日本代表がコロンビアに勝利でワールドカップ史上初の快挙達成!

日本時間の6月19日21:00からロシアワールドカップ、グループHの初戦・日本VSコロンビアの試合が行われましたね!

結果は日本が香川真司選手のPKと大迫勇也選手のヘディングによるゴールで2対1と勝利をおさめることができました!

ハリルホジッチ監督の電撃解雇などがあり、どうなることかと心配されていた日本代表ですが、無事に初戦を勝利で飾ることができて一安心といったところでしょうか。

広告

日本がコロンビアに勝利したのは史上初の快挙

長いワールドカップの歴史の中で、アジアのチームが南米のチームに勝利したのは史上初のことなんだそうです。

この勢いのままグループリーグを突破してほしいところですが、今回は運が良かったのかもしれないとの見方もありますね。

まず、試合開始早々の前半3分でコロンビアのMFカルロス・サンチェスがレッドカードで一発退場してしまいました。

開始3分で退場というのはワールドカップ史上第2位の早さということですが、1人少なくなってしまったコロンビアは圧倒的に不利な状況になってしまいましたね。

そしてサンチェスのファールにより得たPKを香川選手が決めて先制点を挙げました。

しかし前半39分にコロンビアのキンテロにフリーキックを決められ同点に追いつかれてしまいました。

もしこのまま同点で終わっていたらGKの川島永嗣選手が相当叩かれたんだろうなというくらいの見事なセービングを見せてくれましたね。

後半にケイスケホンダ登場!

後半12分にコロンビアはキインテロに代えてハメス・ロドリゲスを投入。

日本も後半25分に香川真司選手代わり本田圭佑選手を投入しました。

交代後の後半28分に本田圭佑選手のコーナーキックから大迫勇也選手のヘディングが決まり2対1と勝ち越しました。

その後は1人少ないコロンビアが猛攻を仕掛けてきましたが、日本が守りきり、見事初戦を勝利することができました!

本田選手はこの試合のアシストでワールドカップ3大会連続アシストというアジア人としては初の快挙を達成しています。

なお試合後のインタビューで「自分で決勝点を挙げたかった」と答えたことがネット上でちょっと叩かれていましたね・・・

ネットの反応

広告

とにかく初戦を勝利することができて本当に良かったですね!

この勝ち点3は大きいです。

ポーランド対セネガルはセネガルが2対1で勝利したので、次の試合で日本が勝利すれば決勝トーナメントへの出場がほぼ確実となるでしょう!

セネガルも強敵ですが、勝利できるといいですね!