RADWIMPSがHINOMARUで炎上!?理由となった歌詞は?

RADWIMPSは去年、映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」で有名になりましたね。

野田洋次郎さんが作詞をした新曲「HINOMARU」の歌詞が「軍歌みたい」などとネットで炎上して、野田洋次郎さんが謝罪をしました。

今回は、RADWIMPSがHINOMARUで炎上した理由と野田洋次郎さんが謝罪をした内容についてシェアしたいと思います。

広告
広告

RADWIMPSが HINOMARUで炎上?

6月6日にRADWIMPSの新曲「カタルシスト」が発売されました。

そのカップリング曲の「HINOMARU」の歌詞がネットで炎上していて、歌詞を見た韓国人が怒って「韓国に来るな」などと荒れているようです。

~RADWIMPSの「HINOMARU」歌詞引用~

・風にたなびくあの旗に 古(いにしえ)よりはためく旗に 意味もなく懐かしくなり
・気高きこの御国の御霊
・さぁいざゆかん 日出づる国の 御名の下に

~引用 終わり~

この歌詞が「軍歌みたい」などと言われています。

確かに、「この御国の御霊」や「いざゆかん」などちょっと軍歌っぽく思えます。

記憶に新しい今年の4月にゆずの「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞も「政治みたいな歌」などと炎上したこともありました。

RADWIMPSの野田洋次郎さんは、日本に生まれた人間として純粋に何の意味や右も左もなく、いつか歌にしたいと思っていました。

「自分が生まれた国を好きでいたいと思っています。」との思いがこの曲には込められています。

広告

野田洋次郎の謝罪の内容は?

RADWIMPSの新曲の「HINOMARU」が炎上して野田洋次郎さんは6月11日(月)に自身のTwitterで謝罪をしました。

「HINOMARUの歌詞が軍歌という人がいました。
そのような意図は歌詞を書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。」

「この曲は日本の歌です。
大震災があっても、大津波がきても、台風が襲っても、どんなことがあっても立ち上がり進み続ける日本人の歌です。」

「結果的に「HINOMARU」で不快な想いをさせてしまった人がいて、何より悲しいです。
色んな人の意見を聞いて、「なるほど、そんな風に戦時中の事と結びついて考えられることもあるのか」と腑に落ちるところありました。
傷ついた人達、すみませんでした。」

このRADWIMPSの野田洋次郎さんの謝罪に「謝罪しなくてもいいのでは?」などの意見もたくさんありました。

元SPEEDで衆院議員の今井絵理子さんは「誰かの同意や批判を得るために作品をつくるわけではない」とコメントしています。

他にもウルフルズのウルフルケイスケさんやタレントのフィフィさんも「謝罪する必要はない」とコメントしていました。

広告

ネットの反応まとめ

RADWIMPSのHINOMARU炎上についてのネットの反応は、

こんな歌があったって別にいい。音楽は自由じゃ無いの?
RADWIMPSの新曲のHINOMARUの歌詞がどう見ても軍歌ww
国を愛していると言えば白い目で見られる日本とかいう国ウケる。
これが軍歌に聞こえるって、どうかしてる。「愛国歌」の何が問題なんだろう?
RADWIMPS新曲買って聞いてみたけど良い曲やん…!
この直前部で震災、津波、台風を挙げているけど、いつだって日本人じゃない人もそこにはいるよ。
わたくしは日本人てはないですか,自国を愛することは大事だと思う
批判には愛が込められるけど、 非難には愛が込められない。
なんでHINOMARUってタイトルの曲を歌うだけであんな文句いわれないかんのだ

RADWIMPSの炎上してるHINOMARU見てきた。いやーこりゃダメでしょ……

賛否両論でした。

広告

RADWIMPSの新曲「HINOMARU」は「軍歌みたい」などとネットで炎上していたようですが、この曲を作詞をした野田洋次郎さんはそんなつもりはありませんでした。

野田洋次郎さんが謝罪したことで騒動が収まって欲しいと思います。