トリプル100とは?歴代達成者は?名球会入りの条件なの!?

プロ野球巨人の上原浩治選手が、7月20日にトリプル100という記録を達成しました。

ここにきてにわかに騒がれているトリプル100ですが、トリプル100とはいったいどのような記録なのでしょうか。

今回はトリプル100とはどういう記録なのか?

歴代の達成者や名球会入りの条件となっているのかなどについてシェアしたいと思います。

広告

トリプル100とは?

まず、トリプル100とはどのような記録かということですが、100勝、100ホールド、100セーブを全て達成することです。

上原選手の場合、日米通算で134勝、128セーブを挙げていましたが、今回100ホールドに達したことで、トリプル100達成となったわけです

勝利は主に先発投手につくもの、セーブは抑え投手につくもの、ホールドは中継ぎ投手につくもので、このトリプル100というのは、先発、中継ぎ、抑えの全てで実績を挙げる必要があり、それゆえに非常に達成が困難な記録となっています。

トリプル100の歴代の達成者は?

トリプル100は達成が困難ということを説明しましたが、歴代でこのトリプル100を達成した選手はいるのでしょうか。

結論を言うと、日本にはいません。

上原選手は日本人初の快挙を成し遂げたということです。

一方、海外に目を向けますと、さすが野球の国アメリカ、大リーグには一人だけ達成者がいます。

大リーグでは2008年に、トム・ゴードンという選手が達成しています。

このゴードン選手、1988年にカンザスシティ・ロイヤルズに入団時は先発として実績を挙げ、ボストン・レッドソックス移籍後の1997年から抑えに回ります。

その後シカゴ・カブス、ヒューストン・アストロズ、シカゴ・ホワイトソックス、ニューヨーク・ヤンキース、フィラデルフィア・フィリーズ、アリゾナ・ダイヤモンドバックスと移籍を繰り返しながらリリーフで実績を重ね、20年でこの記録を達成しました。

奇しくも上原選手も今年が20年目、やはりこれくらい、長く活躍しないと達成できない記録ということなのかもしれませんね。

広告

トリプル100は名球会入りの条件?

このように、達成が非常に難しいトリプル100ですが、これを達成したら名球会に入れるのでしょうか。

現在は投手の名球会入りの条件としては勝利数とセーブ数があるだけで、ホールドについてはなにも規定がありません。

すなわち、今の規定では、いくらホールドを挙げても、勝利数とセーブ数が規定数に足りない上原選手は名球会には入れないわけです。

このことについては、上原選手もホールドへの評価を見直してほしい旨の発言をしており、今後見直される可能性もあります。

日本で誰も達成したことのない記録を達成したのですから、名球会に入れないというのはおかしいんじゃないか、という気も確かにするところです。

ネットの反応

この上原選手の記録達成について、ネットの反応はどうなっているでしょうか。

上原さんおめでとうございます!!

すごい記録だわ~この記録って名球会の入会資格にあってもいいような気がするのは私だけかな?

上原さんで負けたら仕方ないです。

トリプル100報知の一面で元気出して下さい。

先発、中継ぎ、抑えの全部をチーム事情でこなした人というと広島の佐々岡真司投手を思いつくのですが、現役時代にホールドの制度が有ったら100ぐらい行くんじゃないのかな。
巨人の上原、トリプル100達成したのそこまでニュースになってないの意味わかんないんだけど。

世界で二人目だよ?

すげーことなんだよ?

トリプル3なんか目じゃないんだよ?

おめでとう上原! やっぱり華があるね。

色々言う人はいるけど、 限界まで投げてる姿見せてくれ!

文句なしの記録なので祝福の声が大半ですが、名球会はどうなるか、また、達成した試合で負けたのが残念という声もありました。

広告

投手では、先発向き、リリーフ向きといった適性もあると思うので、どちらもこなして立派な成績を挙げるというのはかなり難しいはずです。

実際、これまでに日本では誰も達成したことのない記録なので、それがどれだけ大変なことなのかよく分かります。

なので、今回の上原選手の記録達成は、無条件で賛辞を送りたいと思います。

今後、この記録を達成する選手は現れるのでしょうか。

なかなか難しいとは思いますが、期待して見ていきたいと思います。