市來玲奈の進路は?乃木坂46を卒業した理由は?

元乃木坂46の主力メンバーであった市來玲奈さんの進路が日本テレビのアナウンサーであることが話題になっています。

今回はそんな市來玲奈さんのプロフィールや乃木坂46を卒業した理由について調べてみましたのでシェアします。

広告

市來玲奈のプロフィール

1996年1月22日、千葉県生まれ現在22歳。

幼い頃から活発な女の子でバレエやヒップホップダンスを習っていたようです。

小学校の5年生の時に通っていた学習塾の近くにあったダンス教室の体験イベントに挑戦した市來玲奈さんのダンスセンスの良さにイベント開催者が驚き、競技ダンスを専門に指導する教室を紹介される程の才能を持っていたとのこと。

6年生の時から本格的に競技ダンス教室に通い、社交ダンス競技の中では特にラテンダンスを得意としています。

2006年11月に開催された全関東ダンス選手権大会でアマチュア・ジュブナイル・ラテンアメリカン部門でいきなりの1位と獲得します。

翌年の2007年に船橋市立海神中学校へ進学した8月に開催された第2回オールジャパン・ジュニア・ダンスカップでは日本人首位となり、同じ年の10月には国際大会のイギリスのロンドンで開催されたインターナショナル選手権に出場と、ダンス選手として好成績を各大会で修めてきた事で2008年に日本スポーツ連盟の強化選手のノミネートリストに選ばれました。

その年に開催された東部日本ダンス選手権大会アマチュアジュニア・ラテンアメリカン部門で1位を獲得するなど、その後も優秀過ぎる成績には非凡としか言い様がなく驚くばかりです。

広告

市來玲奈は早稲田大学へ進学

市來玲奈さんは将来の進路に大学は早稲田大学を目指していたと語っていたので、早稲田大学の附属校である早稲田大学本庄高等学院へ進まれたと思います。

この高校は偏差値75と言われ超難関の学校で有名でこの事から市來玲奈さんの学力の高さがわかります。

2011年の早稲田大学本庄高等学院に進学し8月に乃木坂46の第1期生のオーディションを受け見事に合格されました。

乃木坂46に入ろうと思った理由は遠くに住む祖父母にテレビを通して自分の姿を見せてあげたいという優しい思いからでした。

乃木坂46のデビュー曲「ぐるぐるカーテン」から4枚目の「制服のマネキン」まで選抜メンバーに選ばれましたが予想以上の忙しさに5枚目以降は学業と両立させる事と早稲田大学への進学のため仕事をセーブしていきました。

2014年に早稲田大学文学部に内部進学されました。

進路を文学部にした理由は、いつも側で温かく見守り続けてくれるお母様の出身学部という事がきっかけのようです。

市來玲奈さんが早稲田大学に入学後の7月に、学業を優先するために乃木坂46を卒業されました。

ただ、ファンやネットでは学業が理由ではなく異性関係ではないかと噂が流れました。

2013年の秋に大学の学園祭に乃木坂のメンバーと共に遊びに出掛けた事が話題となり、一部の乃木坂のメンバーが大学生としていたグループLINEが流出してしまいました。

そしてその中にあった市來玲奈さんと男性とのツーショット写真が見つかり「彼氏ではないか」とファンから悲鳴が上がりました。

学園祭に遊びに行っていたメンバーの中から突然卒業をしたために、市來玲奈さんにもスキャンダルという言葉が飛び火したと思われます。

ただし、市來玲奈さんは早稲田大学に進学後に乃木坂46を卒業している事と、4年間で大学を卒業している事を考慮すると学業とアイドルの両立は困難に思われ、学業を優先したいと語った市來玲奈さんの言葉は真実のように感じました。

広告

金スマでの社交ダンス

2015年にミライプロダクションに所属し女優業を主に行い映画「サンタクロースズ」に出演されました。

また、TBS番組の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の社交ダンス企画に出演し、2015年8月に開催された日本プロフェッショナルボールルームダンサーズ協会主催NBDAダンススポーツ競技会のDSCJ1級戦スタンダード部門にTBSアナウンサーの山本匠晃さんとカップル組で初出場、初優勝と輝かしい結果を出しました。

しかし、2年後の2017年2月に市來玲奈さんが2018年の春の日本テレビアナウンサーの内定者と報道されました。

日本テレビ社員となる以上はTBSの番組には出演する事は無理だろうと思われていましたが「金スマ」番組内で社交ダンス企画を終了と発表しました。

また番組では、ダンスペアを組んでいたTBSアナウンサーの山本匠晃さんが直接理由を聞く形式のVTRを放送。

学業を優先したいと告げて去って行く市來玲奈さんの姿を流し「真相を語る事はなかった」と文字を表示して市來玲奈さん本人から何の相談もなく企画が終了したような映像が5分間程度放送されました。

この放送を見た視聴者は市來玲奈さんが密かに日本テレビを受験して内定をもらい、TBSを裏切ったように捉えられて非難が殺到しました。

しかし、市來玲奈さんと所属事務所は事前にTBSとダンスペアを組む山本アナウンサーに日本テレビアナウンサーの試験を受ける事を説明していたらしく、市來玲奈さんは「金スマ」放送後ブログを更新していて放送内容に対しての思いが記載されていました。

ブログにはダンスペアの山本アナウンサーと番組スタッフに相談していた事や悩んだ結果に出した事が短いVTRで放送されて辛く悲しい思いが綴られていましたが、この部分はすぐに削除されていたという情報もありました。

広告

市來玲奈の進路は?乃木坂46を卒業した理由は?まとめ

市來玲奈さんの日本テレビのアナウンサー内定によって色々な思いが交錯したのは間違いないと思いますが、何ともやりきれない思いとなり、市來玲奈さん自身が最も悩まれた事と思います。

2018年3月21日に最後のブログを更新し、3月31日をもって芸能活動を終了することと、大学を4年間で卒業したこと、芸能界の7年間の活動をかけがえのない大切な時間と言い一人前の社会人となれるように覚悟と責任を持って過ごして行くと綴られていました。

4月から日本テレビのアナウンサーとして歩み出した市來玲奈さんの更なる飛躍を期待しています。