白山高校野球部メンバーの出身中学は?注目選手と監督も紹介!

夏の甲子園大会、三重県代表は白山高校に決まりました。

初戦敗退の常連で、一昔前までは「ヤンキーの巣窟」とも呼ばれた白山高校が一気に三重県の頂点まで駆け上がったことは、全国的な驚きを持って迎えられました。

このように異色の経歴を持つ白山高校、甲子園ではどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

今回は、この白山高校のメンバーや監督の経歴についてシェアしたいと思います。

広告

白山高校野球部メンバーと出身中学

白山高校のベンチ入りメンバーは以下のようになっています。

1 山本 朔矢(3年) 三重 松阪市久保中

2 辻 宏樹(3年) 三重 津市西橋内中

3 有森 紫苑(3年) 三重 名張市赤目中

4 石田 健二郎 (3年) 三重 津市久居西中

5 岩田 剛知(3年) 富山 朝日町朝日中

6 栗山 翔伍(3年) 三重 津市西橋内中

7 伊藤 尚(3年) 三重 亀山市中部中

8 市川 京太郎 (3年) 三重 松阪市鎌田中

9 駒田 流星(2年) 三重 四日市市山手中

10 堀 涼(3年) 三重 津市久居西中

11 神野 真志(3年) 三重 名張市北中

12 橋本 魁蛇(2年) 三重 津市白山中

13 河村 岳留(2年) 愛知 一宮市尾西第三中

14 梶川 裕一朗 (3年) 三重 松阪市中部中

15 刀根 夢斗(3年) 三重 松阪市鎌田中

16 田中 翔稀(2年) 三重 津市白山中

17 小古 晴也(2年) 三重 津市豊里中

18 下中 宙(2年) 三重 伊賀市緑ケ丘中

19 パルマハーヴィー(2年) 三重 津市東橋内中

20 吉岡 海斗(3年) 三重 津市一志中

以上が三重県大会のベンチ入りメンバーになります。

県立高校なので、ほとんどが三重県内の中学出身です。

広告

白山高校の注目選手は?

白山高校の注目選手ですが、ショートの栗山翔伍選手を挙げておきたいと思います。

50メートル6秒の俊足の1番打者です。

栗山選手が塁に出てかき回し、長打力のある有森選手、辻選手といった強打者が還す、というのが得点パターンになると思います。

一方、投手については、背番号1の山本選手の他に、背番号5をつけた岩田選手の登板もあります。

どのような投手起用をしてくるかも注目でしょう。

 

白山高校の監督は?

白山高校を率いるのは東拓司監督です。

東監督は大阪体育大学の出身で、現巨人の上原浩治選手と一緒にプレイをしていたこともあるそうです。

そして大学卒業後教師になった東監督は、三重県立上野高校に赴任し、県ベスト4に導きます。

その後白山高校に赴任して甲子園に導くわけですが、赴任当初は部員5名、グラウンドは草だらけという有様で、まずグラウンドの草むしりから始めたそうです。

そのような練習環境の整備の他にも、有望な中学生の勧誘にも熱を入れます。

とはいえ、部員5名の、初戦敗退の常連高校ですから、勧誘もままなりません。

そんな状況の中、有力校には入れなかったけれども、潜在能力のある選手を鍛え上げることによってチーム力をアップし、今回の甲子園初出場に導きました。

ノーシードで注目されていなかった高校が一気に優勝するということは珍しいことではありません。

しかし、ここまで急激な成績上昇というのはなかなかないのではないでしょうか。

一方で、ネットでは「リアルルーキーズ」とも言われているような、この白山高校の躍進には、勇気づけられた地方公立高校も多いのではないかと思います。

個人的には、甲子園には一部の野球エリートだけでなく、色々な個性を持った高校に出場してほしいと思っているので、今回の白山の活躍は嬉しかったです。

甲子園でどのような活躍を見せるか、期待したいと思います。