日大三高校野球部メンバー2018のスタメンは?出身中学や注目選手と監督も紹介!

夏の甲子園、西東京代表は日大三高校に決まりました。

日大三高校は今年の春の選抜高校野球にも出場したこともあり、西東京大会の優勝の大本命と目されていましたが、決勝の日大鶴ケ丘高校戦では9回に4番の大塚選手のサヨナラ2ランホームランで大会決勝を決めるなど劇的な幕切れでしたね。

今回は日大三高校野球部メンバーのスタメンと出身中学、注目選手についてシェアしたいと思います。

広告

日大三高校野球部のスタメンは?

まずは日大三高校の西東京大会時の登録メンバーをみていきましょう。

 

背番号 名前 ポジション 学年 出身中学 出身リトルシニア等
中村奎太 投手 千葉 八千代松陰中 中学軟式
齊藤龍二 捕手 神奈川 座間市座間南中 相模ボーイズ
飯村昇大 一塁手 千葉 千葉市さつきが丘中 千葉西シニア
木代成 二塁手 東京 八王子市楢原中 八王子シニア
金子凌 三塁手 茨城 古川市三和中 小山ボーイズ
日置航 遊撃手 長野 上田市第二中 上田南シニア
佐藤コビィ 外野手 東京 葛飾区小松中 江東シニア
柳沢真平 外野手 東京 練馬区西台中 東京練馬ボーイズ
大塚晃平 外野手 神奈川 座間市西中 相模ボーイズ
10 河村唯人 投手 埼玉 所沢市柳瀬中 所沢中央シニア
11 井上広輝 投手 神奈川 厚木市南毛利中 海老名南シニア
12 佐藤英雄 捕手 東京 中野第二中 世田谷西シニア
13 小沢優翔 外野手 東京 清瀬市清瀬第二中 新座シニア
14 髙木翔己 投手 千葉 千葉市打瀬中 千葉西シニア
15 上野隆成 外野手 埼玉 新座市新座第五中 新座東シニア
16 前田聖矢 外野手 神奈川 横浜市中川西中 都筑中央ボーイズ
17 石田拓海 内野手 栃木 さくら市喜連川中 県央宇都宮ボーイズ
18 廣澤優 投手 東京 世田谷区尾山台中 世田谷西シニア
19 林玲介 投手 兵庫 神戸市北神戸中 三田ヤング
20 平野将伍 投手 三重 桑名市多度中 菰野ボーイズ

 

 

日大三高校は東京都出身が6名、東京都以外の関東圏出身が11名(内訳:神奈川4、千葉3、埼玉2、茨城・栃木1)、関東圏以外の出身が3名と関東圏の有力なリトルシニア出身の選手が日大三高校に多く入学していることが分かります。

そして、甲子園の登録メンバー(18名)では内野手控えの石田選手と投手の平野選手が登録を外れました。

これによって背番号の変更が発生し、19番の林投手が17番となりました。

日大三高校は背番号1桁が全て3年生と3年生を主体とする点と西東京大会では内野手控えの石田選手が甲子園の登録メンバーを外れたことから内野手の控えがいなくなった点が特徴的です。

それだけ、3年生、特に内野陣には信頼があるのでしょうね。

また、西東京大会決勝、日大鶴ケ丘戦での日大三高校のスタメンは次のようになります。

1(三)金子凌(右・左)
2(二)木代成(右・左)
3(遊)日置航(右・右)
4(右)大塚晃平(右・右)
5(投)中村奎太(右・右)
6(一)佐藤コビィ(右・右)
7(左)小沢優翔(右・左)
8(中)柳沢真平(右・左)
9(捕)佐藤英雄(右・右)

西東京大会準決勝、東海大菅生戦では中村選手が5番・センターで先発出場したので、佐藤捕手が8番、9番に投手の広澤投手が入りました。

甲子園では中村投手の先発が予想されるので、基本的には上記のスタメンを軸としたオーダーが組まれると予想されます。

広告

日大三高校の注目選手は?

次に日大三高校の注目選手を学年別にみていきましょう。

今年のドラフトにも関係する3年生では主将の日置航選手に注目です。

日置選手は2年生の時からショートを守り、今大会では打率.423と好調を維持しています。

また、日置選手は中学3年時も主将としてリトルシニア日本選手権大会やジャイアンツカップといった全国大会への出場経験があり、大舞台に慣れています。

その他には春の大会で22打数15安打と大暴れした金子凌選手、長打力がありガーナ人の父を持つハーフの佐藤コビィ選手、決勝戦でサヨナラホームランを放った大塚晃平選手も注目です。

投手ではエースの中村奎太選手は投手としては140km/h越えの速球を武器としつつ、5番打者として打撃も好調、さらに試合によってはセンターを守るなど、どれをとっても万能な選手です。

2年生では投手に注目が集まります。

特にU-18代表校補にも選出され、来年のドラフト上位候補にも挙がっている井上広輝投手に注目です。

井上投手は春季大会で登板中に右ひじを故障し、この夏の西東京大会では1試合も登板していませんでしたが、監督の小倉監督から「投げさせたいと思っている」と発言し、自身も登板に意欲を見せる発言をしているので、監督の起用方法に注目です。

また、190cmから最速142km/hの直球を投げる廣澤優投手と187cmから最速140km/hの直球を投げる平野将伍投手の2人の高身長投手も控えており、日大三高校は投手の戦力層は厚いです。

日大三高校の監督は?

日大三高校の監督は小倉全由(まさよし)監督です。

小倉監督は日大三高校から日本大学に進学しましたが、高校在学中は内野手だったもののレギュラーにはなれず、大学では野球部に入部しませんでした。

しかし高校野球部の指導者になることを目指し、大学在籍時は母校のコーチを務め、日本大学卒業後、1981年に関東第一高校の野球部監督に25歳の若さで就任しました。

その後、4年後の85年夏の大会に甲子園に初出場して8強入り、87年の選抜で準優勝に導くなど、関東第一の名前を一躍全国区に知らしめました。

ところが1989年に、あらぬ噂が出回ったこと(お金の使い込み、勿論デマです。)を理由に退任に追い込まれ野球からいったん身を引きました。

その時小倉監督は監督をしたがっていると思われないために短髪だった髪を伸ばしてソフトパーマをかけるなどのイメージチェンジをしたほどでした。

その後、1992年に同校の野球部監督に復帰すると1997年に母校の監督に就任しました。

そして、2001年の夏に強力打線を引っ提げて悲願の初優勝を成し遂げると2001年から5年連続で甲子園に出場しました。

小倉監督は関東第一高校で4度、日大三高校で14度の甲子園出場を果たし、優勝2回、準優勝2回、通算成績が33勝18敗と春夏通算勝利数が歴代11位です。
ちなみに10位が簑島高校を率いた故・尾藤公氏の35勝なので、夏の甲子園で2勝すればトップ10入りとなります。

日大三高校の初戦は大会6日目、8月10日の第2試合で100回目の記念大会で北と南の2地区に分かれた北福岡代表の折尾愛真高校戦です。

折尾愛真高校は高校通算40本塁打を放つ身長191cm89kgの右投げ両打ちのスラッガーで投手としても140km/hの速球を投げる「九州のゴジラ」松井義弥選手や北福岡大会で6本の本塁打を放った野元凌選手が注目されますが、打撃戦となるかあるいは日大三高校の投手陣が折尾愛真打線を抑えるか注目です。