東京オリンピックの日程は?休日と祝日がずれる法案が決定?ネットの反応は?

東京オリンピックが2020年に開催されますが、その日程について、開閉会式および前後に合わせて3つの祝日を移動することが決まり、早くもネットで話題になっています。

2020年だけの限定だということですが、具体的にどのように変わるのでしょうか。

そこで今回は、東京オリンピックの日程で休日がどう変わるのか、休日変更について賛成・反対はどちらが優勢なのか、調べたのでシェアしたいと思います!

広告

東京オリンピックの日程は?

2020年に開催される東京オリンピックの概要は以下の通りです。

【2020年東京オリンピック概要】

・第32回オリンピック競技大会

・開催都市 :日本 東京

・参加国・地域数 :207(予定)

・参加人数 :12,000人以上(予定)

・競技種目数 :33競技339種目

・開会式 :2020年7月24日

・閉会式 :2020年8月9日

・主競技場 :新国立競技場

開催日程は、開会式の7月24日から閉会式の8月9日の17日間に加え、サッカー競技の予選が、開会式前の7月22日、23日に行われるため、全日程19日間となっています。

なお、気になるメダルが確定し始めるのは、一番早くて7月25日の自転車競技、フェンシング、柔道、射撃、競泳、ウェイトリフティングとのこと。

日本の初メダルも、25日に輝くといいですね!

広告

東京オリンピックでずれる休日と祝日は?

2020年東京オリンピックの開閉会式に合わせて、3つの祝日を移動させる「改正東京五輪・パラリンピック特別措置法」が、6月13日の参議院本会議で成立して、大きな話題になりましたね。

東京オリンピックの日程にあわせて、3つの祝日を移動することで、通勤・通学による交通機関の混雑の緩和と、会場周辺の警備を行いやすくすることが目的だそうです。

移動する祝日とは、

・海の日
・山の日
・体育の日

の3つです。

「特措法」により、オリンピック前日の7月23日(木)が「海の日」に、開会式当日の24日(金)が「体育の日」に、閉会式翌日の8月10日(月)が「山の日」にかわり、それぞれ祝日となります。

この祝日移動は、2020年限定で実施されるので、2020年以外は、海の日は7月に、山の日は8月に、体育の日は10月に通常通りの祝日となります。

〝2020年だけ限定の祝日カレンダー“は以下の通りです!くれぐれも、お間違えのないように!

広告

ネットの反応まとめ

2020年東京オリンピックに合わせて、祝日が移動することについて、ネットの声を集めてみました。

4連休もあるから、旅行に行きたい!と思わぬ連休を楽しみにする声があるかと思えば、関係ない地方もなぜ同じ休日に?との疑問視の声など様々です。

全体的な傾向としては、否定意見が多いようです

■海外旅行に行きたい

■休日増やせばいいのに

■自発的に休日に

■関係ない地方を巻き込まないで

■祝日は祝日で休みたい

■もっとポジティブに受け取っても

■東京近郊の企業と学校に

■交通機関が土日休ダイヤで

■1年限りで

 

広告

2020年東京オリンピックの日程にあわせて、祝日が移動することに、ネットで話題になりました。

「移動じゃなくて、休日を増やせばいいのに」、「個人や企業での努力で休めばいいだけの話」など、世間の反応は、案外手厳しい評価でした。

たしかに、地方は関係ない、学校は休み中なのに、と腑に落ちない点も多くあります。

でも、せっかく決まったお休みです!前向きにとらえて、ぜひ国内で開催されるオリンピックを楽しみましょう!