FIFAランキング 2018 クロアチアやロシアの順位はどれだけ上がるの!?

ロシアワールドカップも終わり、予想もされていなかったクロアチア代表とロシア代表の快進撃が多くの注目を浴びたことと思います。

ロシア代表はFIFAランキング70位とワールドカップロシア大会出場国の中で最弱となっています。

またクロアチア代表もFIFAランキング20位と決して低くは無いのですが、注目はされていませんでした。

しかし、ロシア代表はベスト8という結果を残し、クロアチア代表もあと一歩で初の優勝になるところ惜しくも負けてしまい、準優勝というこれまでの最高成績をおさめました!

今回はクロアチア代表の順位とロシア代表のFIFAランクの順位はどれくらい上がるのかについてシェアしたいと思います。

広告

クロアチアの順位はどれくらい上がる?

それではクロアチア代表の順位についてどれくらい上がりそうなのかご紹介させて頂きます。

7月19日現在クロアチア代表のFIFAランキングは20位という順位に位置しています。

クロアチア代表の昨年2017年から位置されているFIFAランキングがこちらになっています。

2017年1月、14位

2017年2月、16位2017年3月、16位2017年4月、18位

2017年5月、18位

2017年6月、18位

2017年7月、15位

2017年8月、16位

2017年9月、18位

2017年10月、18位

2017年11月、17位

2017年12月、17位

2018年1月、15位

2018年2月、15位

2018年3月、15位

2018年4月、18位

2018年5月、18位

2018年6月、20位

平均的にみて、15位から20位の間を上ったり下がったりしている印象ですね。

FIFAランキングだけでいうと上位に食い込む国でもなければ、下位に大きく下がってしまう国でもありません。

そのためFIFAランキングでいうところの中堅クラスの国と呼べるかと思います。

そんなクロアチア代表がワールドカップロシア大会で記録ずくめの準決勝突破になりました!

国際サッカー連盟FIFAによると同一大会の決勝トーナメント3試合で、全てリードを許してしまった状況から勝ち進めた初のチームになったようです。

またこれまでのワールドカップで3戦連続の延長戦を戦っての決勝進出も例がありません。

1990年ワールドカップイタリア大会でイングランド代表が3試合続けて延長戦に突入しましたが、この時は準決勝でPK戦の末に西ドイツに負けてしまいました。

またFIFAランキングからいうと、クロアチア代表のFIFAランキングは20位で、1993年8月に制度が導入されてから最も低い順位の決勝進出国ということにもなりました!

1大会でこれほどに多くの記録を成し遂げてきたクロアチア代表、素晴らしいですね!

そんなクロアチア代表はワールドカップロシア大会で準優勝を果たし、FIFAランキングもかなり上位へ上がると予想できます。

過去の算出方法ですが1998年ワールドカップフランス大会の時、フランス代表が優勝しました。

その当時、フランス代表はワールドカップ始まる前の月のFIFAランキング18位、その前月の4月は25位とクロアチア代表と同じく中堅クラスの順位を位置していました。

しかし、その年にフランス代表はワールドカップ優勝で優勝をして、順位は跳ね上がり1998年の7月にはFIFAランキング2位の16位アップという成績を残しました。

それと比較して、今大会のW杯ロシア大会の準優勝クロアチア代表もこれに近い結果を残せるのではないかと予想できます。

1998年W杯フランス大会
フランス代表優勝
18位→2位

2018年W杯ロシア大会
クロアチア代表準優勝
20位→?

今度発表されるFIFAランクから新たな算出方法に変更されるため、どのように今大会の結果が数字としてランキングに反映されるのかわかりませんが、5位内に入るのは確実なのではないでしょうか?

どのような結果になるのか非常に楽しみですね!

広告

ロシアの順位はどれくらい上がる?

つづいてロシア代表の順位についてどれくらいあがるのかご紹介させて頂きます!

ロシア代表はW杯ロシア大会でのダークホースと呼べるほどの快進撃を見せてくれました!

大会始まる前は自開催国であるロシアの方々も良い結果を残せると思っていなかったようで、そこまでロシア代表選手に期待せず、あまり応援にも力を入れていなかったようです。

しかし、大会が始まるとグループAの初戦サウジアラビア代表との一戦で5-0と大勝し、FIFAランク45位のエジプト代表にも3-1と快勝しました。

同グループのウルグアイ代表には負けてしまったものの、グループ2位で決勝トーナメントに進出しました!

これにロシア国民は大喜びをして、ネット上でもロシア代表の快進撃が大注目されました。

決勝トーナメントベスト16ではグループBを首位で通過した無敵艦隊のスペイン代表をPK戦で勝利し、ロシア代表はベスト8という結果を残しました

この結果からロシア代表のFIFAランキングもかなりあがると予想できます。

ちなみに、ロシア代表の2017年から現在に至るまでのFIFAランキングがこちらになっています。

2017年1月、56位

2017年2月、61位

2017年3月、60位

2017年4月、61位

2017年5月、61位

2017年6月、63位

2017年7月、62位

2017年8月、62位

2017年9月、64位

2017年10月、65位

2017年11月、65位

2017年12月、64位

2018年1月、62位

2018年2月、61位

2018年3月、63位

2018年4月、66位

2018年5月、66位

2018年6月、70位

ご覧のような成績となっています。

平均的に60から70位の間を上ったり下がったりしていますね。

このFIFAランキングの国がベスト8まで勝ち進んできたのは本当にすごいことですね!

こちらも過去の算出方法になりますが、2006年W杯ドイツ大会の時にウクライナ代表がFIFAランク45位ながらベスト8に進出しました。

ウクライナ代表は2006年のW杯が始まる前のFIFAランキングが45位、その前の月も41位と比較的下位な国でした。

しかし、2006年W杯ドイツ大会ベスト8という結果を残し、大会後45位から15位に30位ランクアップしました。

2018年ロシア大会のベスト8ロシア代表と比較するとこのようになります。

2006年ドイツ大会ベスト8
ウクライナ代表
45位→15位

2018年ロシア大会ベスト8
ロシア代表
70位→?

単純に考えたらウクライナ代表が2006年ドイツ大会の時に30位アップされたのでロシア代表も30位アップして、40位になることが予想できます。

しかし、今度から新たに算出される方法から同じような結果になるとは言い難いですし、そもそも大会が始まる前のロシア代表のランクが非常に低いのでかなりあがることも予測できます。

ちなみに新しい算出方法がこちらになっています。

A・・・試合前のポイント
B・・・試合の重要度
C・・・試合の結果
D・・・試合の期待結果
算出方法=A+B ×(C-D)

こちらの算出方法でロシア代表がどこまでランクをあげられるのか非常に楽しみですね!

広告

ネットの反応

それではクロアチア代表とロシア代表のFIFAランクについてネットではどのような反応なのかツイッターを元にご紹介させて頂きます。

クロアチア代表

ハイライト見て思ったけどやっぱりクロアチアの選手の見た目がかなり好みだった。

それなのに名前は覚えられないというね。

サッカーWカップが終わって決勝戦の余韻が引かない!
クロアチアのルカ・モドリッチはM VPを獲得したけど、表情はかたい。

天才的な選手だと思う!

クールで華やかなカサブランカを

まだ往生際悪いんですけど(^^;

彼らから離れがたくて…

なんていうんだろ?

今回のクロアチアの代表メンバー全員が好きっていうか…

モドリッチはダントツなんですけどねw

モドリッチのプレーに魅力され、クロアチアメンバーの仲良し具合がまたよくて、本当愛おしいって言葉がピッタリですよね。

W杯ロス、モドリッチロス、クロアチアロスですが 元気な姿を見るとホッとしたりしてます〜

クロアチア、、、、、

足元の技術持っておきながら、あんだけがむしゃらに走り続けられるのは凄いことよな、、

推し甲斐のあるチームでした。

準優勝おめでとう!!!

モドリッチが予想を超えてドツボだったのでちょこちょこクロアチア調べてみたり、

スーパープレー集見ちゃってる…。

当然すごいんだけど、この人が走れなくなるぐらいの死力を尽くしてで試合に出ていたという驚きがな…!

個人的第二次サッカーブームは欧州リーグ…!?

ロシア代表

今更だけど今年のW杯のロシアの頑張りに感動した

スペイン戦何人も足つりながら必死に守ってた姿は華こそなかったものの心動かすものがあった

控えめに言って今回のロシア代表大好き

ロシア代表のゴロヒンってチェルシーに移籍する可能性があるのか。

W杯で活躍したし、なんといっても会長の母国の選手やし、十分可能性ありそう

ロシア代表には夢を見せてくれたとか感動をありがとうみたいなのあったけど他の国に関しては特に思わなかったな
個人的に今回のw杯はロシア代表が面白いと思ったり
FIFAのアセスメントでは評価最下位、FIFAランク最下位といろいろ言われてたけど

ロシア大会を成功裏に終えられてプーチンさんも鼻が高いだろう。

ロシア代表の健闘も大会を盛り上げたのは疑いない。

ご覧のようなコメントをされている方がいました!

クロアチア代表の方ではフランス代表に負けたことを今尚引きずってしまうという方。

今大会MVPのモドリッチ選手の顔を見て、泣けてくるという方が非常に多い印象でした!

本来的にワールドカップのMVPは世界最高選手の証でもあるので、もらったら嬉しいはずなのですが、それ以上に優勝したかった想いが強い顔のモドリッチ選手でした。

自分だけの最高賞ではなく、チームとしての最高賞を受賞したかったということですね。

一方、ロシア代表の方は予想外の展開だったというコメントをされている方が非常に多い印象でした!

ロシア代表はまさかの快進撃でしたね。

FIFAランキング70位という非常に低い成績でワールドカップをベスト8まで進出したのはロシア代表が初めてです。

ロシア代表のFIFAランキングが今後どのくらいランクアップするのか非常に楽しみですね!

広告

今回はクロアチア代表の順位とロシア代表の順位はどれくらい上がるのかについてご紹介させてもらいました!

クロアチア代表は準優勝でロシア代表はベスト8進出と予想外の結果になりましたね!

またクロアチア代表はFIFAランク20位、ロシア代表は70位とこの成績からどこまでランクアップされるのか注目したいですね!