ラファエル・アルトゥニアンが本田真凜のコーチに?現役時代と浅田真央との関係は?

女子フィギュアスケートの本田真凜選手がコーチを変更するということで話題になりましたね。

今回は、本田真凜選手のコーチに就任することになったラファエル・アルトゥニアン氏について調べてみました。

過去にはあの浅田真央さんのコーチを務めていたこともある実績のあるコーチなので、今後の本田真凜選手の活躍も期待できそうですね!

スポンサーリンク

ラファエル・アルトゥニアンとは?

ラファエル・アルトゥニアンはソビエト連邦出身のフィギュアスケートコーチです。

過去には浅田真央やサーシャ・コーエン、浅田舞といった選手を指導したことで知られており、賛否両論あることも事実ですが、実績を残しているコーチです。

現在ではネイサン・チェンをコーチしており、彼を世界選手権優勝へと導いた手腕が高く評価されています。

そんなアルトゥニアンが日本の本田真凛選手を指導することになるのではないかと言われています。

本田真凛選手と言えば若くからフィギュアスケートの選手として活躍を続けていることで知られ、メディアなどでも取り上げられることが多くなっています。

そんな本田真凛選手と世界的なコーチであるラファエル・アントゥニアンが組むということは本来であれば歓迎されるべきことですが、アントゥニアンには指導者として賛否両論があるため、本田真凛選手のコーチを務めることにも様々な意見が生まれています。

スポンサーリンク

ラファエル・アルトゥニアンは浅田真央選手のコーチだった

アルトゥニアンは浅田真央選手の2006年からコーチを務めていました。

2006年と言えばトリノオリンピックのころです。

浅田選手はトリノオリンピックの前から様々な大会で結果を残し続け、トリノオリンピックにも出場すれば金も狙えるという評判がありました。

しかし、年齢制限の関係で浅田選手はトリノオリンピックに出場できず、この気持ちを次のバンクーバーオリンピックにぶつけるためさらなるステップアップを目指していました。

アルトゥニアンはそのような状況の中で浅田選手の指導にあたっていました。

年齢制限でオリンピックに出場できなかった浅田選手ではありますが、その後も大会などで結果を残し続けていきます。

その上でアルトゥニアンコーチはしっかりと役割を果たしていたと考えられます。

このままのタッグでバンクーバーオリンピックまで行くのではと思われていました。

スポンサーリンク

ラファエル・アルトゥニアンが浅田真央選手のコーチを辞めた理由は?

2008年の1月に状況が変わるある出来事が起こります。

この時、浅田選手のお母さんの体調が思わしくなくなり、浅田選手が練習拠点であるロサンゼルスに行くことが難しくなりました。

そこで浅田選手側は費用を負担するからアルトゥニアンに来日してほしいと持ち掛けます。

しかし、これにアルトゥニアンは激怒し、ロサンゼルスに来られなければ師弟関係を解消すると宣言します。

その結果、浅田選手とアルトゥニアンは契約を解消することになります。

その世界選手権で浅田選手は優勝しましたが、そこにアルトゥニアンの姿はありませんでした。

確かにこれだけ聞くと酷いコーチだと思われるかもしれません。

ところがアルトゥニアンは浅田選手の体調不良を知らなかったと話しており、このエピソードにも賛否両論が沸き起こっています

ただ、アルトゥニアンはかねてからそのビッグマウスや行動が物議をかもすこともありました。

つまり、コーチとしての技量は高いが、少し癖のある人物というのが彼女への評価となっています。

ただし、世界的なコーチの中にはこういった人物が少なくありません。

世界的なコーチや監督がビッグマウスであることは別段珍しいことではありません。

スポンサーリンク

ラファエル・アルトゥニアンが本田真凜のコーチに?現役時代と浅田真央との関係は?まとめ

いずれにしても本田真凛選手のコーチになった際には本田選手にとって大きな成長の機会となることは間違いないでしょう。

もし、アルトゥニアンと本田選手が決定的に合わないのであればコーチを変更すれば良いということであって、就任するかもしれないという段階で悲観的になる必要はありません。

選手とコーチは相性が非常に重要なので本田選手とアルトゥニアンが合うかは実際にやってみないと分からないというのが実際のところです。

次回の冬季オリンピックに向けて各選手がどう動きだすのか注目が集まっています。