水道民営化はいつから?料金への影響は?

ワールドカップの熱冷めやらぬ中、国民の生活に密着した水道に関する法案、「水道法改正案」が密か(?)に7月5日の衆院本会議で、与党などの賛成多数で可決され、参院へ送付されたのをご存知でしょうか?

本改正案は、結局、今国会での成立を見送る方針となりましたが、今度の日本の水道事業に大きな変化をもたらすことが考えられます。

そこで今回は、水道法改正が施行され、水道民営化になるのはいつからなのか、水道料金への影響等について調べたのでシェアしたいと思います!

広告

水道民営化はいつから?

7月5日、衆議院本会議で水道法改正案が、自民・公明両党と日本維新の会と希望の党などの賛成多数で可決し、参院へ送付されました。

22日までの会期中に成立が確実視されていましたが、13日に行われた自民党・関口昌一参院国対委員長と国民民主党・舟山康江参院国対委員長との会談で、今国会での成立は見送る方針になりました。

そのため、水道法改正案の施行は未定となり、この法案により可能となる水道民営化も実質、先送りされたことになります。

※12月6日に水道法改正案が再度衆議院で可決されました

そもそも、現在の水道事業にはどんな問題があるのでしょうか?

少子高齢化が進む日本では、人口が減少することが分かっています。

これは、水道事業においても利用者人口が減少することを意味しています。

利用する人が減ると、これまで得られていた水道利用料(収入)が減ります。

また、現在の水道設備の多くが、更新の時期を迎えていて、更新費用も捻出しなければなりません。

収入が減少する一方で、水道設備にかかる費用は増加

現在の水道事業は、そんな問題を抱えています。

加えて、公共性が第一の水道事業は、水道料金をできるだけ低く設定しています。

そこで、水道事業を民営化できるようにすることで、民間企業の資本や儲けのノウハウを使い、収入を上げ、負担を回避することを期待して、本法案が検討されたわけです。

今回は施行とならなかった水道法改正案ですが、施行されるとなると、現在の水道事業はどのように変わるのか、まとめてみました!

現状
・ 水道事業は、原則として市町村が経営するものとされています。

・現行制度においても、PFI法(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律)に基づいて、施設は地方公共団体が所有したまま、施設の運営を民間事業者に設定することはできます。

 

改正案
・最低限の生活を保障するための水道の経営なので、市町村が経営するという原則は変わりません

・地方公共団体はPFI法に基づいて、各種手続を踏めば、民間事業者に施設の運営権を設定することができるようになります。

・運営権を設定された民間事業者は、運営権の範囲で水道施設を運営したり、利用料金も自ら収受できます

・ただし、水道施設の利用料金の範囲などは、事前に地方公共団体が条例で定めます。また、地方公共団体によって、運営する事業者を監視・監督も行います。

(参考:平成29年度 第1回官民連携推進協議会(東京) H29. 8.21資料 https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000179020.pdf)

広告

水道民営化はいつから?のまとめ

あまり報道されないまま、水道法改正案が衆院本会議で可決され、驚いた方も多かったのではないでしょうか。

今回、本改正案は、今国会での成立を見送る方針となりましたが、おかげで、水道民営化について、国民が知るところとなり、結果的に良かったのかもしれません。

しかし、法改正の検討が無くなったわけではありません

生活に直結する水のことだからこそ、この機会にしっかり考え、自分の意見を確認しておくことが大切ですね。

嵐が活動休止すると発表され国内外に衝撃が走り、SNSでも注目を集めてTwitterでは「#大野くんの夏休み」というハッシュタグがつくられています。 最近のジャニーズ事務所は、SMAP解散やタッキー&a […]

2019年用の年賀はがきが11月1日から発売開始となりました! ところが、気になるのが、その値段。 通常はがきが62円に値上げされても、2018年用年賀はがきは52円に据え置かれていたのですが、201 […]

もうすぐ梅雨の季節。 梅雨の時期の悩みといえば、洗濯物ですよね。 仕方なく部屋に干しても、そのままではなかなか乾かないので、エアコンを使っている方も多いと思います。 ところで、皆さんは、除湿と暖房、ど […]

ソフトバンクが新しく発表した、新料金プラン「ウルトラギガモンスター+(プラス)」がネットで話題になっています。 特に大きく取り上げられているのが、50GBのパケット通信ができる上に、対象の動画・SNS […]

ふるさと納税のお礼としてもらえる返礼品は調べてみると、お米やお肉などの食品やスポーツ用品などいろいろな商品があります。 ネットでふるさと納税の返礼品を見てみると、人気の食品以外にもキャンプや子供の運動 […]