Red velvetのイェリが後から加入した理由は?どんな性格?

大人気アイドルグループRedVelvet(レッドベルベット)のイェリは、一番最年少でとてもかわいいですね。

しかし、ネットでは「性格が悪い」と叩かれれいるようです。

RedVelvetのイェリは、見た目からは性格が悪く見えませんが、どうしてそんなことを言われてしまうようになってしまったんでしょうか?

今回は、

・RedVelvetのイェリの加入理由について
・RedVelvetのイェリの性格について

くわしくまとめてみました。

広告

RedVelvetのイェリの加入理由ついて

イェリ(YERI)のプロフィール

本名:キム・イェリム
ハングル:김예림
生年月日:1999年3月5日
血液型:O型
身長:159cm
体重:非公開
redvelvet の担当:サブボーカル、サブラッパー
カラー:パープル
キャッチコピー:肯定エナジーを伝えるredvelvetの末っ子

RedVelvetがデビューしたのが2014年8月。

その約半後の2015年3月にRedVelvetに新メンバーとしてイェリが途中加入しました。

RedVelvetに突然イェリが加入したことについてRedVelvetのファンは、最初はとてもビックリしてすごく戸惑ったようです。

イェリがRedVelvetに加入した理由は、

当時、SMエンターテイメントのガールズグループの先輩が5人組グループとして活躍していましたが、そのガールズグループからメンバーの一人が脱退しました。

同じ事務所で同性で同じ人数のグループが出ることをK-POPはすごく嫌がっています。

4人になったらRedVelvetと人数も全て一緒になってしまうので、RedVelvetに急きょイェリを加入させた

と言われています。

他にも、

・RedVelvetのメンバーが4人だったらセンターが作れないから5人に増やした
・話題作りのために5人に増やした
・イェリがRedVelvetに加入予定があった

なんて噂がいくつかあります。

RedVelvetのイェリは、SMエンターテイメントの練習生のグループ「smrookies」のメンバーでデビュー前からかわいいと知名度もあって人気でした。

そしてRedVelvetにイェリが加入してからは、グループが華やかになって人気が出たとも言われています。

広告

RedVelvetのイェリはどんな性格なの?

RedVelvetのイェリは、ポケモンに例えるとゼニガメ顔です。

イェリがゼニガメのぬいぐるみを持っている写真もあってすごくかわいいです。

イェリの性格は、見たまんまとてもかわいくて愛嬌もある女の子です。

イェリはRedVelvetで、一番最年少の末っ子でメンバーのみんなにすごくかわいがられています。

MVや写真からは、RedVelvetのメンバーみんなの仲の良さがすごく伝わってきますね。

RedVelvetのメンバーのスルギは、「イェリがすごくかわいくて、写真を撮っちゃうから私の携帯に一番イェリの写真が多いです」と言っていたこともありました。

RedVelvetのジョイもイェリをとてもかわいがっていてイェリとよく腕を組んでいますね。

そんなメンバーみんなから愛されているイェリですがネットでは、「態度が悪すぎる」「礼儀がない」「性格が悪い」などと言われています。

そんなことを言われてしまうようになってしまったきっかけは、

・音楽番組のトロフィーをずっと持っている
・お辞儀をしない
・授賞式で肘をついて睨み手拍子もしない
・アイドル運動会でVIXXメンバーのところへ行く
・記念撮影をしているときEXOの隣をキープする

というような行動にあったようです。

AKB48でいうとぱるる(島崎遥香さん)も態度が悪いと叩かれたことがありましたね。

ちょっと妬みもあるんじゃないかと思う理由もありますが・・・

しかし、RedVelvetのイェリは、ファンのことが大好きで、ファンの体調も気遣ってくれる優しいところもあります。

サイン会での評判もすごくよかったです。

RedVelvetのイェリが好きな人もいれば嫌いなひともいるのは当然で、アンチがいるのも人気の証拠だと思います。

広告

Red velvetのイェリが後から加入した理由は?どんな性格?まとめ

RedVelvetのイェリが後から加入した理由は、同じ事務所のガールズグループの人数がRedVelvetと同じになってしまったため、同じ人数にならないためにRedVelvetに加入したという噂と、話題作りのためや最初から決まっていたなどと言われています。

イェリはネット上では「性格が悪い」などと言われていますが、かわいいイェリのことを大好きなファンはたくさんいるのでネット上での批判なんかに負けずにこれからもがんばってほしいですね!