ルカクのプレースタイルは?スピードと筋肉が半端ない!?

ルカク選手はベルギー代表のFWで、ロシアワールドカップで現在4得点を挙げていて、得点ランキング2位に位置している選手です。

ベルギー代表は今度6月29日に行われるイングランド戦で勝てば、グループG 1位で通過することができます。

これまでもベルギー代表はルカク選手のフィジカルの強さを活かし、ポストプレーから点を決めたり、ルカク選手の決定力の高さからゴールが生まれることが多数ありました!

今回はそんなルカク選手のプレースタイルとスピードと筋肉についてシェアしたいと思います。

広告

ルカク選手のプレースタイルは?

それではルカク選手のプレースタイルについてご紹介します。

ルカク選手のプレースタイルはポストプレーと言って良いでしょう。

193㎝という高さもありますし、フィジカルもあるのでヘディングの競り合いでほとんど負けることのない強さをもっています。

また足元でのプレーでもワンタッチで左右にパスを出せるポストプレーも兼ね備わっているのでルカク選手を起点にして、試合を運ぶことができます。

しかし、ルカク選手でもポジショニングや体の使い方が苦手でポストプレーの不安定さはあるので完璧とは言い難いです。

また器用なプレーをあまり得意ではなく、フェイントをかけて抜く選手ではありません。

ルカク選手はそれ以上にボールを持った時の怖さがあります。

なぜならルカク選手はフィジカルがある上、スピードがあるからです。

重戦車ドリブルといって、その名前の通り重戦車のようなパワーで相手DFを吹っ飛ばし、スピードのあるドリブルで簡単にボールを奪うことはできません。

またルカク選手はサイドに流れて、サイドから攻撃をすることもできます。

通常ポストプレイヤーと言われるFWの選手は中央に留まってプレーすることが多いのです。

しかしルカク選手はサイドに流れて、積極的クロス上げたり、短いパスワークでサイドから抜け出し、得点を決めることもできます。

ルカク選手のプレースタイルをまとめると次のようになります。

1、身長の高さ、フィジカルの強さを活かしたワンタッチプレー

2、重戦車ドリブルからの得点

3、サイドに流れて、クロスなどでアシストを決めることもできる

というプレースタイルかと思います。

ルカク選手は体格からポストプレーヤーのイメージが強い選手なのですが他にもスピード、ドリブル、クロスなどあらゆる能力が高い選手です。

次にあたるイングランド代表もロシアワールドカップ出場国最多得点のハリーケイン選手がいるのでどうなるのかわかりませんが、ルカク選手にはイングランド代表も手が焼きそうですね!

広告

ルカク選手のスピードと筋肉が半端ない!?

それではルカク選手のスピードと筋肉についてご紹介したいと思います。

まず、ルカク選手の筋肉についてご紹介します!

サッカー選手で筋肉美と言われて真っ先にイメージされると思うのがクリスティアーノ・ロナウド選手ですよね!

ロナウド選手があの筋肉を作り上げるのには相当な努力を要していて、毎日筋力トレーニングは欠かさずに行なっているようです。

しかし、ルカク選手が当時17歳の頃、現在のクリスティアーノ・ロナウド選手の肉体と変わらない肉体をしていたようです。

当時17歳から現在のクリスティアーノ・ロナウド選手と変わらないほどの筋肉ってすごいですよね!

その時の写真をみた海外の方の反応がこちらになっています。

マンチェスターUファン

この写真を撮る前に、彼は後ろの車をラックに持ち上げたに違いない。
彼は俺たちのセクシービースト。彼は誇りだ。
史上最高の遺伝子
ルカクがまだアンデルレヒトで17/18歳だった頃の古いFIFAのゲームで、ヴィディッチと同等のパワーを持っていたことを覚えているよ。当時、僕はばかげてると思ったけど、最近はそうではなかったと思えるね。

ルカクファン

俺なんて、今でもひょろひょろだ。

アントニー・マルシャルファン

くそっ、俺が17歳の時は細くてひょろひょろだったぞ。

はい。
ロナウド選手の筋肉が引き締まった筋肉美ならルカク選手の筋肉はk1選手の肉体美と言われていました!

あの肉体からタックルされると思うと、正直普通の選手でも身体を壊してしまうのではと思うほどですね。

次にルカク選手のスピードについてご紹介したいと思います。

ルカク選手はフィジカルがある上、スピードもあるので本当に手が終えない選手です。

イギリスの「Daily Mirror」はルカク選手のスピードに関して次のようにコメントしています。

「世界陸上に出場していたウサイン・ボルトの時代は終わったかもしれないが、新たなスプリントキングはユナイテッドのシャツを着ている」

ルカク選手は最高速度35kmで走ることができ、この数字はアーセナル所属のスピードスター、オーバメヤン選手と同じ速度になります。

ちなみに人類最速と言われているウサイン・ボルト選手の最高速度は37.6kmです。

さすが人類最速という感じですね!

しかし、ルカク選手も193㎝であの体格のサッカー選手の中でというと1番速いのではないでしょうか。

またルカク選手はコートジボワール代表のレジェンド、ドログバ二世とも呼ばれていて、スペースにボールを出してよーいどんと一緒に走り出すとルカク選手には勝てないと言われています。

こんなスピードもパワーもある選手をどうやって止めたら良いのかわかりませんよね!

イングランド戦でどのようなプレーをルカク選手は見せてくれるのか非常に気になりますね!

広告

ネットの反応まとめ

それでは次にルカク選手についてネットではどのような反応なのかツイッターを元にまとめてみました!

ルカクめっちゃ強いしあんな黒人ベルギーにいんのかほんとに
この前たまたまベルギーの試合見たんですよ。

僕はガタイの良いルカクに惚れましたベルギー応援しますww

もうルカクいるベルギーの優勝でいいよ今年は(´・ω・`)

調子よすぎだろあの人(´・ω・`)

ルカクは体強すぎるし決定力も充分にある

クリロナと最後まで争ってそうだね

ベルギーはランク通りの強さを感じるよねー。

ルカクの決定力とかどの国でも脅威やろうし

今気づいたんやけど

ルカク 94kg・時速32.8km/h

原付 平均80kg・時速30km/h

ルカクにぶつかられたら原付と事故るより危ないんやが

ルカク止めれたら原付止めれるんやが

今大会の主役は間違いなくルカクだ!

これからもゴールを量産して世界No. 1のストライカーだということを証明してほしい。

ルカク対クリバリの190cm級怪獣大決戦見たくないですか
ベルギー快勝もE・アザール、ルカク負傷交代で不安
ルカク大丈夫なんかな。

イングランド戦欠場だけですめばいいけど

はい。
ご覧のようなコメントをされている方がおられました!

印象としてはやはり怪物、バケモノといった表現でルカク選手の強さを表している方が多い印象でした!

他にもコメントでありましたがルカク選手とぶつかると走っている原付よりも危ないってびっくりですね!

またルカク選手が負傷したということで不安視されている方もおられました。

ベルギー代表もイングランド代表も今度やる試合でどちらが負けても決勝トーナメントへ出場することができます。

そのためベルギー代表としては負傷されたルカク選手を休ませるかというところでしょうか。

広告

今回はルカク選手のプレースタイルやスピード、筋肉についてご紹介させていただきました!

怪我の状態が不安ではありますがワールドカップ優勝を目指すにはルカク選手の力は必要不可欠なのでなんとかコンディションを取り戻して欲しいですね!