甲子園のジンクスとは?魔物がいるってどういうこと!?

甲子園が開幕しましたね!

今回は、第100回記念大会ということで、過去最多の56校もが集結し、毎日熱戦を繰り広げています。

毎回色々なドラマが生まれますが、その時によく語られるものに、甲子園ならではのジンクスや、魔物がいるなんていう話がありますね。

そこで今回は、甲子園のジンクスや、魔物がいると言われる理由について調べたのでシェアしたいと思います!

広告

甲子園のジンクスとは?

ジンクス【Jinx】
縁起のよい、または悪い言い伝え。
また、縁起をかつぐ対象とする物事。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

高校球児の夢の舞台、甲子園。

そこにも、いろいろなジンクスがあるようですね。

そこで、甲子園にまつわるジンクス、どんなものがあるのか調べてみました!

優勝旗は東北・山陰にはいかない?!

これまで、東北・山陰勢が優勝したことは春夏通してありません。

名門・愛工大名電は初戦負け?!

平成以降、夏大会で、愛知の代表が愛工大名電になると、甲子園初戦負けが続いています。

明治神宮大会出場校は決勝戦に残る!

毎年11月に開催される「明治神宮野球大会」の出場校は、ほぼ確実に翌年の春、または夏の甲子園で決勝に進んでいます。

一度も決勝に行ったことがない県がある

岩手、山形、山梨、富山、福井、鳥取、島根、長崎県はこれまで決勝まで行ったことがないようです。

その他

・戦後3連覇はない!

といった、ジンクスというより、地方大会から勝ち進んで達成する方が難しそうなものや、

・甲子園優勝投手は大成しない

・甲子園で涙する選手は大物になれない

といった、ホントかな?と真偽が怪しいものまで色々ありました。

甲子園目指して頑張ってきた高校球児には、たとえ自分たちに不利なジンクスがあっても、それを打ち破る心意気で、悔いなくプレーして欲しいですよね。

広告

甲子園に棲む魔物とは?

甲子園には魔物が棲んでいる

高校野球の世界でよく聞くフレーズです。

この魔物の正体は、いったい何なのでしょうか。

『名リーダーは「脳」で勝つ』の著者、林成之さんは、この魔物を以下のように同著で述べています。

日本全国から注目を浴びる甲子園大会という大舞台。そこでは拍手や歓声など、観客の放つ熱気も、県大会などとは次元が違います。

(中略)

いつもと違う大歓声、拍手、熱気、観客の異様な興奮・・・・・それらがひとかたまりとなって大舞台に慣れていない高校球児に迫ってくるわけです。そのことで「環境の統一・一貫性」が失われ、いつもなら考えられないミスを誘発するのが「甲子園の魔物」の正体です。

出典:名リーダーは「脳」で勝つ
著者:林成之 出版社:第三文明社

なるほど、甲子園という大舞台がもつ独特の空気や雰囲気を、魔物と呼んでいるということですね。

確かに、地方大会から勝ち上がってきた、経験も実力も兼ねそろえた球児たちのはずですが、そうはいってもまだ15歳~18歳。

その彼らがいきなり全国から注目される大舞台、それも夢の舞台に立つわけです。

これまで経験したことのないような大舞台、魔物の棲みかとの表現もわかるような気がします。

ネットでは、天が味方してないような、不運な現象や、誤審などを魔物と言っている声もあります。

しかし「甲子園の魔物」は「甲子園」に棲んでいるのです。

人間の判断によるものや、天運による不運な現象、とは少々意味合いが違うのでは、と筆者は思います。

広告

ネットの反応

甲子園にまつわるジンクスや、甲子園の魔物についてのネットの声を集めてみました。

どれも、興味深く、なかには「へ~!」と驚くようなものもありましたよ!

いつもならミスしないハズのフライキャッチもミスしてしまうのはやっぱり甲子園には魔物が潜んでるのかな。
甲子園の開会式 毎年、プラカード持ちの女の子が可愛いとこが躍進するジンクスがあります。
甲子園優勝投手は大成しないジンクスはマジ 桑田然り辻内然り
甲子園で涙する選手は大物になれないジンクスあるよな
そういえば、 NHK杯で優勝したチームは甲子園に行けないっていうジンクスはなくなったようですね!!
誤審は甲子園の魔物…でいいんだよね?
甲子園 第2日 第一試合 想像を超える乱打戦

第二試合 緊迫の投手戦

第三試合 沖学園初出場初勝利

第四試合 延長タイブレークにまで縺れ込む接戦

甲子園の魔物はそこにいる

12点取って勝てないとかさぁ………甲子園、どんな魔物が住んでるんだよホント@
高校野球程度なら審判レベルもそこそこで、誤審は甲子園の魔物の一種と言われればそれまでだけど…

その後のエラーは明らかに動揺してたね…

う~ん… 残念無念。

あーあそこであのボールが切れないとは魔物は佐久長聖に味方をしてるか。

頑張ろう旭大踏ん張ろう旭大

広告

今回は、甲子園にまつわるジンクスや、甲子園の魔物について調べてみました。

現在、甲子園で戦っている球児たちも、自分たちに不利と思われるジンクスや、甲子園という大舞台に棲む魔物に負けそうになることもあるかもしれません。

でも、それらに打ち勝って新しいジンクスを作り出す力も、若い彼らにはきっとあるはずです。

魔物に負けず、悔いを残さないよう、”自分たちの野球”を魅せてほしいものですね!