慶応高校野球部メンバー2018年のスタメンは?出身中学や注目選手は?

夏の甲子園大会、北神奈川代表は慶応義塾高校が10年ぶり18回目の出場を決めました。

今年は第100回目の記念大会ということもあり、神奈川は北と南の2地区に分かれましたが、東海大相模高校や桐光学園といった強豪校を抑えて慶応高校が南神奈川の横浜高校とともに甲子園に出場します。

 

今回は2018年夏の甲子園に出場する慶応高校野球部の出身中学やスタメン、注目選手についてシェアしたいと思います。

 

広告

慶応高校野球部のスタメンは?

まず、北神奈川県大会の登録メンバーをみていきましょう。

 

番号 名前 ポジション 学年 出身中学 出身リトルシニア等
生井惇己 投手 茨城 下妻市千代川中 常総シニア
善波力 捕手 神奈川 綾瀬市城山中 麻生ボーイズ
廣瀬隆太 一塁手 神奈川 慶応義塾普通部 世田谷西シニア
奥村拓馬 二塁手 東京 世田谷駒留中 世田谷西シニア
下山悠介 三塁手 千葉 千葉市打瀬中 千葉西シニア
宮尾将 遊撃手 神奈川 法政大学第二中 武蔵府中シニア
大川裕也 外野手 東京 江戸川区清新第二中 浦安シニア
根岸辰昇 外野手 東京 慶応義塾中等部 中学軟式
石田新之介 外野手 東京 慶応義塾中等部 中学軟式
10 渡部淳一 投手 東京 世田谷区東深沢中 東京神宮シニア
11 大島光貴 捕手 東京 葛飾区常盤中 江戸川中央シニア
12 千坂卓海 捕手 宮城 松島町松島中 中学軟式
13 吉川海斗 外野手 千葉 柏市富勢中 取手シニア
14 杉岡壮将 内野手 神奈川 川崎市宮崎中 横浜青葉ボーイズ
15 河本龍斗 投手 神奈川 藤沢市第一中 中学軟式
16 田邊慎之佑 内野手 神奈川 横浜市浜中 中学軟式
17 内藤友喜 外野手 神奈川 慶応義塾普通部 中野シニア
18 関展理 外野手 北海道 札幌市栄中 札幌新琴似シニア
19 斉藤俊 外野手 東京 江戸川区西葛西中 江東ライオンズ
20 田口義将 投手 埼玉 加須市北川辺中 春日部ボーイズ

 

慶応高校は神奈川県出身が7名、神奈川以外の関東圏出身が11名(内訳:東京7、千葉2、茨城・埼玉1)、関東圏以外の出身が2名と関東圏出身が多数占めており、また学年も2・3年生中心です。

また、北神奈川県大会では登録メンバーが20名なのに対し、甲子園の登録メンバーは18名なので2人登録を外さなければなりませんが、2年生捕手の千坂選手と3年生の河本投手が登録メンバーから外れました。

 

それに伴って背番号の変更もあり、内藤選手が17→12、田口投手が20→15、関選手が18→17.

斉藤選手が19→18となりました。

 

そして、慶応高校のスタメンですが、北神奈川県大会決勝の桐光学園戦のスタメンが次の通りです。

1(遊)宮尾将(右・左)

2(左)大川裕也(右・左)

3(三)下山悠介(右・左)

4(一)廣瀬隆太(右・右)

5(中)根岸辰昇(左・左)

6(二)奥村拓馬(右・右)

7(右)内藤友喜(右・右)→吉川海斗(左・左)

8(捕)善波力(右・右)

9(投)生井惇己(左・左)

 

このスタメンオーダーは北神奈川県大会準決勝の東海大相模戦も同じでした。

ですから甲子園初戦となる新潟の中越戦もこのスタメンに近いものになると予想されます。

なお、7番の内藤選手は偵察メンバーですぐに吉川選手に交代しています。

広告

慶応高校の注目選手は?

慶応高校の注目選手はやはり背番号1を背負うエース生井惇己(なまいじゅんき)投手です。

生井投手は今年の選抜にも登板経験のある左腕で、スリークォーター気味のフォームから繰り出すMax143km/h、常時130㎞/h後半の直球を軸にカーブ、スライダー、チェンジアップを使い分けます。

 

ただし、生井投手はスタミナに課題があり、準決勝の東海大相模戦、決勝の桐光学園戦ともに中盤・終盤で失点したので、甲子園では生井投手と渡部投手の継投が基本路線になりそうです。

 

また、野手では慶応高校のリードオフマンを務め、守備と長打に定評のある宮尾選手と2年生の4番廣瀬選手に注目が集まります。

 

慶応高校の監督は?

慶応高校の現在の監督は森林貴彦氏です。

森林氏は東京都渋谷区生まれで慶応普通部から慶応高校、慶応大学法学部に進学し、高校時代は遊撃手でした。

慶応大学在籍時は学生コーチを務め、大学卒業後はNTTに入社しましたが、野球指導者への熱意は消えず、退社し筑波大学大学院でスポーツ科学を学びつつ当時のつくば秀英高校の監督、阿井英一郎監督(元ヤクルトスワローズ、日本ハム1軍ヘッドコーチ)の下でコーチを務めました。

 

その後、森林氏は教員免許を取得し、現在は慶応幼稚舎(小学校)の教員を務める傍ら、2012年から慶応高校の助監督、2015年秋から上田誠監督から監督を引き継ぎました。

森林氏は「Enjoy Baseball」を掲げ、野球を楽しむこと、そしてそのための工夫や努力を怠らず、部員一人一人が自分から野球に積極的に取り組むことをモットーにしています。

 

今年の北神奈川は選抜でベスト4に入り、高校通算46ホームランを放ち、今年のドラフト候補にも挙がっている森下翔太選手擁する強力打線のある東海大相模が有利と見られましたが、慶応高校が北神奈川代表となりました。

 

慶応高校は北神奈川県大会を通して打線は好調だっただけに生井、渡部両左腕の調子次第だと思います。

初戦が1日目の第3試合、新潟の中越戦となりましたが、慶応高校が勝ち進むのか期待しましょう。