佐々木朗希(大船渡)の成績や球種は?中学時代はどうだった?

第100回を迎える全国高校野球選手権大会岩手県大会で、大船渡高校の佐々木朗希選手が自己最速となる154キロの速球を投げ、話題になっています。

打っても3安打の大活躍でチームを勝利に導き、その投打の活躍は、同じ岩手出身の大谷翔平選手を彷彿とさせます。

今回は、佐々木朗希(大船渡)の成績や球種、中学時代はどうだったのかについてシェアしたいと思います。

広告

佐々木朗希投手の成績や球種は?

佐々木朗希選手は2001年11月3日生まれの16歳、岩手県陸前高田市出身で、大船渡市立第一中学校から地元の県立大船渡高校に進学しました。

大船渡高校では1年の時からベンチ入りし、試合にも出場しています。

このときのストレートは全て140キロを超えていて、1年の時の最速は147キロだったそうです

くしくも大谷翔平選手も1年の時の最速は147キロで、大谷二世と呼ばれるのも納得の実力の持ち主です。

2年になると体の成長もあり球速はさらにアップし、今回の154キロに繋がるわけですが、大谷選手は2年時の最高は150キロで、今の段階では大谷選手を超えるスピードと言えるわけです。

変化球はスライダーとフォーク、そしてチェンジアップを持っており、ストレートだけでなくこれらの変化球を有効に使い、打ち取っていきます。

中でもチェンジアップはかなり緩急がついており、大きな武器になっています。

広告

佐々木朗希投手の中学時代はどうだったの?

佐々木選手は、中学時代は大船渡第一中で軟式野球をしていました。

中学の野球部に所属していたんですね。

中学でももちろん群を抜いた存在で、軟式ながら最速141キロのボールを投げていたそうです。

硬球よりもスピードの出にくい軟球で、しかも中学生がこのスピードを出すというのは、驚異と言っていいレベルです。

中学3年のときは、オール気仙に選出され、KB東北大会で準優勝するなど、このときから実績を重ねており、大阪桐蔭高校をはじめとする多くの有力校から目をつけられていましたが、地元の仲間と野球をしたいとの思いから、地元の大船渡高校に進学したそうです。

ほのぼのするエピソードですね。

広告

ネットの反応まとめ

今回一躍名を挙げた佐々木選手ですが、ネットの反応はどうでしょうか。

大船渡の佐々木朗希(2年)、本物でした。

中継で150台連発するのを見て「岩手県営のガンは甘いのでは?」と思った人がいるかもしれませんが、自分のガンでもほぼ同じ数字が出ており、正真正銘の剛腕です。

数年に一度の衝撃でした。

高校2年では史上最高の投手だと思います。

大船渡の佐々木くん甲子園で見てみたい感じはあるけどね
佐々木朗希君一時期大船渡でやべえのいるってなんjかなんかで騒がれてた子が記事に出てて嬉しい
大船渡の佐々木君は絶対プロ行くわ
マジですごいな 二年は横浜の及川といいええ選手おるな
大船渡の佐々木くん…これは逸材なんてもんじゃないな…無事に高校野球生活過ごしてほしい

驚き、絶賛の声であふれています。

是非甲子園で見たいという声や、怪我を心配する声もありました。

広告

今回は大船渡高校の佐々木朗希選手を紹介しましたが、2年でこのレベルというのは歴史に残るクラスだと言って間違いなく、大谷二世という評判も大げさでないと思います。

是非甲子園で投球を見たいと思いますが、これだけの逸材ですから、そのために無理に連投して怪我をするなどということのないようにしてもらいたいです。

個人的には、このように有力校以外の地方公立にも逸材がいて、有力校にとっても一筋縄ではいかない大会になると、とても面白くなると思います。

岩手県では大谷選手の母校花巻東や、盛岡大附、一関学院、専大北上など有力私立がしのぎを削っていますが、是非大会を荒らして面白くしてほしいな、と思います。