ロシアワールドカップのテーマソングが決定!NHKや民放各局について紹介!

現地時間6月14日からロシアワールドカップが開催されますがワールドカップを盛り上げるテーマソングが決定されました!

みなさんがワールドカップのテーマソングをよく聞く放送局といえばほとんどNHK放送局だと思います。

試合が始まる前や終わった後、ハイライトシーン前などにもワールドカップを音楽で華やかにしてくれますよね!

今回はそんなロシアワールドカップのテーマソングや各局の担当されているアーティストについてシェアしたいと思います。

広告

ロシアワールドカップのテーマソングが決定?

それではまずロシアワールドカップのテーマソングについて各放送局からご紹介します。

まず、NHKからご紹介します。

アーティストは「Suchmos」(サチモス)

楽曲は「VOLT-AGE」(ボルテージ)

となっています。

Suchmosは日本男性6人で構成されたロックバンドです。

バンド名の由来は、ルイ・アームストロング(ジャズミュージシャン)の愛称サッチモから由来されているそうです。

SuchmosはホンダヴェゼルCMソング「STAY TUNE」がヒットし、昨年発売した2ndアルバム「THE KIDS」はレコード大賞最優秀アルバム賞を受賞するなど、素晴らしい活躍を見せています。

また今回のテーマソングも、ソウルやジャズ、ブラックミュージックに影響を受けたSuchmosらしいサウンドとなっています。

Suchmosからのコメントがこちらです。

NHKサッカーテーマを担当することができて、とても光栄です。この曲とともに、数多くの感動的なシーンがうまれることを楽しみにしています。

次にフジテレビでテーマソングを歌うアーティストや楽曲についてご紹介します。

アーティスト RADWIMPS(ラッドウィンプス)

楽曲「カタルシスト

となっています。

RADWIMPSは日本男性4人で構成されているロックバンドで知らない人は少ないのではと思います。

RADWIMPSといえば、映画「君の名は。」の主題歌で世界的にも大ヒットした「前前前世」という曲ですよね!

テレビでもよく流れていた曲なので知っている人も多いと考えられます。

フジテレビはこれまで、オペラの「アイーダ」を使用しており、特定のアーティストが歌う楽曲が起用されるのは初めてのことらしいです。

個人的にも大好きなアーティストなので楽しみです。

RADWIMPSの野田洋次郎さんのコメントがこちらです。

この度、フジテレビ系サッカー中継のテーマソングを作らせて頂きました。

最初にお話を頂いた時、そういえば“スポーツ”というテーマで曲を作ったことがなかったなと漠然と思い、イメージを膨らませていきました。

学生時代ずっと音楽と部活をがむしゃらにやっていたものとして、スポーツの感動に日々刺激を受けるものとして、絶対この曲を形にしたいと思い、是非やらせてくださいとお受けしました。

あらゆる境界線をとり払い、人々を一つにつないでくれるサッカーという競技と、この曲が一緒に皆さんのもとに届いたら幸せに思います。

そして大会でどんな歴史的瞬間が生まれるのか、今から楽しみでなりません。

次に日本テレビでテーマソングを歌うアーティストや楽曲をご紹介します。

アーティスト「NEWS

楽曲「BLUE

日本テレビは前回ワールドカップブラジル大会に続いてNEWSの方々が歌われます。

NEWSは日本の人気アイドルグループで知らない人はいないほどの人気グループです。

そしてメンバーの1人である手越祐也さんは前回ワールドカップブラジル大会から2大会連続のメインキャスターも勤められます

そのためNEWSファンの方は非常に嬉しい限りではないでしょうか。

NEWSのメンバー手越祐也さんからのコメントがこちらです。

サッカー小僧の僕にとって、前回のブラジル大会に続いて今回のロシア大会もメインキャスターという大役を務めさせて頂くことになり、とても光栄に思っています。

FIFAワールドカップは4年に1度、世界中が熱くなるお祭りです。

世界のスーパースター達の超絶プレーに酔いしれるのもよし、イケメン選手を見つけて楽しむも良し、自分も楽しみながら、このFIFAワールドカップというお祭りの熱を皆様にお届けしたいと思います!

日本テレビ系では、予選突破の鍵を握る日本代表第2戦のセネガル戦を放送します。
サポーターの声援というのが、選手の一番の力となります。

ロシア大会に挑む日本代表の選手達に、是非皆様のパワーを送って頂けると嬉しいです。

次はテレビ朝日のテーマソングをご紹介したいのですが、6月現在テーマソング未発表となっていますので未だわかりません。

そのためどんなテーマソングになるのか非常に楽しみですね!

次にTBSでテーマソングを歌うアーティストや楽曲についてご紹介します。

アーティスト「EXILE

楽曲「Awakening」(アウェイクニング)

EXILEも非常に有名なグループですよね!

多くの若い世代の方々から支持を得ていて、今回紹介する各局のアーティストさんの中で1番メンバーの人数が多いグループになっています。

EXILEは2003年の第45回、2004年の第46回、2006年の第48回、2007年の第49回、2008年の第50回、2009年の第51回、2010年の第52回、2013年の第55回日本レコード大賞を受賞している歌唱力が非常に優れた人気グループです。

EXILEのメンバーATSUSHIさんからのコメントがこちらになっています。

ワールドカップに出場される選手の皆さんの背中を、少しでも後押しできるようにと願いを込めて「Awakening」の歌詞を書かせて頂きました。

EXILEは「Dream For Children・子どもたちに、夢を。」というテーマのもと、”EXILE CUP”というサッカーの大会も主催しています。

僕もサッカーをやっていた人間として、この楽曲で日本サッカー界を盛り上げていけたら嬉しいです。

というコメントをされています。

テレビ朝日以外テーマソングが出揃い、ワールドカップもいよいよという感じがしてきたので、非常に楽しみになってきましたね!

各局のアーティストさんも歌で応援しているように自分もテレビから日本の勝利を祈って応援したいですね!

出典https://media-summary.com/201805_worldcup/

広告

ネットの反応まとめ

次にロシアワールドカップのテーマソングの反応について、ツイッターを元にまとめてみました!

日テレかけてたらBLUEめっちゃかかるねありがたいね。.。:+*(>ω<。)*+:。.。
ワールドカップのテーマソングって、サッカーを応援するための歌なのに全然サッカーを応援しないよね。

もっとこう攻めろ守れシュートを決めろ的な歌の方がいいのでは。

NHKのサッカーワールドカップのテーマソングなんかイマイチやな(^_^;)

宇多田ヒカルにしてほしかった。

RADWIMPSのhinomaruって曲、普通にいいじゃん。

だってワールドカップのための歌でしょうに。

これから国の旗を背負って競技に向かう人達に、すごく勇気づけられる、日本人として挑める高ぶる気持ちを与えてくれる曲じゃないか。

別に評価とかどうでもいいんだよ曲なんてものは

RADの野田さんがトレンドに居たから何かと思ったらフジテレビのワールドカップのテーマ曲である『HINOMARU』が愛国歌だと言われて謝罪したと言う話だった。

確かに愛国歌にも聞こえる内容だった。

でも、愛国歌が問題だったのは愛国歌かどうかではなく、それを戦時中に利用したことだと思うのだが…

RADのHINOMARU聴いたけど、普通にワールドカップとか国際競技の日本への応援歌だった。

これを軍歌だとか騒いでるのは、可哀想。

ワールドカップの歌と聞いてすぐさまカタルシスト買った

NEWSの歌になってほしいなー!
ロシアワールドカップの応援歌ってなんだろう。

南アフリカのSuperflyのタマシイレボリューションは覚えてる。

ブラジルの時は記憶にない。

とりあえず盛り上げて欲しい。

ご覧のようにロシアワールドカップで放送されるテーマソングを楽しみされている方が非常に多いですね!

またワールドカップで歌われるRADWIMPSの曲が愛国歌だと言われ、謝罪されているニュースから可哀想や謝罪される必要はないなど自身の意見を載せている人もいました。

個人的にはワールドカップで日本の勝利を祈って曲なのでそれはそれでいいのではないかなと思います。

広告

どの局のアーティストさんも非常に有名なアーティストばかりなので日本代表の試合がより一層盛り上がりそうで非常に楽しみですね!

各局で歌われるアーティストさんの曲を聴いて日本代表選手たちをより強く応援したいですね!