レヴァンドフスキは最強のFW!?日本戦での爆発はあるか!?

ポーランド代表の主将を務めるFW・レヴァンドフスキ選手がワールドカップ今だに得点を決めることができていません。

レヴァンドフスキ選手は世界屈指のストライカーで一時はバイエルン・ミュンヘンからレアル・マドリードへ移籍するのではと噂されていました。

また2010年から2014年にかけてドルトムントで香川選手とプレーを共にしたこともある選手なので、香川選手としては馴染みのある選手ということになりますね!

今回はそんなレヴァンドフスキ選手が最強と言われる理由と日本戦での爆発弾の可能性についてシェアしたいと思います。

広告

レヴァンドフスキは最強のFW?

それではレヴァンドフスキ選手が最強のFWと言われる理由についてご紹介します。

レヴァンドフスキ選手が最強のFWと言われるには3つ理由があります。

1つは驚異的なゴール数です。

2015-2016年シーズンのドイツ1部ブンデスリーガでは32試合に出場30ゴールを記録し、2位のオバメヤン選手に5ゴールの差をつけてリーグ得点王を受賞されました!

またUEFAチャンピオンズリーグでも12試合に出場して9得点、ドイツ杯では6試合3得点、2015年のポーランド代表の試合では、7試合に出場し、11得点を挙げました。

2015-2016シーズンの所属クラブでのゴール数と2015年のポーランド代表でのゴール数を合計すると、57試合に出場して53ゴールという驚異的な数字を残しています。

この数字をバロンドールを共に受賞された経験があるリオネル・メッシ選手とクリスティアーノ・ロナウド選手を比較してみると次のようになります。

リオネル・メッシ選手
2015-2016シーズン53試合出場41ゴール

クリスティアーノ・ロナウド選手
2015-2016シーズン53試合出場54ゴール

ご覧のようにバロンドールを共に受賞された選手と比較してもあまり変わりがありません

そのためレヴァンドフスキ選手はこの数字だけいうとバロンドールを受賞してもおかしくない選手なのです。

2つ目の理由は1試合で4つのギネス記録に認定されたことです。

2015年9月22日に行われたバイエルンのヴォルフスブルク戦で前半0-1でリードされていたバイエルンは、後半開始直後から怪我のため先発を外れていたレヴァンドフスキ選手を投入しました。

レヴァンドフスキ選手は、投入してからわずか6分後にゴールを決め、同点に追いつくと、そのゴールからわずか4分間で3ゴールを決め、さらに9分間で5ゴールを決めるという前人未到の記録を打ち立てました!

レヴァンドフスキ選手はこの試合で、ブンデスリーガでの最速ハットトリック、最速4ゴール、最速5ゴール、途中出場選手での1試合最多ゴールという4つのギネス記録を同時に認定されました。

これだけの理由だけでも最強FWと言われてもおかしくありませんね!

しかしまだ最強FWと言われるには理由があります。

3つ目の最強FWといわれる理由はチームを選ばない得点力でしょう。

レヴァンドフスキ選手はプロ生活から約12年間の間に、4つのクラブ、4つのリーグ、さらには代表チーム、UEFAチャンピオンズリーグなどで数多くのゴールを挙げてきています。

驚くべき結果がリーグ戦でゴール数が一桁だったことは、ドルトムントでの途中出場が多かった2010-2011シーズン8得点の1シーズンのみです。

通常プロデビューしてからゴールを常時量産という結果はこれまでメッシ選手でもロナウド選手でも出来たと言い難い結果なのです。

ちなみにこちらもレヴァンドフスキ選手とメッシ選手とクリスティアーノ・ロナウド選手と比較してみたいと思います。

レヴァンドフスキ選手
リーグ戦プロデビュー後
117試合出場68ゴール

リオネル・メッシ選手
リーグ戦プロデビュー後
71試合出場31ゴール

クリスティアーノ・ロナウド選手
リーグ戦プロデビュー後
120試合出場21ゴール

ご覧のような結果となっています。

メッシ選手の試合数で31ゴールは素晴らしいですが、レヴァンドフスキ選手の117試合出場68ゴールは必ず2試合に1得点以上決めている結果なのでこれは本当に素晴らしいですね!

これがレヴァンドフスキ選手の最強FWと言われる所以となっています。

そんなレヴァンドフスキ選手が未だにワールドカップ無得点というのが本当に驚きです。

レヴァンドフスキ選手がワールドカップ最後の試合日本戦で爆発弾があるのか非常に気になるところですね!

広告

日本戦での爆発はあるのか!?

それではレヴァンドフスキ選手率いるポーランド代表がロシアワールドカップ最後の試合、日本戦での爆発はあるのか、その可能性についてご紹介します。

ポーランド代表はワールドカップグループH初戦セネガル戦で1-2で敗退、そして2戦目のコロンビア戦でも0-3と敗れています。

試合としては初戦のセネガル戦ではセネガル代表の予想外のフォーメーションで来られ、レヴァンドフスキ選手が完璧にマークされ、ボールに触る回数すら低いほどでした。

またコロンビア戦ではスタメンで出場したハメス・ロドリゲス選手に試合の流れを完璧にもっていかれ、思うようにレヴァンドフスキ選手へパスを送ることができませんでした。

この結果からレヴァンドフスキ選手はチームへの不満が爆発し、ドイツ誌の「キッカー」がそのコメントを伝えています。

「この世界にはボールを奪い、相手選手5人、そして相手GKをかわしてゴールを決められるような選手なんて1人もいない。

僕だって何もないところからゴールを挙げることはできない」

「チャンスを迎え、それを外していたら自分に対する怒りを感じていたかもしれない。

僕はアシストを必要とするフォワードなんだよ」

そしてチームに関しては

「サッカーにおけるクオリティーがない」

とコメントしています。

「今大会はうまくいかないことが多すぎた。それは今日だけに限らない。

僕だけじゃなく、チーム全員が能力を見せられずに終わった。

W杯では懸命に戦うだけでは勝利につながらない。

質の高さが僕たちに欠けていたんだ」

ご覧のコメントになっていて、レヴァンドフスキ選手も思うようにプレーができずに歯痒い思いをされているかと思います。

ポーランド代表は前評判も良かったのでメディアやサポーターからの期待に応えねばというプレッシャーのようなものも感じていたのかもしれません。

そのためロシアワールドカップ敗退が決定したポーランド代表は勝っても負けても決勝トーナメントへ出場出来るわけではないのでプレッシャーを感じずに試合をされると思います。

そのことからワールドカップ最後の試合でポーランド代表は選手達本来の力を発揮し、レヴァンドフスキ選手も大量得点をすると考えられなくもありません。

出典http://www.goal.com/jp/ニュース/ポーランドw杯gl敗退で内紛レヴァンドフスキが不満爆発クオリティーがない/1huvuu47tqeo71mesieph4njnx

広告

ネットの反応まとめ

それではレヴァンドフスキ選手についてネットではどのような反応なのかツイッターを元にまとめてみました!

レヴァンドフスキはポーランドで5番目に多い苗字。

これは日本でいうところの伊藤にあたり、そう考えると急に親しみやすくなり伊藤!

おい伊藤!!

お前は頑張ったよ!

切り替えていこうぜ!!!

注目はなんと言ってもポーランドのレヴァンドフスキ

日本のDF陣はこいつを止めなくてはならないにゃ~

レヴァンドフスキのレヴァンドフはラベンダーって意味らしいで

プレーに見合わず可愛い

レヴァンドフスキがいくらすごいストライカーとは言っても今のポーランドやったらいい形でレヴァンドフスキまで渡すのも無理やし勝てるやろー
レヴァンドフスキはかなり好きな選手…

現代におけるパーフェクトなセンターFWを体現してる気がする

開き直って躍動してるペルーを見てるとポーランド戦が恐いわw

レヴァンドフスキは気持ちなんぞ切り替えなくていいから落ち込んだままでいてくれw

レヴァンドフスキのヤバさを簡潔に言うと

9分間で5得点決めた化物

コロンビアがセネガルに勝つ可能性が高いので、ポーランド戦では大量失点を避けたい日本代表。

でもブンデス得点王のレヴァンドフスキが0点でW杯を去るとは考えにくい。

とある試合では約10分間で5ゴールというギネス記録も持ってます。

とにかくゴールへの嗅覚が凄い!

レヴァンドフスキなんて無得点だから、チームの勝ち負け以前にプライドかけて遮二無二点を取りに来るよ。

自分達に置き換えたら、絶対に「せめて1勝」で来るはずだから。

とにかく先制点が重要。先制すれば、かなり相手がメンタルに来るはず。

ほんまレヴァンドフスキかっけえ

個人的にシュートセンスがセンス良すぎてかっけえ

はい。

ご覧のようなコメントをされている方がおられました!

印象とはやはり過去に9分間で5得点を決めたレヴァンドフスキ選手の経験をコメントされている方が多い印象でした!

確かに日本戦でこれまでのレヴァンドフスキ選手の苛立ちが爆発して、9分間で5得点を決めたようなことが起こりそうで怖いですね!

広告

今回はレヴァンドフスキ選手が最強FWと言われる所以や日本戦でレヴァンドフスキ選手の爆発弾を期待できるのかについてご紹介しました!

今度6月28日に行われる日本対ポーランド戦でレヴァンドフスキ選手がどのようなプレーを見せてくるのか非常に気になりますね!

しかし、レヴァンドフスキ選手だけでなく、他の選手にも注意して、とにかく負けない試合をしてほしいですね!