はホームランも、3年春の北信越大会終了時点で、なんと高校通算23本記録されています。

大阪桐蔭

根尾 昴選手

3年生

根尾選手は1年夏からベンチ入りを果たし、高校公式戦初ヒットを1年秋の府大会4回戦、大阪偕星戦で記録し、代打で出場し勝ち越しとなるソロホームランを見せ大活躍しました。

また近畿大会では全3試合で中軸を務め、準々決勝ではプロ注目の松本竜也投手からホームランを放っています。

根尾選手は打っても投げても良しと言われていて、将来的に大谷選手のようになるのではとも言われています。

こちらがプロ野球団スカウトの評価になっています。

日本ハム、熊崎スカウト

「私と同じ岐阜県出身で小学5年生のときに初めて見ましたが、当時からレベルが違いすぎました。

マウンドに上がれば球が速く、6年生が相手でも“着払い(振り遅れの空振り)”ばかり。

それ以降もここまで、全ての面で順調に来ていると思います」

 

ヤクルト、小川SD

「単純に凄いと思います。投手としても打者としても体に力がある。

速い球を投げる選手もしっかり振れる選手も、共通点は体の芯の強さがあること。

体の幹ができているので、手足の枝葉も強く使えるのでしょう」

 

オリックス、中川アマチュアスカウトグループ長

「別格ですね。スター候補になれる逸材です。

身体能力が高く、肩もあり、足もあり、バッティングもいい。

プロで重なるのは松井稼頭央選手ですが、さらにスケールを大きくした選手になる可能性を持っています」

 

ソフトバンク、小川編成育成部長兼スカウト室長

「彼はキラキラ光っている。

身体能力を生かせているのは、関節に柔らかさがあるから」

 

巨人、渡辺スカウト

「二刀流、三刀流のワクワク感がある。

あんなこともできるんだと野球界が盛り上がる理由になる。

やらせるか分からないが、チャレンジする可能性は秘めている」

様々な野球団のスカウトの方々が注目をされていて、今後もプレーに注目の選手ですね。

藤原 恭大選手

3年生

181cm80kgと体格が非常に良い選手で藤原選手は甲子園一番の注目打者と呼んでもおかしくないような選手です。

藤原選手は左投げ左打ちの外野手を守る選手です。

藤原選手が注目され始めたのは2年生ながらにして、選出されたU-18ベースボールワールドカップです。

この大会で、藤原選手はチーム2位の打率3割3分3厘の大活躍を見せ、日本代表の銅メダル獲得に貢献されています。

この活躍からメジャーのスカウトの方も注目し、「背番号28番(藤原選手)が印象に残った」とコメントされています。

藤原選手の特徴としては積極的なバッティングが持ち味で、ホームランをいきなり放つパンチ力もあります。

また50m5秒7という俊足で、高校通算20本目となるホームランは、ランニングホームランという結果になりました。

山田 健太選手

3年生

こちらの選手は183cm85kgとがっちりした体型で右投げ右打ちセカンド、サードを守る選手です。

1年生の秋から、監督に長距離打者として期待され、背番号5でベンチ入りし、4番も経験されています。

また山田選手が注目され始めたのは2年春の選抜大会で打率.571打点8の活躍で、5年ぶり優勝に貢献したことからです。

この大会での打率も凄いですが、長打率が驚異の.810を記録されたことから山田選手の名前は全国区になり、スカウトの注目も大きなものになっています。

中川 卓也選手

3年生

こちら選手は175cm76kgの比較的、標準体型で右投げ左打ちのファースト、セカンド、サード兼遊撃手でプレーされています。

バッテイングセンスに優れた左の巧打者で現在大阪桐蔭主将を務めています。

1年生の初戦、龍谷大平安戦では、スリーランホームランを含む3打数3安打の大活躍をし、大会を通して、打率.545本塁打1打点5の好成績を残しました。

2年生春のセンバツ大会には、3番ファーストとして出場し、19打数で7安打、打率.368打点2の活躍で、全国制覇を経験された選手です。

小泉 航平選手

3年生

179cm73kgの体格で右投げ右打ちのキャッチャーを守っています。

高校ナンバー1とも呼ばれている強肩キャッチャーで特徴は遠投100m、二塁送球1.9秒台から2.1秒前後の強肩が特徴となってます。

またスカウトの方も小泉選手に対して、次のようなコメントをされています。

巨人・岡崎スカウト部長

「タレント軍団の大阪桐蔭では、根尾のほかに藤原恭大、中川卓也が高校生ではAランク。

強肩の小泉航平も今大会No.1捕手と言ってもいい」

今大会No. 1捕手とスカウトの目からでもいわれている小泉選手の今後のプレーに注目したいですね。

近江高校

北村 恵吾選手

3年生

180cm85kgの体格の良い選手で右投げ右打ちのファースト、サード、外野手を守る選手です。

北村選手が注目され始めたのは近江高校に入ってすぐの夏の県大会でした。

背番号17でベンチ入りすると、1回戦、2回戦と代打で出場し、3回戦の安曇川戦では4番、レフトでスタメン出場を果たし、4打数4安打7打点の内一本は満塁ホームランを放つ大活躍で、一躍注目されました!

報徳学園

小園 海斗選手

3年生

178cm73kgの体格で右投げ左打ちの遊撃手です。

現在、高校ナンバー1ショートと呼ばれていて、1年生の春からベンチ入りすると、県大会では1番・ショートとして出場しました。

全5試合で安打を放ち、25打数10安打、打率4割の好成績からスカウトの注目を集めました。

2年生の春には選抜大会に出場し、打率5割、本塁打1、5打点の活躍で、ベスト4入りに大きく貢献されました。

この大舞台で披露した高い打撃技術には、多くのスカウト陣が高い評価をしています。

広島・松本スカウト

「センバツを見て驚いた選手です。

センスの塊。

ボールの捕り方や投げ方をはじめ、全てにおいてセンスがある。びっくりしました」

中日・中田スカウト部長
「センス、守備力、体はそれほど大きくないですが瞬発力、勝負強さと全て揃っています。

ショートという点もいいですね。

ある程度完成された選手。

肩も強いし、今年でも(ドラフトの指名)対象になる」

 

ヤクルト・小川SD

「春のセンバツで見ましたが、プレーにスピードを感じる好遊撃手です。

動きが素早いので小柄な選手かと思ったら、身長が178㎝もあるんですね。

打撃もいいですし、これからさらに体に力がついてくれば面白いです」

 

オリックス・中川アマチュアスカウトグループ長

「ショートの守備はフットワークが良く、安定しているので、プロの世界に入っても通用するレベルにあると思います。

あとはバッティングがどこまで伸びてくるか。

もう少し、振る力がついてくると面白い存在です」

まだまだ伸びてくれそうな期待の選手というコメントの印象ですね!

またこちらの選手も甲子園一番の注目打者と呼んでもおかしくないような選手です。

折尾愛真

松井 義弥選手

190cm89kgの体格に恵まれた右投げ左打ちの選手でサード、外野手を守っています。

松井選手は190cm89kg恵まれた体格から、強い打球を放つ左の強打者です。

3年生の夏の大会が始まる前の時点で、高校通算ホームランは38本と名字とプレースタイルから九州のゴジラとよばれています。

また、チームメイトにも

「詰まっても運ぶ。飛距離がとんでもない」

と驚かれているほどの強打者です。

以上の選手達が今大会の注目されている打者になります。

 

この中でもメディアに取り上げられているほど、注目されている選手が大阪桐蔭の藤原恭大選手と報徳学園の小園海斗選手です。

大阪桐蔭の藤原選手は北大阪大会で4番を務め、チームトップの15打点をマークされています。

また高校通算本塁打は29本と驚きの数字です。

また小園選手も藤原選手と2人だけ、2年にして、昨秋の18歳以下のワールドカップに選ばれ注目されています。

今大会でこの2人がどのような力を発揮するのか、また上記に挙げさせて頂いた選手達のプレーに期待して注目したいですね!

広告

ネットの反応

それでは次に甲子園での注目打者についてネットではどのような反応なのかツイッターを元にご紹介させていただきます。

甲子園注目打者を何となく現役種牡馬に例えてみる

桐蔭 根尾 ディープインパクト

桐蔭 藤原 キングカメハメハ

報徳 小園 ロードカナロア

智弁 林 ハーツクライ

星稜 竹谷 ルーラーシップ

日三 日置 ダイワメジャー

横浜 万波 オルフェーヴル

甲子園注目選手について調べれば調べる程根尾くんの弱点無さ過ぎて笑う
特にオススメは昨夏王者花咲徳栄高校の野村佑希選手。

大会屈指のスラッガー。

ユーティリティーさも魅力で内外野に加えマウンドに上がれば146㌔を計測する選手。

ちなみにアメリカ出身でミドルネームはジェームズらしい

もちろん注目は世代トップクラスの右腕投手・吉田輝星(金足農)と世代トップクラスの右打ホームランバッター・野村佑希(花咲徳栄)
個人的注目度No. 1の金足農の吉田くんが試合なので1日家にこもって甲子園観戦ですね
早くもドラフト候補じゃないかって注目されてる奈良間くん、打率凄いし守備も上手くて、笑顔が可愛い
近江の北村君は1年のころから4番打ってたし、あのときから注目の打者だった。

甲子園でいつか北村君の本塁打みれるかなと思っていたらこの智辯和歌山戦で…

佐合君は選抜の前から145キロ右腕て噂されていたし注目していた。

選抜みたかったが何故か登板はなかったのでこの夏みたいと思っていた

甲子園は金足農業の吉田に注目しよう
明日から東北の各県代表が5日連続で甲子園に登場します。

先陣をきるのは秋田代表。

プロ注目の右腕吉田君率いる金足農業。

相手は古豪の鹿児島実業ですが、まず1勝は固いと信じております。

頑張れ金足農業!

奈良間選手の甲子園通算打率は注目だな
個人的に大注目の金足農・吉田くんが全国デビュー。

鹿実打線とどう相対するかは要注目。

あとは大垣日大のエースはお名前が凄い。

修行恵大くん、彼も好投手。

ご覧のようなコメントをされている方がいました!

それぞれの方が思う注目選手をピックアップされていましたね!

ネット上で多くの方が注目されているバッターは印象として、花咲徳栄の野村佑希選手でした。

皆さんはどの選手を注目されますか?

自分が注目する選手がホームランなどを放ち活躍すると自分のことのように嬉しいですよね!

どの選手が甲子園で大注目し、活躍されるようなプロになっていくのか非常に楽しみですね!

広告

今回は2018年夏の甲子園で注目の打者についてご紹介させていただきました!

個人的には優勝候補の大阪桐蔭に所属している藤原選手を注目しています。

やっぱり優勝候補と呼ばれている大阪桐蔭内でのチームトップの15打点はすごいですよね!

甲子園もまだ始まったばかりで他にも各学校素晴らしい打率を持っている選手がたくさんいます!

そのため、今後の甲子園も非常に楽しみですね!