鹿児島実業野球部の甲子園メンバー2018は?出身中学や注目選手と監督は?

夏の甲子園、鹿児島県代表は鹿児島実業高校に決まりました。

鹿児島実は、大会第4日に秋田代表の金足農との対戦が決まっています。

夏は3年ぶり19回目の出場となる鹿児島実業高校野球部ですが、今年はどのような布陣になっているのでしょうか。

今回は鹿児島実業高校野球部のメンバーや注目選手、監督についてなどの戦力についてシェアしたいと思います。

広告

鹿児島実業高校野球部のスターティングメンバーと出身中学は?

鹿児島実のベンチ入りメンバーはこのようになっています。

1 吉村陸矩(3年) 薩摩川内市川内中央中(鹿児島)
2 西村僚祐(3年) 鹿児島市松元中(鹿児島)
3 中島翔(3年) 垂水市垂水中央中(鹿児島)
4 西畑光瑛(3年) 霧島市国分中(鹿児島)
5 西竜我(3年) 鹿児島市松元中(鹿児島)
6 岩下丈(3年) 指宿市山川中(鹿児島)
7 長谷龍太郎(3年) 南さつま市加世田中(鹿児島)
8 山下馨矢(3年) 日南市吾田中(宮崎)
9 原口大史(3年) 薩摩川内市川内中央中(鹿児島)
10 福永龍生(3年) 大崎町大崎中(鹿児島)
11 立本颯(3年) 鹿児島市東谷山中(鹿児島)
12 益満雄仁(3年) 薩摩川内市川内南中(鹿児島)
13 俣木隼太(3年) いちき串木野市串木野西中(鹿児島)
14 山添倭茹(2年) 神戸市立長田中(兵庫)
15 山下達也(3年) 都城市庄内中(宮崎)
16 板越大剛(3年) 曽於市財部中(鹿児島)
17 椎葉峻(3年) 鹿児島市谷山北中(鹿児島)
18 栫章人(3年) 姶良市蒲生中(鹿児島)

以上が鹿児島実のベンチ入りメンバーです。

やはり大半が鹿児島の中学出身で、2年生からは山添倭茹選手だけがベンチ入りしており、残りのメンバーは皆3年生です。

広告

鹿児島実業高校の注目選手は?


鹿児島実の打線の中心は中島選手と西選手の3、4番コンビです。

鹿児島大会ではともに打率5割を超え、鹿児島実の得点源となっています。

全体的には長打は多くなく、つないで点を取る打線なだけに、この3、4番がいかにランナーを還せるかが攻撃の鍵となりそうです。

また投手は丁寧に打たせて取るタイプの吉村選手がエースです。

しかし、2番手のサウスポー立本選手も力では劣らず、この左右両輪で相手打線を抑えていきます。

継投も一つの鍵になるかもしれませんね。

鹿児島実業高校の監督は

鹿児島実の監督は、1972年生まれの宮下正一監督です。

鹿児島生まれで鹿児島育ち、もちろん鹿児島実のOBで、春夏の甲子園大会に出場、ともにベスト8に進出するという実績を残しています。

鹿児島実卒業後、2003年まで日本鋼管福山(現・JFE西日本)に所属した後、母校にコーチとして戻り、2005年から監督に就任しています。

鹿児島実の伝統を残しつつ、栄養学を取り入れて食事の管理を行うなど、新しい試みも行い、伝統との融合をはかっているとのことでした。

広告

鹿児島実業高校野球部メンバーの出身中学と監督や注目選手を紹介!まとめ

鹿児島は、樟南、神村学園といった強豪がライバルとして立ちはだかりますが、鹿児島実が鹿児島大会を勝ち抜いて甲子園出場したときのチームというのは、いつも完成度の高いチームで乗り込んできているような印象があります。

今回もホームランを連発するような大型選手はいないものの、投手を軸にしっかりと守り、ワンチャンスをものにする、そつの無い野球をするチームに仕上がっていると思います。

初戦の相手は豪腕・吉田選手を擁する金足農なので、ロースコアの接戦が予想されますが、こういうときに、このチームの完成度がものをいうのかもしれません。

今年はNHK大河ドラマ「西郷どん」で盛り上がる鹿児島。

高校野球でも盛り上げていきたいところですね。