メッシのPK成功率は?よく外す?ワールドカップでも失敗!?

先日行われたロシアワールドカップグループDのアルゼンチン対アイスランドの試合であのメッシ選手がPKを止められてしまいました!

この事は後々ニュースにもなり、メッシ選手のシュートを止めたアイスランドのゴールキーパーハルドールソン選手は大きな評価を得ることになりました。

今回はアルゼンチン代表のFWリオネル・メッシ選手PK成功率やメッシ選手はPKをよく外すのかについてシェアしたいと思います。

メッシのPK成功率は?

それではメッシ選手のPK成功率についてご紹介します。

メッシ選手はフリーキック、シュート精度というのでは他の選手より群を抜いていて、これまでもアルゼンチン代表はその力によって幾度も勝利を収めてきました。

しかし、メッシ選手は大きな舞台でのPKというのではこれまで何度もPKを失敗してきています

2016年のコパ・アメリカ決勝のチリ戦然り、2012年欧州CL準決勝2ndレグでもPKを失敗し、チームを決勝進出に導くことができませんでした。

今シーズンでも1月17日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の準々決勝1stレグのエスパニョール戦でメッシ選手はPKを失敗し、チームは敗戦しています。

また2018FIFAワールドカップ ロシアに向けたデータの一部として『JD Sports Futbol』がPKにおけるスペシャリストとベストGKを調査されているらしく、メッシ選手のPK成功率は77%と平均の81%を下回る結果になっています

調査の調べとしては、300以上のPKが調べられ、キッカー22選手とGK11選手が対象になっているようです。

またメッシ選手はポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手とも比較され、ロナウド選手のキャリアを通じてPK成功率は84%になっています。

ちなみにPK成功率が高い国としてオーストラリア代表が挙げられています。

その中でもミル・ジェディナク選手のPK成功率は100%というこれ以上ない数字になっています。

余談になってしまうのですが、ワールドカップではなぜか優秀な選手ほどPKを外してしまうということがあります。

1986年のワールドカップメキシコ大会の準々決勝のフランス対ブラジル戦では延長戦でも決着がつかずPK戦にもつれこみ、3年連続バロンドール受賞しているフランス代表のエースプラティニ選手がPKを外しました。

また1990年ワールドカップイタリア大会では準々決勝ユーゴスラビア対アルゼンチンでも決着はPK戦になり、ユーゴスラビア代表エースのストイコビッチ選手が外し、アルゼンチン代表エースのマラドーナ選手が3人目で外しました。

1994年ワールドカップアメリカ大会でも決勝ブラジル対イタリアの試合で決着がつかず、PK戦になり、外したら負けとなる場面でイタリア代表のエース、ロベルト・バッジョ選手が枠を外してしまったことなど。

なぜかワールドカップで有名なエース選手が外してしまうということがあります

余談になりましたがメッシ選手もワールドカップの独特な雰囲気にのまれてPKを止められてしまったという事はありえなくありません。

広告

メッシはPKをよく外す?

上記のことを踏まえ、メッシ選手はPKをよく外すのかについてご紹介します。

印象としてメッシ選手は最近になってPKをよく外す印象です。

直近の試合でもバルセロナと代表になってPKを蹴った本数7本の内4本も失敗していますので、最近という期間限定でいうと失敗した本数の方が多い結果ですね。

しかし、メッシ選手はバロンドールを受賞していた時期にはPK成功率100%という脅威の数字を誇っていたこともあります

そのため多くの方はメッシ選手を世界のPK職人と呼んだり、神の子メッシはなんでもできるなど賞賛していました。

しかし、最近になってPKをよく外したりすることをみて、メッシも人間だからやメッシはPK苦手など言われるようになってしまいました。

個人的な意見を言わせてもらうとメッシ選手がPKをはずしている場面の多くはものすごく大事な場面での失敗が目立つ気がします。

そのためメッシ選手自身の気持ち的には絶対に決めるという意思はあると思いますが、同時に大事な場面で外してしまうトラウマのようなものがあるように思えます。

なのでメッシ選手はよくPKを外すのかという問いの結論を言わせてもらうと最近になってよく外してしまうという答えが最も適しているように思います。

広告

ネットの反応まとめ

それではメッシ選手のPKについてネットではどのような反応なのかについてツイッターを元にご紹介します。

バッジオ、ベッカム、ファンバステン、プラティニ、ジーコ、名選手ほど。。。
メッシのコース甘くてPK止められたシーン、大会終わるまでずーっと流されそう
なんかPK決められるってすごいことなんだって思う。

メッシも決められないんだから

 

[speech_bubble type="ln" subtype="R1" icon="2.jpg" name=""]

アイスランドは、メッシを相当研究している気がする。

簡単にドリブルで突破させないし、PKストップした後もコーチングスタッフがハイタッチしていたし、メッシがスピードアップしてワンツーしてボールを受けようとした時のDFの反転速度(反応速度)が異様に速いし。

 

 

メッシのPK止めたアイスランドのGKは本業が映像作家らしくて、このコカ・コーラのCMを作ったらしい。

CMもかっこよすぎてビビる

 

マジかぁーーーーーっ!!メッシがPK失敗ーーーーーっ!!

 

メッシ、またPK外した。

高難易度のフィニッシュパターンをすべて体得している彼が最も苦手とするのは、最もシンプルなゴールチャンス……。

 

大学で メッシカスって言ってるやついるけど、pkはキーパーが凄いし
いやPK止められたメッシをディスるんじゃなくてメッシのPKを止めたキーパーを褒めろよ

 

メッシはキャリア通じて107回PKを蹴っており、そのうち25回で失敗しているとのこと。

また、代表では21回蹴って、4度の失敗。

 

ご覧のようなコメントになっています。

多くの方がメッシ選手を批判する声からフォローするようなコメントをしている方が多い印象ですね。

個人的にもメッシ選手のPKを止めたシーンを何度も見ましたが若干コースが甘かったのかなと思いますがシュートもスピードも完璧で普通なら入っているシュートです。

あれを止めたキーパーを賞賛するべきでメッシ選手は何も気落ちする必要はないかと思います。

試合を通じてもツイッターのコメントでもありましたがアイスランドは相当メッシ選手やアルゼンチン代表のプレーを研究して試合に臨んだ印象ですね。

広告

メッシ選手のPK成功率についてご紹介しましたがPKというのは要するに相手との心理戦です。

それを象徴できるのが元日本代表選手の遠藤保仁選手です。

彼は相手キーパーの動きをよく見て、パスをするかのようにボールを蹴り、幾度もPKを成功してきました。

このように相手がどっちに蹴るのか予測して止めたり、決めたりするのでアイスランドのキーパーは相当メッシ選手のシュートコースを研究していたことが考えられます。

アルゼンチン代表としては出足を挫かれたという印象ですがまだまだワールドカップは始まったばかりなので是非頑張って欲しいですね!