火星が接近するのは2018年のいつ?方角や影響はどうなの

火星が地球に大接近すると話題になっていますが、火星が地球に大接近するのは7月31日です。

また、火星が見える方角や火星が接近して地球への影響はあるんでしょうか?

今回は火星が大接近するのは2018年のいつなのかと火星が見える方角や影響についてシェアしたいと思います。

広告

火星が大接近するのは2018年のいつ?

火星の直径は地球の半分くらいしかないため、地球から遠い位置にある時は、望遠鏡を使って見ても表面の様子をなかなか観察ができません。

今年の1月1日に地球と火星は3億キロメートルも離れていましたが、火星は780日(2年2カ月)ごとに地球に接近していて、今年の夏から秋にかけて火星を観察できるチャンスが来ました!

ネットでも早速、明るく光る火星を見たと話題になっています!

火星と地球が大接近する日は2018年の7月31日です。

この日の火星と地球の距離間は5,759万キロメートルで大接近と呼ばれる近い距離で火星を見れることができます。

2003年にも地球と火星が5,576万キロメートルまで接近して話題になって、今回は2003年の時よりも少しだけ遠いですが、6,000万キロメートルより近い距離の接近は、2003年から15年ぶりです!

広告

火星が見える方角や影響は?

2018年の夏から秋にかけて、火星の観察を楽しめることができて、大接近する日は7月31日です。

2018年の6月の下旬から9月の上旬頃まで火星の明るさはマイナス2等を超えて、火星を観察できる時期が長く続きます。

大接近する7月31日の火星は1番に明るく見えます。

これは火星の視直径が大きくなっているためで、火星の視直径は月の視直径の約77分の1でとても小さいです。

肉眼だと火星の明るさの変化がわかっても、火星が丸い形をしていることや、火星の視直径の変化までは残念ながら肉眼では見ることができません。

大接近の日の火星は、やぎ座に位置していて、東京では19時前に南東の空から昇って、真夜中に真南の空に見えます

明るさはマイナス2.8等です。

21時頃には東の空から月が昇ってきますが、月明かりよりも赤く明るくて綺麗に輝く火星が楽しめることができます。

大接近の時よりも遅い時期になると、火星が昇ってくる時間が早くなるため宵の空で火星の観察がしやすいです。

地球に1番に大きな影響を与えている天体は月で、月と地球は平均すると38万キロートルしか離れていません。

月の引力の影響は潮の満ち干の形であらわれていて、このような力を潮汐力といいます。

今回のように火星が大接近しても、月の150倍も遠いので火星の潮汐力は月の10万分の1程度にも満たず小さなものです。

よって気づくほどの影響があるとは考えられていません

広告

ネットの反応まとめ

火星の接近についてのネットの反応は、

望遠鏡とかで火星をみたらジオン軍の基地が見えるかもしれません!
火星がもうすぐ大接近するけど小口径ドブソニアン(小口径と言っても20cm)が4万で買える事を知って心が揺らいでます。
火星大接近っ!!

みんな望遠鏡の準備は大丈夫〜?

南東?の方向にかなり明るく光っている星があるけど火星かな?

接近してるみたいだから

山羊座で皆既月食と火星の接近とか何かが起きる予感!
一緒に火星を見れる相手がいないww
やたら明るくてオレンジの光があったからググったら火星?が急接近してるらしい。
火星の再接近近いし、機材詰め込んで山遊びだ。

天気次第やけどねー

望遠鏡で見なくても火星の接近はわかります。

火星が近づくにつれ、どんどん明るくなってきますから。

月末火星最接近だから観たいんですが試験前日なんだよねww

火星が接近していて、今年の夏から秋にかけて火星を夜空で観察することができます。

大接近する日は7月31日です。

この夏は火星の観察を楽しみましょう!