高校野球甲子園のチケット購入方法は?指定席化で転売されてるの?

今年も夏の甲子園の季節がやってきました。

ひたむきな選手たちが必死にプレイする姿は感動を呼びます。

今年の熱戦を是非生で観たいというかたも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は高校野球の甲子園のチケット購入方法や指定席化など、チケットにまつわる話をシェアしたいと思います。

広告

高校野球甲子園のチケット購入方法は?

チケットについてまず知っておきたいことは、2018年から、バックネット裏の席が全席指定席化され、前売りのみになったことと、入場無料だった外野席が有料になったことです。

前売りでのチケットは、インターネット購入やコンビニ端末購入が利用できます。

インターネット購入では、チケットぴあやローソンチケットのWebサイトで購入できますし、コンビニ購入では、セブンイレブン、ローソンの端末が利用できます。

なお、チケット価格は、中央特別指定席(バックネット裏)が2800円、1・3塁側特別自由席が大人2000円、子供800円、アルプス席が800円、外野自由席が大人500円、子供100円となっています。

また、16日間通して使用できる通し席券もあり、中央特別指定席が44800円、1・3塁側特別自由席が32000円となっています。

通し券は、インターネット購入でしか購入できないので注意してください。

広告

指定席化で転売されてる?

入場券売り場の混雑や、過剰な席取りへの対策としてバックネット裏が指定席化されたわけですが、これによって問題になってきそうなのが、方々で問題になっているチケット転売です。

実際、中央特別指定席の16日通し券は6月に販売開始されたのですがすぐに完売となってしまい、転売サイトで高額売買されているようです

通常の(一日の)中央特別指定席のチケットは7月18日販売開始ですが、同じように転売されることが予想されます。

今回の指定席化により、長蛇の列や悪質な席取りは抑えられますが、今度は転売という新たな問題を抱えてしまうことになってしまいました。

ネットの反応

このように、高校野球観戦チケットについてはいろいろな変化があったわけですが、ネットの反応はどうなっているでしょうか。

甲子園の初日チケットばりばり完売、、、
甲子園のチケット争奪戦、30分張り付いたけど無理だった。

3人席、隣合わせは厳しいか。

母校は初戦敗退、私はチケット発売日初日に敗退。

甲子園への道のりは遠い…

甲子園のチケット、早起きして10時にアクセスしたのにやっと繋がったと思ったら自由席売り切れで、ローソンまで走ったけどやっぱ売り切れで、特別指定席買うか、、、って持っかい繋いだら全部売り切れてた やべぇ
第100回、弟が最後の甲子園へ挑戦の年。

今順調に勝ち進んでいて、両親達は「甲子園に行けると信じて!」と協力してチケットぴあ、ローチケアクセスしたが繋がらず売り切れ…。

転売屋が買えて、高校球児の親が買えないのは何故だろう。

チケット買えなくて申し訳なさすぎる。

甲子園のチケット転売えげつねぇなぁ・・・・・・

通し券買ってバラ売りしてる人達めっちゃいるけど、1日目とか200,000円/枚とかあって?あ?にじゅう???ああ?????

転売ヤー以外が楽しめる甲子園にしてほしいね。

みんなでいろいろ試行錯誤しましょう

チケットが完売になって落胆する声、転売屋に対する怒りの声などが多く上がっています。

広告

私は甲子園の試合を生で観戦したことがまだありませんので、一度生で観てみたいという気持ちがあります。

できれば、母校が出場して、その試合を観戦できたら最高ですね。

今回チケット入手方法を調べてみて、自由席なら比較的手軽に観戦できるんだなということが分かりました。

ただ、バックネット裏の指定席についてはまだまだいろいろな問題を抱えています。

どうやったらいいのか、これからもしばらく試行錯誤が続くと思われますので、毎年購入方法はチェックしておいた方が良さそうですね。